​治療院の違いとは

病院・整骨院・鍼灸院・整体その違い

病院

​内科・外科・眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・産科・婦人科・小児科・整形外科など様々な専門領域がある。資格としては医療系最強の「医師」。

医療系最強資格なので、お医者さんが鍼灸をしても全く違法ではないし、薬を調合しても、機械を操作しても問題ない。

 

オールマイティなので、どの医者もすべての診療科についてベースになる知識を有するが、その実、同じ整形外科であっても、「腕」が得意な医者が、「足」について同じレベルかというと、そんなことはない。スポーツ選手は、必ず、自分の競技をよく知るドクターにかかったほうが良い。バレーボールとバレエでは勝手が違う。

「医師法」により、「広告」に制限があるため、そのあたりのことが患者側から見えにくいが、お医者さんごとに得意分野はあると思っておいたほうが良い。

ほとんどの診療科で保険が使えるが、一部美容形成外科、美容皮膚科、一部の眼科などでは使えない。これを「自由診療」という。(美容形成や美容皮膚科の分野にも保険が使えるものもあるので、一度調べてみると役に立つ)

自由診療の場合、金額があらかじめ提示されているのだが、逆に保険治療の場合、「事前に料金がわからない」という特色がある。

 

病院の治療は、なんと料金不明、「時価」としか書いてない割烹に等しいサービスなのだ。あまりに身近で、当たり前すぎる病院という存在。だれも今更疑問に思ってないが、病院の医療は高級すし屋である。

接骨院・整骨院

二つは同じ医療系国家資格の有資格者の治療院のことで、同じ意味である。骨に関する専門家で、「骨つぎ」という看板を掲げていることも。国家資格は「柔道整復師」である。

急性疾患に関しては保険が使える。また、交通事故の自賠責保険など色々な保険が利用可能。ただし慢性疾患に関しては保険不可なので、受診する際は注意が必要。

保険対応疾患は、骨折、脱臼、捻挫、打撲。医師の同意書は不要肩こりや単なる疲労(つまり慢性疾患)には保険は使えない。

鍼灸院

国家資格は、「はり師」「きゅう師」。二つの資格を持つ人を「鍼灸師」と呼ぶが、当然一方しか持ってない人も多い。江戸時代から、按摩と同じく盲人の職業として認められていた。今でも目の見えない人も同じ資格試験を受けて、国家資格を取得している。

あまり知られていないが、鍼灸院でも保険が使える。しかし整骨院同然制限があり、対象疾患は6つに絞られる。

対象疾患は、神経痛(坐骨神経痛など)、リウマチ腰椎症(ギックリ腰など。慢性腰痛も含む)、五十肩頸肩腕症頚椎捻挫後遺症。しかし保険で受診するためには医師の同意書が必要

 

これらの疾患で鍼灸院を受診する上で保険が使える根拠は、療養費の支給対象となる疾病は、慢性病であって医師による適当な治療手段がないものとされており、主として神経痛、リウマチなどであって類症疾患については、これら疾病と同一範ちゅうの疾病(頸腕症候群、五十肩、腰痛症及び頸椎捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を主症とする疾患)に限り支給の対象とされている。」厚生労働省HPより

つまり、医者が治療するより、鍼灸師が治療するほうがベターな疾患があるぜ、ということがちゃんと認められているのだ。

ツボや東洋医学の知識をベースにした治療をする鍼灸師と、西洋医学的な解剖学の知識をベースに治療する鍼灸師とがいる。いずれに軸足を置いた治療をするか、鍼灸師の個性でまったく違う治療をされる。新しいところに行くと、前に受けた治療と全然違ってて、「思ったのと違う!」というトラブルが頻繁に起きていると思われる。

あんま・マッサージ・指圧

「あんま・マッサージ・指圧師」という医療系国家資格である。三つのそれぞれ異なる技術である。

 

わが国では、昔から目が見えない人の仕事として按摩や指圧が認知されていた歴史があり、今も目が見えない人も見える人も、同じ試験を受け、資格を取得している。

 

あんまも指圧もマッサージも、いずれ劣らぬ優れた技術だが、それぞれあくまで別の技術である。その違いが無視されがちなこと、無資格者によるマッサージが横行していることで、価値が正しく伝わっているとは言えない。

非常に高度なテクニックであり、ある指圧師は、ときの首相から「国家の至宝」とまで賞賛された。個人的には、その価値がいまひとつ世間的に認知されていないことに、忸怩としたものがある。

あんま・マッサージ・指圧師もまた、解剖・生理・病理の知識を学んだ国家資格者です。

整体・オステオパシー・カイロプラクティック・アロマセラピーetc.

多様すぎてここに書ききれずetc.と書いたが、日本には様々なセラピーが存在する。いずれも医療系の国家資格「ではない」。カイロプラクティックはアメリカでは大学院卒業が必要な資格であるが、日本では無資格扱いである。

アメリカで苦労してカイロプラクターになっても、日本で「3日であなたも資格がとれる」系の整体師と同じ扱いなので、かなり見極める力が必要である。

理学療法士

病院に勤務し、医者の診立てを前提に、患者さんに手技療法を施す医療技術者。バッキバキの西洋医学である。試験は難しい。当然国家資格である。しかし医者の診立てに従って施術するという立場であり、理学療法士が患者さんを診断することはできない。(自主開業権がない)

しかし病人・怪我人のリハビリテーションの専門家といえば彼らを置いて他にはいない。

ジム・パーソナルトレーナー・健康体操など

人間、治療を受ければ健康になれるというものではない。正しい体の動かし方、怪我をしにくい運動の仕方など、社会人になってから学ぶには、こういった運動のプロフェッショナルの力を借りなくてはならない。

 

ただ、ひとつ問題がある。

彼らは健康な人をより健康にする専門家であり、病人や怪我人の専門家ではないことだ。病人・怪我人のリハビリテーションの専門家は、理学療法士で、病院にしかいないので注意が必要。

運動の専門家だからといって、彼らに、超不健康で身体に爆弾を抱えまくったあなたに最適な運動法を教えてくれることまで期待すると、期待はずれになることが多い。

 

健康なときに、より健康な身体になるために利用して欲しい。

ただの肩コリ腰痛なら、運動のほうが治療院より効果があるはず。

断食道場、ファスティング

「健康になる方法が知りたい」と願う現代人にとって、ひとつのアンサーである。

2016年「オートファジー」のメカニズムが解明した大隅良典教授は、ノーベル医学・生理学賞を受賞。断食に、なぜ効果があるのかの説明はオートファジーでつく。

身体の材料であるタンパク質。そのタンパク質の材料はアミノ酸。壊れた細胞、歳をとった細胞は白血球などが容赦なく食べて(貧食)、アミノ酸に分解し、新しい、役に立つタンパク質を再合成する仕組みがある。

 

断食で栄養不足の状態になると、その貧食という働きが活性化するのだ。

健康になる方法として、断食がひとつの手段になりえるのは間違いない。しかし万能の健康法と思ってもらっても困るので、そこのところよろしく。

当院の鍼灸治療と未病治療

当院の鍼灸治療は、疲労をとることを狙っている。断食が究極の健康法ではないように、鍼灸もまた、万能などと言うつもりはない。

今医学書は、研究技術の進歩により日々書き換えられている状態だが、私たちの身体が突然変化したわけではない以上、4000年を超えるデータサイエンスである伝統医療(鍼灸だけでなく、インドのアーユルヴェーダなど、世界には色々な伝統医療がある)が無効になったわけではない。

これからどれだけ科学が進歩しようと、伝統医学の医学書を書き換えるより、進歩した科学が伝統医学を別の角度から検証し、説明するようになる方が多いだろうと、私たち伝統医学の徒は考えている。

 

まず間違いないのが、疲労がたまることは、病気の発症の最後のひきがねを引くことになるということ。なので、当院の治療は、疲労をとりのぞくことを主眼としている。しかしそれは、船底に穴が空いた船からコップで水をかき出すに等しい。

治療の狙いは、「循環の良いからだ」に戻すことだ。これが未病治療であることは、万人の意見が珍しく一致するところである。

コリは滞りだ。東洋医学では、身体は「気」によって作られており、気の流れを良い状態にしていられれば、ありとあらゆる病は治ると考えている。

「気」が現代医学で、具体的にどれを指すかは一言でいえない。空気、呼吸はもとより、血流でもあるし、リンパ液の代謝でもあるし、生体に流れる微量な電流でもあるし、臓器が出す電磁波でもあり、細胞のエネルギー通貨ATPでもあるし、筋ポンプ作用でもあるし、ホルモンや神経伝達物質でもあり、それだけでは言い尽くせない諸々だ。

当院の治療で、その「気」という胡散臭いものが実際流れるように出来ているのかというと、治療中患者さんのお腹がグーグー、結構な音で鳴るようになる。

最初の治療では鳴らなくても、数回を経ると鳴り始める。人によっては最初から鳴るし、鍼を刺さなくても鍼を近づけるだけで鳴る。胃腸の滞りがある程度取れたのだなと判断できる。

また睡眠の質が向上する。これも初回から、治療後、または治療中に眠気がさすこともあれば、家に帰ってバタンキューだったという人もあるし、夜普段どおり寝たのだが、朝まで途中一度も目が覚めなかった、または大幅に寝過ごしたという形で現れることもある。

一回で効くとは保証できない。

だから私の鍼灸の師匠から、「ある意味治療なんて”詐欺”みたいなもの。効くか効かないか、わからないのにお代をいただくのだから、謙虚でいなさい」と言われている。本当にそうだと思う。

鍼灸は膝が痛い、肩が凝った、五十肩だ、腰痛だ、ぎっくり腰だと、「問題解決」面ばかり期待されるが、もちろんそう役に立つのは本望とするところだが、本当の価値はそこだけでなく、「治れなくなった」「治りこじける」ややこしい、こじれた身体を「治るからだ」に変えていける医療だというところが一番すごい、と思う。

 

当院の「メンテナンス」というメニューの目的は、そのような未病治療である。​

© 2017はりきゅう和-nagomi- 大阪市中央区玉造2丁目16-18 TEL : 06-6191-2277   e-mail  89nagomi@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • ブログへ