© 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー

検索
  • 山崎 美穂

人生のバッターボックスに立ったら。

『人生のバッターボックスに立ったら、見送りの三振だけはするな -小林繁-』


さて、皆さん、人生のバッターボックスに立った時、見送り三振しないコツってあるでしょうか? 1分間時間を差し上げます。考えてみてください。


1分というのは冗談です。


書き文字ですので。




でも、今のがまさにチャンスでしたね。


考えるチャンス。


自分で考えるというチャンスをつかむと、深い理解という結果に繋がります。




私が考える答えは、朝日記をつけることです。


実は昨日夢を見ました。


しょうもない話ですが、飛行機の時間を確認していなくて、気づいたら遅れているという夢でした。


私、そこで気をつけておけば良かったんです。


しかし気を付けなかった。


そして、午後予定していたセミナー。


参加者だったんですが、スタート時間を午後1時だと思い込んでいて、主催者に「すみません!仕事で遅れますが、必ず参加します!」と昼頃連絡。


で、自転車飛ばして、ギリギリ13時に会場のビルに入ったんです。


でも、どこにも部屋番号が書かれていない。


「あれ?どの部屋だろう」


たまたま会場の方がいて、その方に訊ねたら、


「14時半からですね」




1時間半も早かった。


慌てた私、バカですわ。


親切な方だったので、会場に先に入らせていただくことができて、エアコンも使わせていただくことができました。


しかし、慌てたせいで、お金をおろす時間もなく、院には仕事を残して来てしまいました。


さらに。


それからも時間に気を付けるという基本を忘れた私、まだやらかしました。


スタート時間が違ったということは、終わる時間も違うということです。


「通常セミナーが1時からなら、夕方には終わるだろう」

「懇親会があっても、7時には帰れる」


そんな風に「思い込み」で動いてしまった。


実際セミナーが終わったのは、8時半。


そこから懇親会で、家に帰ったら10時半回っていました。


その間、連絡することもできたのに、ツレからは、お怒りのLINEが一本。



「分かったよ。連絡なしに何時に帰ろうが心配しないようにするよ!おやすみ!!」



なんて返していいか分からず、小雨降る中、自転車飛ばして家に帰りつくまで、返信もできず、平謝りです。


許してくれません。


どうしよう。



「朝日記をつけることです」と書きましたが、ちゃんと昨日も書いてました。


しかし、甘かった。


それでも、私、これしかないと思っています。


日記をつける習慣がなかったら、夢をもう覚えていないと思いますし、自分の「時間にルーズ」「早めの連絡ができない」という欠点が明るみになることもなかったと思うからです。


とほほ。


痛い目にあって、それで学習できるなら、まだマシ…。




皆さんは、自分の「やらかし」に気づく手段を持っていますか?


人生のバッターボックスで見送りしないように、今、準備を始めてくださいね!(「今日」ではなく、「今」です。たとえ記事を読んだのが夕方であろうとも)

5回の閲覧