検索
  • 山崎 美穂

一生働かなくても良くなったら?

「もう一生働かなくても良い」という許可証を貰えたら、あなたはどうしますか?


少し時間をとって、そのときどうするか、想像してみて欲しいのですが。

私も、今は自営業者ですが、以前は勤め人でした。


サラリーマンではなく、公務員で。


その前はフリーターで、その前は大学生。


その前は予備校生で、その前は高校生で、その前は中学生で、その前は…


つまり普通でした。




小学生の頃の私の夢は、山で炭焼き職人になりたい、でした。


社交性が低くて、本を読んだり、絵を描いたり。


一人の世界に浸っているのが何より好きでした。




でも絵を描いていると、母親に呼ばれるんです。


茶碗を洗って、風呂掃除をして、野菜を洗って、切って、料理を作って、また茶碗を洗って…


家事が終わると、自分の世界、自分の部屋に私は戻り、そこで短い、幸せな時間を過ごしていると、弟が様子を見に来ます。


私にはそれが煩わしかった。


だからいつか、山に一人で住みたい。


貧しく、つましく。誰とも交わらず。


独りで生きて、独りで、死んで。


それで構わない、そう思っていました。




ある日、私は「もう働かなくてよろしい」ということになりました。


病人だから。


しかし、命をとられるような病気ではないし、我が家はそもそも長寿の家系。何歳で死ねるか分かりません。日本の年金システムが崩壊するのと、寿命が尽きるの、どっちが先?


そもそも、働かなくてもいいと言われても、月々貰える障害年金は(正確には2か月に一回支給されるのですが)9万円ちょい。というわけで、家を借りていたり、一人前の生活をするにはちょっときつい。


団塊の世代の親も、退職後の生活でも月20万くらいは欲しいと言っていますので、9万円という年金額はなかなか厳しい。


この金額ではもちろん、好き放題遊んだりはできません。ちょっと旅行したり、好きな服を買うためにはバイトくらいしたほうがいい。障がい者といっても、見た目でそう察知されるもんでもなし。社会から没交渉になる必要もなく、「ピッチピチだけど年金生活者で~す」と人に言う必要もない。アルバイトをはじめてみたりしました。


とはいえ、働かなくても良いという宣告は受けたので、働かずプラプラしていても良いわけです。本気で働きたくないなら、持ち家もある。働かなくても生きていける。なんなら親もいるしパラサイトできる。


そんな「一生働かなくてもいい」称号ですが、皆さん欲しいですか?


みじめだな。

欲しくねぇよ。


という反応が、まとも、だと私は思います。


ただ、私が、同じ選択肢を、大学時代くらいに出されていたら、へらへら笑って受け取ってたでしょうね。


就職超氷河期でしたから。


そして、毎晩0時過ぎに帰宅していた頃の自分も、その選択肢を出されていたら、やっぱり受け取るんじゃないかぁという気がします。


そして、ちっとも景気が上向いていると感じられない昨今だって、やっぱり受け取る人は結構いると思います。


年金で基本的な生活が保障されるなら、自分が前々からやりたかったことに挑戦してみたい!そう考えられる人は、幸せです(強調します)




山に一人で住みたい、世捨て人になりたいと思っていた頃。


私は、たった一人、誰にも見られず、誰にもけなされず、その代わり誰にも評価してもらえないという境遇になったとしたら、自分は絵を描き、本を読む、「晴耕雨読」の仙人、いや、聖人(キラキラ)のように生きていけると思っていました。


にも関わらず、、私は、ろくに本も読まず、絵に至っては完全に筆を折っています。


小人閑居して不善をなす


という言葉がありますが、


立派な人物に時間を与えれば良いことをするけれど、しょうもない人間は、暇になると碌なことをしないという、人を見下した言葉です。


私は今、この言葉をモーレツに「正しい」と思います。


金と暇を与えられても、私は何一つ、価値のあることをできなかったから。


QED.(かく示された)





「働かなくてもいい」というのは、言い換えると、人生の時間を完全に自分だけのために使えるということです。


自分の時間を有効に利用するということですが、しかし、具体的にはどういうことでしょうか?


「若いうちにがっつり稼いで、アーリーリタイアして、バックパック担いで世界を見て歩く!」


それで、


自分のために、時間を、有効に、利用?


それ、本当にそう?




制限条件が時間とお金だと思ってる限り、その人は、自分の人生の時間を、有効になんて、絶対に、使えない。


真の制限条件は、時間でも、お金でもない。


真の制限条件は、凡夫である私たちには「有効に」が何か、分からないってこと。




尊い人とは、時間やお金が、あろうがなかろうが、やるべきことをやれる人。


小人である私は、時間もお金も、有り余るほどあったとしても、誰の役にも立てない。なんら意味あるものを作り出せない。


価値を生み出せない。




もし、レオナルド・ダ・ビンチのような天才に、お金をたくさん渡したら、彼はを描き、新たに何か発明する。


手塚治虫にお金と時間を渡したら、アニメと漫画で世界にさらに大きな影響を与える使い道を考えだすと思います。



二人が天才かどうかなんて知らない。


ただ二人とも、お金と、時間の使い道を持っている


お金と時間があったら、ダビンチは「知る」ために使うし、手塚治虫は漫画に使う。そんなの、本人じゃなくても、生きてる時代が違う人にだってわかる。手塚治虫と言えば漫画なんです。ダビンチと言えば、絵なんです。



お金と時間を持て余し、世界100ヵ国以上を旅行…「消費は、ほかの人を潤している」なんて、そんなおためごかし、軽々しく口にしないで欲しい。


私が同じことをしていたら、もう生きてないかもしれないのだから。苦しくて、苦しくて、生きられないという気持ちになってしまっただろうと、分かっている。



貧困の問題は、確かに深刻だし、今後も課題だと思う。


しかし、同時に、AIの進化次第では、本当に誰も働かなくても良い時代が来る、そういう時代のとば口にも立っています。



生活のために働かなくてはいけない時代の方が、まだマシだった


という話は、私の妄想でも何でもありません。


すでに北欧では何十年も前、高齢者の自殺が増えて社会問題になりました。




働くことは苦しいです。


でも、働けないじゃなく、「働かない」という人生にも、闇がある。




職業選択の自由がなかった江戸時代のが楽でしょうか?


それとも選択の自由があるようでない時代?


働く、働かないを選べる時代は?



たぶん、どの時代も、それぞれに楽じゃない。


生きるということは、どれだけ文明が発展したって難しい。




一つ言えるのは、「働かなくてもよい」という条件は、人を哲学者にします。


自分のアイデンティティのために働く


哲学者っぽい。


そういう心理状態になります(あやうく自殺しそうになります)




ここからがこの文章の結論ですが、


働かないで実家に籠っていた時期より、貧乏な自営業者になった今の方が、一万倍、精神的に楽です。


働かなくて生きていけるという状態になると、うつ病がこじれて、躁うつ病になります。


一瞬は解放感で、躁に振れますが、そこからが地獄の一丁目です。




私の筆力では、うまく説明できませんが、これだけは言いたい。


仕事は、他人のためじゃない。


自分を壊さないために、働かないよりは、働いていた方がいい。


私も、もうちょっと賢ければ、それに早く気が付けていたんでしょうが、病気をして、さらにそれがこじれるまで、そのことに気が付きませんでした。


働くのは、自分のためです。




そして、できれば、私が鍼灸師という職業に出会ったように、働いている、その仕事そのものが好きだったら…それが、幸せということだと思います。


私は、もしかしたら、時代を少しだけ先取りしたのかもしれない。





追伸。ブラック企業で働いて擦り切れているときに、こういう話は逆効果です。


小学生時代の私も、家というブラック企業で擦り切れていたから、世捨て願望に取りつかれていたので。

0回の閲覧

© 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー