top of page
重要事項説明書

重要事項説明書
2023.2月版

1 当院は、「はり師」「きゅう師」の国家資格を有する鍼灸師による鍼灸院です。

2 鍼灸は、東洋医学の外科部門です。外科的施術にはリスクがあります。重要事項説明書は、 リスクを最小限にするためにお渡ししています。

3 すべての症状・疾患の背景に「長年にわたり蓄積したコリ」があります。

鍼灸とは、コリを取り除き、血行を改善することで治す、という治療法です。 コリはすべて身体の内側にあるもので、外からその総量を伺い知ることはできませんが、コリ がとれていくに連れて、痛み・しびれなどの症状が消失していきます。

 

4 留意事項

・痛みは、安全に治療するための指標です。

・痛みには種類があります。ズーンと重さを感じるのは「ひびき」といいます。

・一番悪いところは、鍼を刺しても感覚がありません。

・効いてくると、刺しておいた鍼が勝手に抜けてきます。

・治療中にお腹が鳴るのは効いているサイン。副交感神経がONになったからです。

・施術直後は腫れ、痛みが残る場合があります。その場合、効果は翌日以降に分かります。

 

□ 検査は病院・治療は鍼灸院

検査機関としての能力は病院の方が優秀です。検査は病院で。

 

□ 好転反応について

施術を始めてまもない時期や、症状が重い方ほど出やすい傾向があります。治療前後にお白湯 を飲むことや、治療後30分、お昼寝していただくことで、好転反応を軽減できます。

 

> 好転反応の例

□ 刺したところの腫れ・痛み・疼き・違和感・ポツポツ・かゆみなど皮膚のトラブル

□ 内出血・青あざ(血液サラサラの薬を服用中の方はお申出ください)

□ 二次痛(最初の症状が改善すると、次の優先部位が訴えかけてくることがあります)

□ めまい・ふらつき・だるさ・ふるえ・発熱・頭痛・風邪に似た症状・排毒現象

 

□ ご予約について

□ 完全予約制です。感染対策として、時間ちょうどにお越しください。

□ 生理を含む、体調不良の場合は、キャンセル料をいただきません。

□ 10分以上の遅刻は、自動的にキャンセルとさせていただきます。

重要事項説明書について

鍼治療は、整体等の民間療法とは違い、出血を伴う手術であり、国家資格者である、医師と「はり師」にしか許されていません。

手術ですから、鍼灸治療にあたって、わからないこと・疑問に感じたことは、いつでも、どんなことでも、遠慮などせず、質問するようにしてください。

 

治療の主役は、患者さんご自身です。

 

病院なら、検査で治療の当否を判断しますが、鍼灸院で治療の当否を判断するのは、患者さんご自身しかいません。

 

ご遠慮なく、常に、事実を、感じたままを伝えるようにしてください。

また、疑問を感じたら、いつでも遠慮せず、質問してください。

 

後から疑問がわくこともあります。

公式LINEは、後で質問したくなったときに便利です。

良かったら、繋がっておいてください。

 

更新情報もこちらからお知らせします。

★ご予約・お問い合わせはLINEが便利です。

LINEあっと.png

関連情報

ご予約はこちら.webp
はりきゅう和-nagomi-のプライバシーポリシー
bottom of page