検索
  • 山崎 美穂

自分経営の安定 ~今、できること~

何か、今、このコロナから学ぶべきことがある。


ずっとそう感じていました。

色んなものがガタガタに揺れていて、命に係わるかもしれない。命は大丈夫でも、事業清明にかかわる重大事かもしれない。そんな風に、私たちを揺さぶるコロナ。


ヨーロッパは、これまでペスト、コレラ、天然痘といった、感染症を経験していて、そのたびに人口の何分の一かが失われるという経験をしています。


自分の知ってる人が一人か、もう少し亡くなった…というのではなく、本当に食うか食われるか。


そういった感染症の原因が何なのか。

何が媒介して、感染が広がるのか。

そういったことが分かっていなかった時代には、感染症は恐怖の的でした。


日本では感染症の恐怖というのは、歴史をゆがめるほどのものは、今のところありません。


風呂好き、きれい好きの国民性。ほぼ毎晩、お湯につかるという生活習慣を持っているのは、今もって、この地上の少数派です。


ハグやキス、握手の習慣がないこと。


「穢れ」という宗教思想。


江戸時代の「五人組」や「村八分」の習いから染み付いたのか、お互いがお互いを見張り、ルール違反を許さないという習性もあります。


そういったすべてが功をなしたのか、コロナウイルスの影響は、他の国よりはるかに緩やかに侵襲して来ました。




私は、経済的なこと(有形の問題)でも揺さぶられていますが、形のない心もまた、揺さぶられています。


皆さん、私と同じではないでしょうか?


公務員や年金生活者は、このコロナによって経済的な影響は受けません。


また企業に雇われている人についても、雇止めなどしないような措置がなされているので、致命的なほどの影響は受けないという方も多いことでしょう。


であっても、皆さん、形のない心が、揺さぶられてどうしようもないのではないでしょうか?




「あなたにとって、一番大切なものは何?」


このコロナ禍は、災いと呼ぶにはもったいないほど、もろもろの「猶予」を私たちに暮れています。


これまで、思いもよらなかったような大量の時間を。


レジャーのために使うのではなく、ネットサーフィンやテレビ、ゲームやYouTubeに使うのではなく。




コロナがくれたのは、


・内省の時間

・自分の持つ価値観を確認する時間

・最も身近で、最も容赦ない他者と、強制的に一緒にいる時間

・子どもというものについて、考える時間



今、ネットやゲーム、SNSに時間を使うのはもったいない。


でも、避けてきた。そういったものに向かい合うのが苦痛。


私が今感じているのは、そんな苦痛。


避けようとして、でも避けようとすることで猶更苦しくて。




で、どうしたか。


・今、自分が何を(どう)感じているかを確認しました。



怒りを感じているのか。

悲しみを感じているのか。


嬉しさも、楽しさも違います。


答えは「名状しがたい感情。ただ苦しい」


私は苦しいと感じていました。




曖昧模糊としていますが、今の私は、そういう答えだったのです。


「私は苦しい」


と口にしてみました。


「私は、どうしていいか分からなくて苦しい」


という言葉が出てきました。


「いや、でもやるべき手続きは、片づけて行っている。でも、苦しい。なんでだろう?」


「経済的な不安があるから?」


「それもある。でもそれだけじゃない。この一年、自分に満足が感じられない」


「でも、ずいぶん成長したこともあるでしょう?」


「ある。妥協しなかった。入口にまでたどり着いたと思う。それについては、自分をほめてあげられる。でも自分が行きたい方向にはまだまだ遠くて、届かなくて、それが苦しい」


「それが苦しかったのね」




こんな風に、自分自身との一問一答を続けて行っています。


自分自身との一問一答。


これには、おのころ心平さんの「ibマッピング」というやり方が役に立ってくれました。



そして、「今、自分がどう感じているか」を問い直そうと気づけたのは、『シンクロちゃん』という本のおかげです。



私は、人生は、自分自身の経営だと思っています。


自分だけの力でやっていくのではなく、周りの人や、環境、コロナのような不意の状況変化に対応させて、死ぬまで生きる。


そういうゲームなのだと。


健康とお金は、最も重要な経営資源です。


目的は、でも、健康になることでもないし、お金を貯めることでもない(そのあたり「人生ゲーム」とは違います)


ゲームの目的は、たくさんの幸福な思い出。


死ぬとき、「幸せだったなぁ」と思って死ねるように。


幸福かどうか、自分自身を偽っていたら、きっと最後の最後は、自分に嘘をつけない。


だから、今、時間が与えられた今、自分の幸福を定義しなくちゃいけないんだなと思います。



あなたにとって、幸福とは何ですか?

0回の閲覧

© since 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー