検索
  • 山崎 美穂

未完了を完了させよう

『時間の価値を知れ。

あらゆる瞬間をつかまえて享受せよ。

今日できることを明日まで延ばすな』



今、医療従事者や、社会のインフラを主るお仕事の方以外は、多少時間があるのではないでしょうか?


「これを機に、ゆったりした時間を過ごそう」


そう思っておられるかもしれません。


私も、鍼灸師として、ぜひ、皆さんに、睡眠時間を増やしていただきたいと思います。


けれど、だからといって、生活リズムを崩していただきたくはないのです。




「え~~」と言われてしまうでしょうか?




ちょっと嫌な話をします。


私が鍼灸師になる直接のきっかけは、病気でした。


うつ病になったわけですが、うつ病に生活リズムが大切ということは、皆さん聞いたことがあると思います。


朝起きて、日光を浴びるということ。夜になったら寝るということが、うつ病の治療においては重要なのです。


そしてそれが分かったのは、日本に急激にうつ病患者が増えたから…なのです。私はまさに、その増えたうつ病患者の一人でした。


生活のリズムをキープする大切さを、自らの失敗で痛いほど学んだ人間の一人だという意味です。




夏休みに夜更かしできる、わーい!


明日休みだ、わーい!




たまのことなら、楽しみとして良いことなのです。リフレッシュ!大賛成です。


でも、羽休めし、心も落ち着いてきたら、すぐに切り替えて欲しいのです。


家にいるからと言って、だらだらと仕事しないで欲しいし、逆に、休みだからと昼まで寝て過ごしたりもして欲しくないのです。


そんなことは私がおせっかいを焼くことではないのかもしれませんが…。




私はむしろ、今、少し時間のあるときだから、「未完了」のリストアップ、人生の振り返りに、今の時間を使っていただきたいなぁと思いました。


誰もが、人生のテーマを抱えて生まれて来て、そのテーマに関わる出来事を、一生の間に繰り返し経験する…というのが、私の人生の実感です。


そのテーマは人ごとに違うと思うのですが、「繰り返し似た経験する」ということが重要で、つまり、それは自分の中に「未完了」の課題である限り、また繰り返すということなのです。




とはいっても、繰り返し起こるのは「似た経験」であって、同じ経験ではないので、私たちは普段そんな経験をしたことは忘れています。


それを思い出すために、身近な、小さな未完了を、完了させてみていただきたいのです。


それは本当にちょっとしたことで、お風呂のミラーをきれいにするとか、サッシの溝につまったほこりを爪楊枝でツンツンするとか、その程度のことなのだと思うのです。


で、できたことを、できた!とチェックリストにチェックしていってみてください。


そのチェックの数は、自分が、自分を大切にできた数だから、目で見て、自分をほめてあげて欲しいのです。


リストが100を超えたとき、一日を十全に完了させることができる自分に気づきます。


良い日を繰り返した先にある、良い人生をあなたにプレゼントしてあげて下さい。



0回の閲覧

© since 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー