なぜ鍼灸師がサプリメントを進めるの?

私が考える基本のサプリメントは、鉄とタンパク質(プロテイン)です。鉄と言えばヘモグロビンを連想すると思います。「夜眠れない」とか「眠りの質が悪いんです」という患者さんには、大抵何らかの「酸素不足」の兆候が見られます。その酸素不足の原因、一つには鼻炎、鼻づまり、鼻呼吸できないで口で呼吸するなどという、私の専門領域に問題。もう一つが貧血という問題…栄養の話です。

「どこも身体が悪くないのに、サプリメントを大量に飲んでどうなんだろう?」


と思われるかもしれませんが、「継続的に」栄養不足が続けば、必ず病気になります。


たとえば、脚気という病気がありました。過去、これは「船乗り特有の不治の病」だと思われていた病気、今ではビタミンB1の栄養失調だということが分かっています。


むか~し、そういう栄養不足と病気の関係を、保健体育か、家庭科の授業で小耳にはさんだ記憶が呼び覚まされた方もいるかもしれません。


とはいっても、


「でも、このご時世、栄養不足なんてあり得る?」


と思いますよね。


一日に、この栄養素は最低これだけ必要、こっちはこれだけ必要…ということは、すでにかなり前から分かっています。


しかし、それがゲノム解析が進んだおかげで、かなり一人一人、必要な栄養量が違うらしい…ということも分かってきました。


ある人は、従来の栄養学で言う通りの量摂っていれば十分なのに、ある人は、その倍の量必要としているということです。


そして同時に、現代特有のストレス過多と運動不足です。


ストレスがかかったとき働く臓器を知っていますか?


脳みそだけではありません。


最近ちょいちょい言われているのが、副腎です。




副腎疲労と栄養不足


この副腎、ストレスがかかったときにホルモンを算出して、重く感じるストレスを軽減させてくれているのですが、ホルモンの原料は、タンパク質とビタミンです。


中でもビタミンCを必要としているので、副腎という臓器には、他の臓器よりたくさんのビタミンCが蓄えられています。が、ストレスがかかると、そのビタミンCが急激に消耗することのです。



ストレスとは、精神的なものに限りません。元来ストレスとは病気や怪我、暑さ・寒さなど、生体にとって不利な刺激を指します。副腎からのホルモン分泌は、そうしたストレス全般に対して増加します。普段、副腎には、高濃度のビタミンCが含まれています。 しかしストレスが加わると、ビタミンCの濃度は急激に低下することがわかっています。(ビタミンまめ知識より)

私たちは日常的にさほどカロリーを消費しなくても、便利に暮らしています。


ですから、カロリーは余ります。


一方、ストレスはビタミンCを消耗させます。


ビタミンと言えば「少量で働く」ものだと考えられていましたが、今はビタミンを消費しすぎるので、あっという間に体の中のビタミンが枯渇してしまう…それが病気を引き起こす、というわけです。


身体は常に頑張ってくれていますが、ビタミンが補給されない身体は、働いた分給料をくれないブラック企業と同じ。


無理は長くは続かない…と言うことなのです。



鍼灸師がサプリメントをお勧めしているからと言って、うちでサプリメントを「売りたい」わけではありません。i-HerbAmazonなどでお取り寄せしてください。


私が今飲んでいるプロテインは、このグラスフェッド(草を食べている牛の牛乳が原料という意味)プロテインですが、これをずっと飲むというわけではありません。できれば、プロテインやサプリメントといった合成のものは、同じものを摂り続けないで、コロコロ変えてください。添加物を累積で蓄える必要はないからです。

その前はこれを飲んでました。プロテインの種類が、カゼインとホエイ、二種類入っているということで。上のはプレーンプロテインで溶けにくいのでヨーグルトで食べてますが、こっちは味も美味しく、牛乳でもなんでもよく溶けます。↓↓


------------------------------------------------- 【イベント情報】 養生ナイトカフェ@zoom

9月29日(火)19時半~21時 「鍼灸師が教える、家で、自分で、できるセルフケア」

こんなことを学びます

自分で、ストレスを把握し、ストレスをセーブできるようにも、自分の身体を整えられるようにもなります。

料金1,000円 paypay決済 お申込みお待ちしております。 質問、感想等もこちら 89nagomi@gmail.com --------------------------------------------------

お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

-------------------------------------------------- 発行者 はりきゅう和 やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com



​ご予約・お問い合わせはこちら。

© 2020 はりきゅう和-nagomi-  当院のプライバシーポリシーはこちら