© 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー

検索
  • 山崎 美穂

コミットの差

「俺、鍼灸院行ってるんだけど、結構いいよ」


という話を、うちの患者さんが、幼馴染の友人にしたそうです。

「でも、6千円だよ?良い?」


と聞いたそうですが、構わない。行きたいと言って来たそうです。


その幼馴染の方も、今、当院の患者さんとして、むしろ紹介して下さった方より、頻繁に来てくださっています。


やっぱり料金の高さというのは、すごくネックなんですよね。紹介する方も、良いけど、高いからなぁ…と紹介を躊躇してしまう。


その点、保険が使える整骨院は良いですね。


でも、本当に良いのか、ちょっと考えてみましょうか。




整骨院は、保険が使えるから安い。


鍼灸院は保険が使えないから高い。


確かにそれもあるんですが、じゃあ整体なんて、1万円超えるところもありますよね?それって不思議じゃありませんか?




整骨院は、柔道整復師。


鍼灸院は、はり師・きゅう師。


どちらも国家資格です。




それに引き換え、整体って、言ってしまえば無資格の治療家です。


三日くらい整体の学校行って、もう整体の看板上げている人が少なくないんです。




だとしたら、治療に関する、料金の差って何なんでしょう?


その差の秘密、それは・・・・・・





実は病院って、「治ります」とか「絶対治します」って、言っちゃダメなんです。


というか、鍼灸院でも、整骨院でも、法律で禁止されてます。


サプリとか、民間治療薬とかも、「~が治った!」「~に効く!」みたいなのが、規制されてます。


あと、ビフォーアフターってのも、これも法的に禁止されてるんですね。


エステで、前良くあった、「施術前と後」の写真をビフォー・アフターって載せていましたけど、今はそれ、見ないでしょう?


禁止されたんですね。


つまり、誇大広告だから。




病院の場合は、治療費が法律で決まってる(保険点数)だから、病院は例外。腕の良い医者にかかっても、悪い医者いかかっても、料金一緒。



国家資格の整骨院が数百円から千円。鍼灸院が数千円。


それに引き換え、無資格の整体は一万円。


治療院の料金の違いって、腕の差とか、技術の差ではないんです。


タイトルそのまんまですけど、ようは「コミットの差」なんですね。




結果が出るまで責任を持つ。


だから高い。


それが、整体の値段の高さの理由…だったんですね。


某パーソナルジムの宣伝文句と同じです。




話は変わりますが、あなたのお給料は、月40万でしょうか?90万でしょうか?もっと安い?いくらでしょう?


口にしないでもいいので、思い起こしてみてください。




もし、その給料が突然半額になったとして、同じくらい仕事に向かって頑張れますか?


逆に、給料が突然倍になったとして、倍の結果を出せます?




どんな仕事をしているかによっても、違うでしょうね。


営業の人なんか、分かりやすいでしょうけど。でも「今のノルマだって必死になって、やっとこなしているのに、倍だなんて無理だよ!」と思うことでしょう。


そう。ノルマというのは、基本、ギリギリ達成できるかできないかのところで設定されるものです。だから給料倍になって、成果も倍出せ!と言われても厳しい。


そもそも給料は、売り上げからしか出てきません。


営業の人はそれが良くわかっています。


倍の成果を上げるには、商品単価を倍にして、今と同じ数売るか。…(1)


商品単価が今のままだったとしたら、今の倍の数売らなくてはならない!…(2)


でも(2)は、無理!!


なんです…。




どんな仕事にも、「最低限」やるべきことというものがあります。


給料が半額になったところで、いきなり仕事量が半分になったり、責任が半分になったりしません。


事務の人はどうでしょうね…。給料が半分になったら、やるべき仕事量はこなすとして、でも「あとちょっと」の頑張りは、出せないでしょう。というか、仕事、辞めるんじゃないでしょうか。




ある仕事は、形通りやれば、形通り結果が出る。


ベルトコンベアーに乗せれば、がっちゃんがっちゃん…、「はい、自動車」「はい、冷蔵庫」


でも、ある仕事は、当事者の取り組む姿勢次第で、まったく違った結果が出る。そういう職業もあります。


政治家や教師といった仕事は、能力の差と、やる気の差がモロに出る仕事だと思います。


「型通り」の仕事しかしない人には、むしろ、その仕事について欲しくない!とさえ思います。


医療も同じです。


治療の世界は、基本の型はあるものの、結果がそれについてくるとは限らない。




治療の世界は、「あとちょっと」の差が大きい世界です。


ご本人の頑張りと、治療家の本気とが、合致すれば結果が出るし、そうでなければ、結果が出ないという世界です。




私は昔、鬱になったことがあるので分かるのですが、同じ治療をやっても、鬱の患者って、治らないんです。


たかが風邪で、「なんで治らないんだろう」と医者が冷や汗をかくほど、こじれるんですよ。


何か危険な病気が隠れてるんじゃないか?と血液検査を繰り返すんだけど、何にも出てこない。


私も治りたい気持ちはあるし、真剣に薬を飲んで、安静にしてるんですが、治らない…。たかが風邪なのに、何回、抗生物質飲むやら…。ウイルスだったら、抗生物質なんか効かないんですが、どうしようもないんですね。




結果にコミットというのは、患者さんの生活や、患者さんのメンタルにまで踏み込むってことです。


踏み込む側としても、覚悟がいる。


当院としては、お悩みにもよりますが、患者さんに食事にも踏み込みます。治療をしても治りがどうしてもという場合は、栄養不足であることが多い。


青タンができる背景に、タンパク質不足、鉄不足があることから、そこまで踏み込むようになりました。




まぁ、鍼灸が他より高いのは、「手術」だからって面もあるんですが。




料金の高さは、治療家のコミットの高さ。


「整骨院に行っても治らないよ」「揉んでくれて、電気のなんかがあるだけじゃん」


本来整骨院の先生の腕が、整体に比べて悪いはずはないんです。


でも、料金の安さが、コミットの低さになり、


コミットの低さが、結果の悪さに繋がっていった。




「あとちょっと」の本気度が、結果の違いになる医療の世界で、本気を出さないまま、何年も治療を続け、業界の慣習、腐った水の中で、いつしか腕が錆びてしまった…


患者さんの本気度も…高かったでしょうか?


たった500円の治療を、シビアに考えますか?




医療費がたった500円て、私は良くないと思ってます。


とはいっても、国民皆保険制度には賛成なんです。


でも、医療って、良い薬、良い装置じゃない。


一人一人の治療家、医療関係者のモチベーションの高さが、医療の質の差を作るということを考えれば、医療費500円は安すぎて、危険だと感じます。




治療費の高さは、コミットの高さに直結することを知っていていただきたいと思います。

4回の閲覧