検索
  • 山崎 美穂

変化が感じられないとき、人はやめてしまう~挫折について~

自分ですごく驚いた成功があります。


それは本当にちょっとしたことです。


私は一応難しいと言われる試験に通ったはずなんですけど、なぜかそれによって自信を得たり、自己肯定感が高まったりはしていないんです。


それは、ゆがんだ自慢をしたいのではなく、それについて思い返したとき、胸にポッと温かい気持ちがわいてこないからです。



逆に、私が今でも自己肯定感を感じられる記憶は、コツコツ勉強して英単語を覚えたことです。


驚くほどしょぼいんで、逆に驚かれたかもしれません。


でも私にとって、それが自己肯定感を感じられる記憶なんです。今思い返しても心が温かくなるのは、私が自分のことを、「コツコツ頑張ることができない人」だと思っていたから。


コツコツ頑張るってことができない人だと思ってたのが、コツコツ頑張れるまで成長している自分!に変わっていたから、つまり、「変化を感じたから」驚いたのです。


さらに言うなら、変化が「成長」というポジティブなものだから、そこにさらに「温かみ」が加わったわけです。





変化が嬉しい。それが成長だったらもっと嬉しいわけです。


逆に人が挫折するのはどういうときかというと、変化がなかったり、変化があっても気が付けなかったりするときです。


その英単語を覚えたときのことなのですが、当時私はノイローゼのようになって勉強していたんですけど、自分では勉強しても、しても、成果が上がらない、上がってないと思っていました。


ところが、クラスメートが気づいてくれたんです。「同じ単語帳使ってるはずなのに、あなたの単語帳、ボロボロじゃない?」




自分が変化していたとしても、その変化に自分で気が付くとは限らず、人は人のことを見ていないと言っても、案外見ていたりするものなんです。


クラスメートが気づいて教えてくれた、私の成長。




治療の場においても、なかなか出口が見えないときがあります。


一つの疾患に十年、二十年と苦しんでいる人は、喜びがすぐぬか喜びに変わることを知っています。


そして、ある時点まで来ると、自分が治療によって回復しつつあるのか、それともちっとも効果がない、無駄なことをしているのかが分からなくなって、不安と疑念で足を止めてしまうのです。




逆に治療結果が出やすい人というのはどうかというと、健康以外の分野で成功体験がある人です。


英語でネイティブレベルまでしゃべれるようになったことがある人は、他の語学を学んでも強いと言われますが、投下した努力量と結果の相関関係を知っているので、途中で不安になったりしないのです。


(あ、私は全然そんなレベルじゃないです。片言英語)




治療院は、不安や疑念に負けて立ち止まりそうになる人にとって、必要です。


治療家の仕事は、


1.努力が結果に結びつかない、間違った努力の排除


2.努力の投下量が足りないときの指摘


『鉄茶を飲み始めてすぐ効果が出るってことはありませんよ。マイナスになっているのが、ゼロになり、プラスになるまで、利子はつかないもんです』


『あなたに必要なのはミネラル、食物繊維、タンパク質なので、主食を食べるのは食事の最後にしましょうか』


『菌を完全に避けようとするのは無駄な努力であるばかりでなく、免疫力を低下させ、耐性菌を増やすリスク増大行為化もしません。ここまでキチンとしたら、ここからは免疫力を上げる方に、努力の比重を移しましょうか』


といったアドバイスです。




治療家との相性って、とても大事だと思います。


相手が信用できる人か信用できない人か、見分ける基準を皆さんそれぞれ持っていらっしゃると思う。


信用できると思ってその治療家についたら、ある程度の期間は信じてやってみることですが、それがグラつくくらいなら、最初から信用しないほうがいい。


最善の方法は、自分の中にしっかりとした判断基準を持つことです。(絶対値)




しかし、それもまた健康の分野については難しい。


検査数値という絶対値があれば良いのですが、ないことも多い。




私は患者さんに妄信してほしいとはまったく思いません。


患者さんの中に、ご本人なりの絶対値を持って、育てて欲しい。


ブログを書いているのは、その絶対値を持つための何か、参考になればと思うからです。




いつ、いかなるときも、自分で考えてください。


思考停止しないで。


疑いや不安に惑わされるのは、自分の中に確信がないから。


それには、小さな気づきや、変化の発見をおろそかにしないこと。




人を信用する能力は、自分を信用する能力です。


それには失敗したり間違ったときには、間違ったと認め、反省することです。


私なんかしょっちゅう失敗してます。そのたびに修正してます。


失敗を不必要に怖がらないで。経験値を上げることを怠らないでください。


人生100年時代、皆さんがご自身の健康を守るために、しっかりとした判断基準を持ち、ご自身の中の絶対値をはぐくんで行って欲しいと願っています。


0回の閲覧

© since 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー