検索
  • 山崎 美穂

医学常識はウソだらけ を読む ーその3ー

このタイトルの本を紹介するのを忘れてました。


『医学常識はウソだらけ』三石巌 著


kindle版はこちら



今日はこの本の章立てを確認したいと思います。


序章 「医学」は「科学」にあらず

第一章 「医学常識」はウソだらけ

(1)がずらずらずら…と色んな疾患について書かれているのですが、ざっくりキーワードだけ抜き出しました。


食塩

リンゴ

タンパク質

血圧降下剤

高血圧

コレステロール

善玉・悪玉

胆石

保健医療の点数制

適正体重

遺伝

小太り

血糖値

糖尿病の合併症

スカベンジャー

動脈硬化

脳血栓

痛風

脂肪肝

胃潰瘍・十二指腸潰瘍



(2)もまたずらずらと。

風邪

風邪の予防

抗生物質・解熱剤

インフルエンザ

アレルギーや免疫

花粉症

動物性タンパク質

腰痛・肩こり


そして(3)は、「難病も分子栄養学なら乗りきれる」というタイトルで、

C型肝炎

グルタチオン

O-157

関節炎・骨粗鬆症

リウマチ

貧血

更年期


とこれだけ多くのテーマについて、色々書かれているので、皆さんそれぞれに気になる疾患について、辞書的に読んでいただければと思います。



続いて、第二章 分子生物学こそ、本当の医学

(1)分子生物学・三石理論の卓効

(2)ガンの真相も「活性酸素」にあり

(3)「ガン常識」も間違いだらけ



第三章 「健康常識」もウソだらけ

(1)あなたの健康常識は危険がいっぱい

(2)スポーツで身体が若返るのウソ


第四章 医学で病気は予防できない

今の医学には病気を予防する力はない

人間ドックが信用できない理由

「異常あり」が82%、日本は病人国家か

栄養学の導入なしに医学の近代化はない

病気の予防の”三種の神器”

健康管理に関する調査結果の意外性

「笑い」は膠原病をも治癒できる

猫にはキャットフード、人間には「ヒトフード」

エイズの発病を抑えるカギも分子生物学にある

「快眠・快食・快便」はブタの生き甲斐



本書は、体系がなく、こう羅列的に書かれた本ですので、これ以上詳細を追うのはやめます。


辞書的に、各々興味があるところだけ、パラパラ読んでいただくのに適した本です。


次は、もう少し体系だった本を読んでいきたいと思います。

6回の閲覧

© 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー