​鍼灸受診上

の注意

当院の診療日・診療時間

​◎当日予約は、朝9時~12時まで、お電話で承ります。

​当日予約 06-6191-2277

​事前予約 89nagomi@gmail.com

◎火曜および日曜の午後 休診

鍼灸、受診上の注意

〇治療のタイプ

​鍼灸院には、東洋医学的な鍼灸をもっぱらにする鍼灸院と、西洋医学的な鍼灸を行う鍼灸院、東西両方の医学を分け隔てしない鍼灸院があります。

また、鍼灸以外の治療法を併用する鍼灸院も多くあります。そういったことは、実際その鍼灸院に行ってみないと分からないことも多いです。最初に行った院の治療が合わなくても、別の鍼灸院ではまったく違う治療をされますので、「自分には鍼灸が合わない」のだと決め付ける必要はありません。

◎当院は西洋医学にやや比重を置き、疲労を取り除く治療を行う、疲労専門鍼灸院です。

 

疲労:疲れ目、首こり、肩こり、腰痛

〇注意事項

予約時間の五分前にお越しください。

◎10分以上遅刻する場合には、キャンセルのご連絡と予約の取り直しをお願いします。


〇保険について

鍼灸院では保険が使えないことが多いです。鍼灸保険の対象疾患が限定されているためと、医師の同意書が必要だからです。

 

当院では保険の取り扱いはございませんが、治療費を安価に設定しております。保険に関わる事務負担を減らし、治療に専心いたします。

〇施術着

上半身はブラ一枚、下半身はショートパンツが良いです。着替えのご用意がある院も多いです。ブラトップは避けたほうが良いです。

◎当院では、男性女性ともに下着で結構です。当院は女性のみ着替えをご用意しております。

〇お化粧

化粧はして来ないほうが良いでしょう。病院でも同じですが、治療院は顔色をチェックするために化粧は落としていただく必要があります。また、治療院の場合は、うつぶせの姿勢になることが多いです。色のつかない日焼け止め程度に止めていただきますよう、お願いいたします。

◎当院では、お顔に触れる部分はペーパータオルを利用しておりますが、衛生面がどうしても気にかかる方はハンカチなどをご持参ください。

◎化粧直しは待合室でお願いいたします。手鏡をご用意します。

〇治療費・初診料

初診料がかかる院とかからない院があります。治療費の相場は、大阪で4000円~8000円、東京都で7000円~12000円といったところでしょう。美容針灸はもっと高額です。

 

◎当院は初診料はかかりません。標準治療は30分3000円、50分5000円です。実際診てみないとどれくらい悪いか分からないので、初診のときだけ、どちらになっても良いようにお時間と予算をご準備しておいてください。

〇治療効果・治療回数

針灸治療は一度で治るということがほとんどありません。慢性化した疾患が多いからです。初回の治療で痛みや症状が半分程度になることがよくありますが、治療で発痛物質が散ることによるもので、本当の治療はまだこれからです。

治療回数は、急性のもので平均4回~15回といったところです。ぎっくり腰など。

 

「10年ものの慢性腰痛は、治るのに10年かかる」などと言われますが、そこまででなくとも、かなり時間はかかります。患者さんご本人が本気で取り組んで1年かける覚悟をされたほうが良いでしょう。

長年の患いは、運動療法、食事療法、すべて動員して一年かかると思ってください。

◎当院の施術は、当日ではなく、翌日「あ、楽になった」と感じていただける刺激量を最適としております。合うか合わないか、できれば4回続けていただき、相性が合い、今後も継続する価値があると思われましたら継続してください。

〇治療頻度

どの治療でも、最初はなるべくつめて来ていただくほうが良いです。

慢性・急性どちらもです。

もちろん患者さんには、週に一回休みがあるかないか、という方も多いです。しかし疾患によらず、最初数回は週2回、3回と来ていただいたほうが望ましいです。

慢性疾患は、どんな治療家、どんな治療法であれ、「時間」が必要になります。細胞が正しい状態で生まれ変わるよう促すことが、慢性疾患の治療だからです。「3回で治る」といったことはありえません。

当院では、慢性疾患の場合、3、4回目に治療の見通しをお伝えします。そこで継続されるかどうか、ご判断いただきます。

その治療法(治療家)が、ご自身に合うか・合わないか、すみやかに結論を出すことが肝心です。合わないと感じた場合は、治療院を変えたほうが良いでしょう。

そして合う合わないを判断するために、短期間で数回(当院は最長で4回)治療を受けてみた方が時間とお金の節約になります。

​〇施術時間

通常、30分から1時間程度が多いようですが、初診時だけ2時間以上かかる針灸院もあります。

 

たくさん刺せば治ると誤解している方もいます。しかし治すには、動員できる血球数、つまりあなたの治る力次第な面もあります。身体の自己治癒力を利用して治す、当院の治療法では、無駄に刺しすぎても、身体の負担になるだけの場合もあるので、刺激の塩梅が重要です。治る力が乏しい「虚証」の患者さんには、刺激量をグッと減らします。

〇美容鍼灸

美容鍼灸は、青あざができるリスクがあります。ですので、リスクとメリットを勘案してするかしないかの判断が必要です。持病によってはリスクが大きすぎることもあります。ご相談ください。

施術頻度は、週に2回を4週間継続することをおすすめいたします。

当院の美容鍼灸は、標準治療と同じ3000円です。

〇施術前後の注意

お風呂は入れますが、治療後すぐだと、血行が良くなっていることから、心臓に負担がかかりすぎてしまうことがあります。3時間はあけて入浴して下さい。

治療後、最大の効果を得るために、その日は疲れる作業は止めて、夜も早めにお休みください。「鍼をした日は早く寝る」

治療が午前中だった場合は、昼寝を30分~とっていただくことが望ましいです。

〇お酒

アルコールも刺激過多になってしまいます。前日もお酒は控え、治療を受けた日は、アルコールが回りすぎますので、怪我・事故の元です。

〇諸注意

・鍼灸は鍼灸師と患者さんが二人三脚で作っていく医療です。

鍼灸治療を受けている間に、鍼によってどういう感覚が生じているかを教えていただけますと、治療の精度が上がります。

​・青タンができるリスクがありますが、1~2週間で治ります。

・治療した日は、早く寝るようにしてください。効果が違います。

​・何か問題があった場合、次の治療時に必ず教えてください。

●補足:青タン●

治療後、青タンができやすい方が一部にいます。女性に特に多く、タンパク質不足、鉄不足、筋肉不足のサインです。

血管壁、細胞壁、いずれもタンパク質でできているのですが、それが”粗”の状態になっている場合です。

プロテインを飲むなど対策が必要かもしれません。

 

●メンテナンス●

治ってからも、月に一度から二度のメンテナンスを続けておくと、免疫力の低下を防ぐことができます。

© 2017はりきゅう和-nagomi- 大阪市中央区玉造2丁目16-18 TEL : 06-6191-2277   e-mail  89nagomi@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • ブログへ