【治療とは

そもそも身体を治す、病気が治る、怪我が治るとは、具体的には何なんでしょう?

 

身体の故障は、白血球、赤血球、血小板といった血球が治します。

 

目に見えないほど小さな血球は、主に血流によって、全身を運ばれます。血管は、血球たちにとって高速道路です。

 

全身すべての細胞にとって血球が必要なわけですが、ミクロンサイズの血球たちが間違いなく適切な場所に運ばれるには、人体は複雑で、しかも広大すぎる。

 

血球にとって、人体を移動することは、地図なしで巨大迷宮をうろちょろするのと同じなのです。

 

人体という巨大迷宮で血球たちが活躍するためには、ナビゲーターが必要です。「痛み」は血球たちを集めるために必要なナビゲーションシステムの一部で、「発痛物質」という「物質」です。

 

血球たちは、血流という高速道路に乗って、発痛物質めがけて出動します。安易に痛みを取り除いてはいけないという理由はそこにあります。

 

しかしそうして活躍する血球自体も、火消しのようなもので、細胞が壊れた後(焼け野原)を再建築するには、その場の細胞の努力…細胞分裂を待たねばなりません。

一瞬で痛みが消えるなんてことは、奇跡でもなんでもなく、簡単に起こせます。しかし、故障・ケガ・破損は、絶対に一瞬では治りません。

治ると錯覚させる情報すべてがです。

小さな切り傷で二~三週間かかるなら、もっと入り組んだ体の中の傷やコリは、最低でも数か月かかります。

 

【治療頻度

​体質と治療内容ごとに治療頻度を分けています。

体質は、強い体質から弱い体質まで五段階あります。

実証

虚証

実証の人はどんどん治療すれば、治る力も強いので早く治ります。

慢性疾患の人は虚証体質です。

中でも病気の予後などで体が弱っている方は、虚証の分類で、治療期間を十分あける、または一回の治療の量を減らしますし、さらに栄養指導が必要です。

平の人は、その年代の普通の体力を持っています。しかし現代人は基本的に運動不足、栄養過多ですので、やや虚証寄りなことが多いです。運動指導をすることが多いです。

初診について

鍼灸とは東洋医学の「外科」部門

「はじめまして。国家資格はり師・きゅう師の山崎美穂と申します。どうぞよろしくお願いします。

今回、どなたかからのご紹介でしょうか? 〇〇さんにはいつもお世話になっています。よろしくお伝えください。

ところで、鍼灸治療ははじめてでしたら、 鍼灸についてご説明させていただきます。

鍼灸は東洋医学の外科部門です。コリを取り除き血流を改善することで体を治すというもので、内科的な疾患にも補助的な効果があります。

整体との違いは、体に実際に刺すということ。鍼は針の形をしたメスだと思ってください。筋膜の癒着をコリといいます。それを丁寧にはがしていくのが鍼灸治療です。整体やマッサージではどうしても取りきれないコリ、深いところにあるコリ、骨の隙間など触りにくいところにあるコリ、そういったコリに手が届きます。

また西洋医学の外科との違いは、1.麻酔を使わないこと。2.筋肉のコリが治療対象ということです。内臓の手術はできません。筋肉のコリ、筋膜のコリを剥がすことで、全身の血流を正常化して、。折れた骨は直せませんが、骨折に伴う筋肉のダメージは治療対象になります…というように、非常に応用範囲が広く、ほとんどどんな分野でも「補助的に」お役に立ちます。

ただ、外科手術なら麻酔をかけて、スパッと切り取って、手術一回で終わりですが、東洋医学の外科である鍼灸は違います。

病院の外科手術は麻酔をかけて切るだけに、リスクは大きいです。(今は外科手術も「侵襲性」をどれだけ減らせるかに必死で、カテーテル手術やロボット手術に力を入れていますよね)

鍼灸のリスクは麻酔を使う外科手術に比べてずっと小さいです。麻酔がいるほどそもそも痛みません。

 

むしろ患者さんが感じる感覚を頼りに、安全重視で、少しずつ、少しずつ、コリを削り取っていくという、根気のいるタイプの手術が鍼灸だと思っていただけたらそれが正解です。

鍼灸治療が、手術のように一回で完結しないのは、病巣が大きければ、それに相応して時間がかかるからです。形もいろいろ。背中一面に小さなコリが群集しているタイプの人、肩の一部に巨大なコリを育てている人、色々です。また、一回きれいに切り離せても、もともと同じ「生体」なので、元の鞘に戻りやすいからです。

 

背中のことだと、ご本人は目で確認できません。感覚的に「背中が張って辛い」「肩がずっと重い…」「ほとんど毎日頭が痛い」・・・そういう不具合の原因になっている、皮膚の下、目に見えないコリを感覚だけで探しだし、小さなメスで手術するというのが鍼灸です。

もう一つ大事なことは、治療の現場で、主役は患者さん。医者は患者さんのアシスタントだということです。

ですので、患者さんは自分自身の主治医として、どうすればいいか、どうすれば治るのか、日常の中で常に問い続けてください。治療のヒントは患者さんの日常の中にあります。誰もが自分の生活は普通だと思っています。しかし、その普通の生活のどこかに病気の原因があるのです。

 

私も、患者さんから、日常の在り方をお聞きし、病気の原因を推理します。それが問診です。アシスタントですので、コミットできる部分には徹底的にコミットしますが、主治医である貴方が本気ではなければ、お役に立つことは出来ません。

これから症状について色々お聞きします。ゆっくり考えながらで結構ですので教えてください。

●発症の原因、経過

□異常に気付いたきっかけは何ですか?

□原因に心当たりはありますか?

□日常生活にどんな影響がありますたか?

□発症してから、何日たっていますか。経過はどんな様子ですか?

□どういう時しんどく、どういう時、楽になりますか?(寛解・増悪)

□これまでの治療歴と治療内容。そのときの先生の見解は?

□治療と直接関係なくてもいいのですが、何か気づいたこと。

 

●治療のゴール、目的、目標

□その疾患があることで、一番何に困っていますか?

□どこが、どうなったら良くなると思いますか?

□理想の体の状態はどうなることですか?

□いつまでにどうなりたいですか?

 

●全身チェック。検査。

 

●治療計画を立てる

□問診・検査からの見解

□必要な治療内容や治療の見通し

□可能な通院間隔の打ち合わせ

​治療上の注意

【初診・再診】

初診時は、問診や検査に時間がかかります。念のために2時間程度時間をとってください。

また、前回の治療から、2ヶ月以上期間があいた場合も、身体の状態の確認から始めるため、初診時同様、時間が必要です。

鍼灸は外科手術です。初診でいきなり大手術は出来ません。鍼灸治療がまったくの初めてという方はなおさらです。

初診は、「当院の治療との相性」を確認するものだとお考えください。

治療後に、診たてと全身状態について報告します。その情報だけでも価値があるはずです。

   □体の状態から類推される「不足する栄養」

   □筋力からみた体の状態

   □その他身体所見

   □病巣の規模と体に備わった治癒力から考えられる治療期間

【術後】

治療後、かえってしんどくなるということがあります。手術ですので、これは不思議なことではありません。

術後の状態を、かならず次回ご報告ください。しんどくなるようであれば調整します。

治療後はまっすぐ帰宅し、食事も少なめ、お酒はひかえ、早めに休んでください。

鍼灸と手術の最大の違いは、治療が非常に心地よく、麻酔も使っていないのに、治療中すやすや眠ってしまう方も多いほど気持ち良いという点です。

そのため身体にかかった負担をどうしても軽く見積もってしまいますが、その実相当の負荷がかかっています。飲酒・長湯などは本当に危険です。

 

心拍数も上がっています。

術後は必ず安静にしてください。

【服装など】

 

次に、治療に当たっての注意事項ですが、

当たり前ですが、服を脱ぐ必要があります。脱ぎ着しやすい服装でご来院ください。​

また顔色も確認しておりますので、お化粧も控えめで。

※ 着替えのご用意がありますが、衛生面が気になる方は お着替えをお持ちください。

首肩、背中が出せるよう、女性はブラジャーだけの姿に、男性でしたら上半身は脱いでいただきますようお願いします。

【遅刻・キャンセル】

キャンセルはご遠慮なく。

体調が悪い方が来るところが治療院です。

 

気軽にキャンセルされても困りますが、決して無理はしないでください。​

ただ、遅刻に関しては、その分治療時間は短くなります。

10分以上の遅刻はキャンセルをお願いします。(時間は貴重です。遅れてでも結構ですので、必ずご連絡ください)

メンテナンスと未病

当院は、患者さんに月に1度または2度のメンテナンスをお勧めいたします。「二週間後の同じ曜日、同じ時間」という形で、リズムを決めてご予約いただくことが理想的です。

不調はある日突然起こるのでなく、日常の積み重ねの上に生じます。その積み重なった不調を『未病』と言います。

□常用している痛み止め、薬はありませんか?(通常状態とは何年も服薬していないことです)

□朝、目が覚めたとき、回復している感じがありますか?

□風邪をひきやすいですか?風邪をひくと長引きますか?

□インフルエンザにかかりますか? 一年以内に伝染病にかかりましたか?

□すぐ座りたくなりますか?

□睡眠時間は、8時間とれていますか? そのうち半分は深い眠りですか? 寝つきが良すぎる(気絶)していることはありませんか?

□皮膚を軽く引っかかると、赤くなって残りませんか? みみずばれになったり、傷が残りやすかったりしませんか?

当院のメンテナンスの目標は、このチェックリストをオールクリアすることです。

皆さんは毎日何回歯磨きをしていますか?

また歯ブラシの硬さはどれを?

デンタルフロスは使いますか?

歯磨きをしている方はほぼ100%でしょう。歯ブラシの硬さに一家言ある方も60%はいることでしょう。デンタルフロスもたくさんの方が使っていると思います。

しかし最初からそうされていたわけではないでしょう。歯医者さんから歯磨き方法を指導されるなどして、正しいやり方を学ばれたことが一度と言わずあるのではないでしょうか。

また、歯の定期検診にいらっしゃってる方もいるのではありませんか。その期間は毎月?隔月?3か月ごと?半年、まはた年に一度?

定期検診に行っているからといって、歯磨きをしないという方はいますか?

きっといないでしょう。

歯磨きをして、定期健診にも行ってという風にして、やっと虫歯のない白い歯を維持できる、歯の健康とはそういうものです。

体の健康において、歯磨きは、日々の食事、睡眠、運動(歯磨きよりどれだけ手間がかかることか!)

定期検診は、当院でメンテナンスを受けることです。

食事、睡眠、運動は、歯磨きと同じように「やって当たり前」の基本です。

定期検診である当院の「メンテナンス」は先ほどのチェックリストに書かれているような、異常が現れてきた場合、「やったほうがいい」ではなく、やらないことがリスクになります。

© 2017はりきゅう和-nagomi- 大阪市中央区玉造2丁目16-18 TEL : 06-6191-2277   e-mail  89nagomi@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • ブログへ