検索
  • 山崎 美穂

反応的な生き方を脱して。

当院は、働く人の健康維持をテーマにした治療院です。


ですので、患者さんには、通常2週に一度程度の来院をすすめています。


人間は、健康になるために生きているわけではなく、健康で、やりたいことをやるために、生きているのですから。


二週に一度は、本当にやりたいことのために休日を使って欲しい。


二週に一度は、健康の維持増進を考えて欲しい、そういう気持ちです。



しかし、それはメンテナンスのときのお話。


なにか疾患や、具体的な痛みがあるとき、二週間に一度などとはたわごと。


そんな悠長に構えてられるほど、目の前にある痛みは軽くないはずです。


なにせ、痛くて怖い、鍼灸院に来るくらいですから。




実際、鍼灸ってのは良く効くんです。


痛みが軽減することと言ったら、痛くても鍼灸を知った人は鍼灸を選ぶのは、それだけ効くからです。




しかし、そんなすごい鍼灸なので、一度の治療で痛みが消えて、「治った!」と錯覚する人が、後を絶たないんです。それが私にとって最大の困りごと。


患者さんは痛みが取れたら油断する。


治療後に、「今からXXに遊びに行きます~~」とか。


「悪くなったらまた行けばいいや」と、次回の予約をドタキャンする、とか。


でもちょっと考えて欲しいんです。





まず、

1)初診時の治療なんて、勘でやってるだけですよ。

ってこと。


たぶんココだろうというあたりをつけて治療するし、大抵良く効くけど、そんなのたまたま効いたってだけです。




2)レントゲンもエコーもMRIもないんだから、痛みの原因特定は簡単じゃないですよ。

ってこと。


どこかが痛いといっても、痛い場所治療すりゃ治るというほど、身体は簡単じゃない。


あなたの身体がトイレだったらいい。つまったウンコを取り除けばいい。でも身体は単純じゃない。


あと、トイレと違って、痛覚がある。これが厄介。


痛そうな顔を見ながら治療してるんですよ?特に初めての人なんか、相当手加減しながら治療するに決まってる。


一応の痛みはとれるようにやりますけど、心中「あー、もっと奥にこびりつきがあるなぁ」と思ってても、いきなりハードな治療なんかできませんって。


でも、麻酔をかけずに治療するから、痛みのおかげで、鍼灸師は、治療過誤を犯さずに済んでいるんです。じゃなかったら、重要な神経や血管を傷つけることになるんです。痛みは大事。




先日、身体の悪いところに病理物質(悪いもの)がたまってて、それがラードとかラップに似ているという話をフェイスブックに書きましたが、そもそもかなり規模が大きいんで、数回の治療じゃ取りきれないんです。


痛みだけはまぁ取れたからって、完全に治療しきらず、取りきれないやつを残しておいたら、それが慢性痛、ひいては「二回目」の原因になるんですよ。





学生時代、解剖学の先生から聞いた話ですが。


「将来性のある陸上選手が、足の調子が悪くて、鍼灸院に通っていた。行くと痛みがとれるので、試合も近いし、練習して、痛くなったら治療して、また練習…と頑張ってた…


ところが。


痛みがとれるものだから、患者はそれでいいと思っていたけれど、実は、痛みの原因は、疲労骨折だったのだ。


足の足首から下の骨は、とても複雑な構造体で、その奥の方の骨。触診では分からない。


原因が明らかになったときには手遅れで、その選手は、選手として活躍どころか、骨は腐り、一生普通に歩くことさえ困難な身体になっていた」




皆さんに分かってほしいことは、


治療の目標は、痛みをとることではないし、痛みをとることであってはならないということ。


痛みはあくまで目安です。




(1)病気は一瞬で消えてなくなったりしない。


(2)痛みだけなら一瞬でも消えるが、痛みが消えたことが、治ったってことではない。


この二つは基本です。


しかし、ほとんどの人は、こんなことすら知らない。


いや、一生気づかず生きていき、死ぬ。




これを知らずに漫然と治療を受けているだけ人は、一生同じところをグルグル回るばかり、何度でも同じ痛みをぶり返して、自分の身体について何一つ理解できるようにもなりません。最後はいつも「手術」



病気になったら、痛み止めか、ドラッグストアの薬か、病院に行くか。痛みに対して反応するだけ。「自分がこの身体(痛み)を作っているのだ」ということを学びません。


これを「反応的な生き方」と言います。



自分で「この身体の状態はまずい。身体を何とかしよう。どうすればいいか、知ってる人から学ぼう」とするのが、知恵ある人の生き方です。


せっかく鍼灸院に通っているなら、自分の身体のことを深く理解できるようになってほしい。そして身体との付き合い方、健康を維持する方法まで、学んでいただきたいのです。





0回の閲覧

© since 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー