検索
  • 山崎 美穂

治療院って

治療院って、そもそも喜んで通うような場所じゃないですよね~~~



ツレのお父さんが「鍼灸は行くと癖になる」


だから、行かないって言ってたそうです。


それで考えたんですけど、確かに治療院って、喜んで行くようなところじゃないですよね~~


ぎっくり腰とか、寝違いとか、ムチウチとか起こして、仕方なしに行くのが本来の治療院。


でも、「癖になる」ってなんだろう?


一回治療院に行くと、ぎっくり腰が癖になる?、何回も寝違い起こす…とかだったら怖いな…たぶん違う。




一回行ったら、ずっと行かなきゃいけなくなるって意味ですよね。


でも、強制されてるわけでもないでしょうに、なんでずっと行かなきゃいけないんでしょう?


鍼灸師がなまはげみたいに追いかけてくる?


いくら閑古鳥が鳴いて暇だからって、そこまで暇な鍼灸師はいないっしょ。




こないだ、「良い治療院は健康の学校だ」


みたいなことを書いたんですが、


間違いでした。


マスプロ教育の学校じゃなく、塾でもなく、治療院は、マンツーマンだから家庭教師です。




もしかしたら、あなたは学校時代優等生で、いい学校を優秀な成績で卒業しているかもしれないので、こんなことを言ったら、怒るかもしれませんね。


でも、カテキョって、劣等生がつけられるんですよね。




学校でも授業についていけない。

塾でも無理。

だから家庭教師がつけられる…(金持ちの家では)




鍼灸院にぎっくり腰で抱え込まれて来ておいて、「なんとか自分で治りませんかね…」という方がいます。


う、う~~~ん。


高校数学の問題集の、答えなしで、全問正解するくらい根性があったら、できると思います。




健康って、なにが正解が分からないじゃないですか?


私も、一般の方よりは詳しい。


お医者さんはもっと、も~~っと詳しい。


医療従事者は、皆さんよりずっと詳しいノートを自分で作ってる。


でも、正解を知ってるわけじゃないんです。


正解を持ってるのは、神様だけ。




だから、正規の医療に携わる人間は「治せる」とか「治る」とか言いません。


そういうことを言う人は、神様にでもなったつもりなんでしょう。


ベストエフォート(最善を尽くします)


できるだけ頑張って、頑張ってできるだけのことをするだけ。


それ以上のことはできない。


「こうすれば治ります」なんて言う人がいたら、眉に唾をつけた方がいい。




ムチウチや捻挫といった外傷の方もいますが、


大抵、鍼灸院に通わなきゃならなくなった時点で、一度試験に落第したのだと思った方がいいです。


勉強では優等生でも、健康の分野では一度落第した、と。


だから、もう一度一から自分の身体のことを学んでいくんだ。


そう謙虚になって、健康に向かって取り組んで欲しいのです。




鍼灸院に行くと癖になるんじゃなくて、「これからは、自分の身体としっかり向かい合わなきゃいけないな」と自覚的になるのだったら、嬉しい。

0回の閲覧

© since 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー