美容鍼の話

美容鍼を受けてみたいけど、どこに行こうかな?治療院ごとに違いがあるのかな?そう思って検索してみると、出るわ出るわ顔に鍼を刺した写真。でも肝心の治療の内容については、「電気を流す美容鍼」とか「●●式美容鍼」とか。『知りたいのはそういうことじゃない!』と思いませんか?


■ 友達に『良かったよ』と薦められた美容鍼


お友達が良いというくらいだから、良いのだと思いますが、それは、何と、何と、何が良いから良いのでしょうか?


たとえば治療の写真を見せてくれて、写真を見ると「ビフォーアフターすごいやん!」ってなって。


で、友達の顔を…ちらり、と見ますよね。現在の友達の。


『前となんか違ってる…か?』


違ってなかったりするわけです。本人なりに化粧ノリが違ったりするんでしょうから、否定しないまでも、あなたはそこの値段を聞いてから実際行くかどうか決めることにするでしょう。


というか、本当に何か変わってたら、あなたから友達に聞いてるわけです。


「え、顔、前と違うww なんかすごい綺麗になってるwwww なにした~ん?!」


「●●ってとこの美容鍼よ」


「え、どこ、それ、行く!」


結論。行くの一択です。





■ 美容鍼ってなんだ?

「美容鍼とは」でググると色々なサイトが出てくるのですが、どれも我田引水というか、自分の協会の治療法しか書いてないのか?と思いますね。


美容鍼は、美容目的で鍼灸をすること、です。


美容目的といっても、美容整形から化粧まであるわけで、美容鍼の位置づけはこういうものです。↓


ただし、美容鍼灸を片手間としてやっている鍼灸師には、エステティシャンどころか、メイクアップアーティストより、美容の知識がありません。


ちなみに私はそのタイプです。


まったくといっていいほど、美容知識がありません。


ただし、技能として、エステティシャンにはできないことで、鍼灸師にはできることがあるので、あえて位置づけするとしたら上の図のようになるのです。


#だから美容鍼灸は美容鍼灸専門の鍼灸院に行くべし

#鍼灸師は美容については素人かもしれない




■ 美容鍼灸は外から何一つ加えない

  • 美肌

  • シミ・シワをとりのぞく

  • ホウレイ線

  • アンチエイジング

  • 小顔

化粧にも、エステにも、美容鍼灸にも、美容整形にも、これらのことは謳われていますが、化粧と整形では「できる」の次元が違います。


化粧とエステ、美容整形にはある技術上の共通点があり、


それは「外から持ってくる」という点です。


化粧は皮膚にくっつける、載せる(外から持ってくる)

エステは導入?といって、皮膚に浸透させる(外から持ってくる)

美容整形は、顔の中にシリコンを埋め込む等(外から持ってくる。また中から外に出すも可能)



ところが、美容鍼灸には、「外から持ってくる」要素はゼロです。


コラーゲンを外から持ってくることはしないし、できません。コラーゲンは、身体の中から「生成」させるだけです。


#美容鍼灸とは治るチカラを利用する美容法

#美容鍼灸はなにも加えない




■ 美容鍼はなにが得意なの?


エステでも小顔を専門にしているところと、美肌を売りにしているところがあります。


美容鍼灸は何が得意なのでしょうか?


美容鍼でどういったことができるのでしょうか?


  • 血流促進

  • コラーゲンの生成

  • メンタル面の向上

  • リフトアップ


この四つに関しては、どの美容鍼でも、方法論に多少の違いはあっても(つまり、なんちゃら協会でも、××式でも)ある程度効果が見込めます。


なぜなら、頭部に鍼を刺すだけで、どこに刺そうが、(ある程度なら)そうなるに決まってることだからです。


鍼を刺せば筋肉は刺激されます。


運動すれば筋肉が元気になるのと理屈は一緒です。


鍼を刺せば、鍼は皮膚に対する侵害刺激ですから、勝手にコラーゲンは生成されます。


鍼を刺せば、鍼という異物を追い出そうと、身体はそこにせっせと血流を流し込みます。だから血行があがります。そんなのあたりまえ。


頭部に鍼を刺すと、身体の他の部分に刺すのに比べれば、脳への刺激は大きいです。脳の活性化、メンタルの向上は自然現象です。




■というわけで、どの効果も期待できますが、問題は「どの程度」か、です。


そこに腕の差、知識の差が出てきます。


鍼灸師は「美容鍼なんて誰でもできる」と言います。


実際技術的には大変なことはないです。


やればいいだけの、単なる作業だというとらえ方です。


しかし、美容について興味のない、私のような鍼灸師に、大事なお顔を任せるのはお勧めできません。(治療にしか興味がありません)


美容についての知識があり、美容技術に対する「敬意」を持っている、美容専門の鍼灸師に依頼するようにしてください。


#餅は餅屋

#美容は美容専門の鍼灸師



あ、「顔に鍼刺すだけでリフトアップして肌がきれいになるんだ」と、その辺にある縫い針で顔を刺したりしないでくださいね。そんなアホなとは思いますが、縫い針と鍼灸の鍼は別物だということで、写真載せておきます。


手に刺さっているのが、美容用の鍼灸の針です。細すぎて、目が悪い人は、目を凝らさないと見えないです。


(美容鍼は、鍼体が細くて、写真に撮るのも一苦労です。床に落としたら探すのが大変なので、カラフルな持ち手がついています)



気になる美容鍼の効果の長さ


ここまでの情報で一番気になるのは、エステ等に比べて、美容鍼に「普遍的な」効果が、つまり一回やったら、変化が継続するのか?ということが気になっていると思います。


#一回やったくらいで変わると思うなよ


が結論です。


一回で変わるのは、美容整形だけです。


身体の衰えるスピード(下りのエスカレーター)を駆け上がるという点では、美容鍼灸も、エステも、美容整形(美容皮膚科)すら、同じです。


筋トレを怠れば、マッチョマンでもそのうちたるんできます。




★ものすごく乱暴なたとえですが、


化粧は筋肉Tシャツを着てる状態

エステは身体にオイルを塗ってテカらせるようなもの

美容鍼は顔を筋トレしたようなもの

美容整形は人工筋肉を埋め込むこと


です。


筋トレ一回で、マッチョになれますか?


と言えば、美容鍼の効果がどれくらい続くか、どれくらい続けなくてはいけないか、イメージできると思います。


まずマッチョボディの方に、週に何回くらい筋トレしているか聞いてください。週に2回以下ではないはずです。身体を鍛え始めた段階では、二日とあけずジムに通っていたともいうでしょう。キープの段階で週に2回というところでは。


美容鍼は、身体ほどムキムキを目指すものではないでしょうが、それでも週一で半年、一年と継続が必要になるでしょう。


美容鍼は衰えてから始めるのでなく、あなたが若く、筋トレの効果が出やすいうちに始めた方が得だと思います。



#美容鍼は顔の筋トレ

#筋トレの顔バージョンが美容鍼



【おまけ】

美容鍼灸がなぜ美容整形の次?


最後にさっきのピラミッド図で、なぜ美容鍼灸を二番目に置いたかについて説明しておきます。


美容鍼灸は、美容整形のように、骨を削ることはできません。


ただし、顔にコリがある場合は、コリを解消することができます。コリが大きい場合は、コリの解消によって、「顔が変わった!」というほどの変化を出すことは可能です。


これはリフトアップとは別の話です。


このコリを取り除く力の大きさは、なかなかのものなのですが、美容整形に次ぐハードな施術で、一時的に顔は青タンでボコボコになります。


新型コロナの蔓延で、今皆さんがマスクをつけているので、美容整形は大流行りだそうですが、このコリを取り除く美容鍼灸も、「鬼美容鍼」と呼ばれ一部で流行っています。が、これは当院ではまだ一例も実施例がないので、実施してから書きます。


#鬼美容鍼

#リスクは高いですが変化も圧倒的




------------------------------------------------- 【イベント情報】 養生ナイトカフェ@zoom

10月27日(火)19時半~21時 「テーマ:未定」

講師:健康リテラシなおこ


こんなことを学びます

自分で、ストレスを把握し、ストレスをセーブできるようにも、自分の身体を整えられるようにもなります。

料金1,000円 paypay決済 お申込みお待ちしております。 質問、感想等もこちら 89nagomi@gmail.com --------------------------------------------------

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

-------------------------------------------------- 発行者 はりきゅう和 やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com



​ご予約・お問い合わせはこちら。

© 2020 はりきゅう和-nagomi-  当院のプライバシーポリシーはこちら