検索
  • 山崎 美穂

健康になるのは、何のため?

今日という日は、二度とめぐってこない。

そして、昨日は過ぎ去った過去。

明日は、近づく今日。



今日一日という日は、私たちに与えられた最高のチャンスです。


今日という日をとり逃す人が失うのは、今日の24時間をフイにしただけでなく、チャンスが巡ってきても逃し続ける人になるということ。「また次のチャンスがあるさ」というのはたやすいですが、千載一遇の好機を逃したら、いつ次が巡ってくるかは神様しか知りません。


しかし、今日は最高のラッキーデイですが、同時に最悪の厄日でもあります。油断すれば、どんな災いがふりそそぐかもしれないのも、やっぱり同じ今日という日。今日という日を吉とするか凶とするかは、自分次第。




成功の秘訣は、「気づくと同時にサッと動く」ことだそうです。


ずぼらであったり、ぐずぐずする人は、「今」というタイミングを取り逃がす人です。




気づいたときというのは、チャンスが来たということ。


通り慣れた道で、「あ、こんなところにコンビニがあったんだ」と気が付くのは、コンビニを探していたからです。




ところが、普段から感覚のチューニングが甘いと、チャンスが来ていても気が付かないということになります。


感覚のチューニングとは、普段から健康づくりをしておくということです。




人は能力差を、頭の良し悪しとか、センスに求めます。


実は違います。


ことの成否を分けるのは、頭の良し悪しでもセンスでもなく、チャンスが来たとき、サッと動けるかどうかにかかっています。


来た!と思った瞬間、サッと反応できるよう、普段から気力・体力を充実させて、準備できているかどうかです。




人間の能力には、そんなに差はありません。


サッとチャンスの女神の前髪をつかんだ後も、結局は継続力という体力・気力の勝負ですから、人生の成否の条件はひとえに「健康」ということになります。




健康になるのは何のため?


チャンスが巡ってきたとき、その前髪をつかむためです。


0回の閲覧

© 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー