「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

『7つの習慣』一生で一番線を引く本

大学時代に初めて買って、その時はろくに読まないまま失くし


その後社会人になって買いなおすも、また失くし、


開業してからまた買って、今度は何度も読み直したものの、


やっぱり失くして、


4冊目の『7つの習慣』


今度は失くさない!




さて、なんでそんなに何度も失くすのか?


それはADHDだから…


では、ありません。


この本が、耳の痛い本だからです。





この本は、人のあり方について、書いてある本で、


あり方は、その人が何を持っているかより、はるかに重要だと書いている本です。





ある中国人(華僑)に弟子入りした人が書いた本にも、この本と同じことが書かれていました。


「ビジネスで成功したい!」金・金・金!


世界一商売上手な中国人から、金もうけを学ぶんだ!という主人公に、関西弁の華僑のおっさん(師匠)が言いました。中国の古典からの言葉で、



修身

斉家

治国

平天下


身を修め(自分の在り方を整えること)

自分の一家を上手に運営し、

国を治められるようになれば、

天下を平らげることもできる


というようなことらしいです。




修身の教科書といえば、昔の道徳のことですね。




『7つの習慣』では、お金儲けの手っ取り早いノウハウを学ぶことを、「個性主義」


自分の在り方を正し、その結果として成功するという成功哲学を、「人格主義」と呼んでいます。



同じことを、古代中国でも言ってる。


付け焼刃のノウハウは、な~んもならんで、と。


成功したかったら、己のあり方を考えーや、と。




関西弁の華僑のおっさんは、こんなことも言ってました。


「おまえ、嫁さんとはうまくいってんのか? 嫁さんともうまくやれてないやつが、商売でうまくいくと思っとんのか?」


「でも、お、私、こう見えて、営業成績は良くて」


お前の本性は、お前自身より、お前の周りの人のがよー知っとる。嫁さんが見とるお前が、本当のお前や。お前自身がダメやのに、仕事だけができるわけあるかい!」


とどめが、


「人の本性っちゅーのは、その人の無意識の習慣や」




無意識レベルまで入ってる、自分自身の習慣。


それが「本当の私」であり、「本当のあなた」




今日あなたは遅刻しました。


「え、でも皆やってるでしょ!?」

「たまには遅れることもあるでしょ?」



皆?

たまには?



皆って、どの皆でしょうか?

それ、本当に「たまに」ですか?



はい、これが、今朝、朝起きるのが遅くて、遅刻した私の脳内会話です。


あわてて、普段徒歩で通勤していたところを、自転車で院に出てきました。


そう。これが今のダメダメな私!





皆さんも読むときは、赤ペンを持って読んでください。


耳に痛いことばかり書かれていますし、難しい本だし、分厚くとっつきにくいですが、一生で一冊しか本を読めないとしたら、この本をお勧めします。


それだけ、実際的で、役に立つことばかり書かれているからです。








★ご予約、お問い合わせはこちら★

★この記事がお気に召したら


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com