検索
  • 山崎 美穂

守れないルールは、間違ったルール「かもしれない」

最近、患者さんから、続けざまにある言葉を聞いて、少し考えこんでいます。


その言葉とは、「やり方が間違っていたかもしれないんですけど」です。

食事療法に取り組んでいる患者さんが、最近増えていたのですが、その方たちは皆さん、すごくストイックです。


ストイックなので、厳しい食事制限を行ってこられました。


各々、されていた食事療法は異なりますし、


食事療法の結果、ある効果を得られた方もいる。


しかし、最終的に、その結果はご満足いくほどではなかった、というのも共通しています。




そして、先ほどの言葉です。


「自分のやり方は完ぺきではなかったのかもしれない」


いやいやいや~~~!


どんだけ自分に厳しいんですか!!


もっと優しくしましょ!!


と申し上げたい。




「自分のやり方は完ぺきではなかったのかもしれない」


=(イコール)自分のやり方にどこか間違っていたところがあったから、結果が出なかっただけで、


=(イコール)その食事療法が間違ってたわけではないと思うんですが。


ということを、おっしゃっているんだと思うのですが、




いやいやいやいや。


食事療法が正しい間違ってるというのは、その方その方の、体質が基準なので、


食事療法をして結果が出なかったら、その食事療法が間違ってたんですよ~~~!


誰か、その食事療法を勧めた方がいらっしゃったはずですが、その人が診たてを間違ったんです。




「私がやって良い結果が出たので、あなたもきっと良くなりますよ」というのは、食事療法に関しては当たらないのです。


むしろ東洋医学では、そういうのを「誤診」と位置付けます。


体質が人それぞれに違うなんて、当たり前じゃないですか。




私のやってる鍼灸も、体質に合う合わないがあって当たり前。


合わなかったら、途中であっても止めなくてはいけないのです。


東洋医学の治療は、治療してみるまで分からないからこそ、治療家へのフィードバックが大事です。(西洋医学でも、同じです)




そして、ちゃんと物事には、ピリオドを打たねばならないのです。


「これは良かった」「こっちは良くなかった」


それを判断できるのは、ご本人以外にはおられません。




指導した人は、ご本人からフィードバックを貰って、自分の診断ミスを悟るので、フィードバックがないという意味でも、ご本人の気持ちにとどめるのは良くないです。


「自分のやり方は完ぺきではなかったのかもしれない」と、フェイドアウト(あいまいにぼかす)のは、やめてくださいね~~~




(最後に)

そのためにも、食事療法は、しっかり契約を交わし、プロのコーチから指導を受けるのが、ベストですが、そういったコーチはなかなかおられません。


ですので、これまでは、甲田式やマクロビの食事療法を、独学でやっていくしかなかったと思います。


今後も、食事療法のコーチを見つけるのは、簡単ではないことでしょう。


「食事療法」は自己責任、独学でやっていくしかない状況が続くと思いますので、以下だけ注意してください。


1)どんな高名な食事療法も、ご本人の身体にあってなかったら間違いだということ。


2)たとえ正しい食事療法であっても、実行不可能な、敷居の高いものは、結局続けられないということ。(=間違った方法)


3)ずっと人の手を借りる必要があるなら、資金力と相談。


料理は、日々の生活です。


食事は、自らを養うことであり、人が生きる根本であり、「働く理由」でもあります。


一回の食事を「慈しんで」、「楽しんで」、「感謝して」いただくことが、根本ですよ~~~


って当たり前のことなんですが、忘れがちなので。

0回の閲覧

© since 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー