薄毛になぜ鍼が効くのか?

薄毛の鍼灸治療が流行しています。


病院によるAGA治療も定着してきているのに、なぜ、今さら鍼灸で?



薄毛の原因、いろいろあります。


円形脱毛症と、男性の薄毛とでは、原因が違います。


東欧医学は、西洋医学に比べ、ずっとおおざっぱなので、私も大雑把に考えます。





・栄養の問題



・血行不良(から来る頭のむくみ)





東洋医学では、「髪は血のあまり(余分)」といいます。


血がたっぷりあるというのは、栄養状態良好ということ。


栄養状態がいいということは、健康だということと、食糧に困っていないことを表しているので、古来、とくにアジア圏では、髪の豊かさを女性の美の象徴としてきました。




いくら、栄養状態が良好でも、運動不足で、ブヨブヨした太り方では、健康的とは言えません。


運動不足であれば、血の流れは悪くなります。


頭は、スポーツするわけではありませんが、それでも筋肉によって血流が支えられているという点では、身体となんら変わりません。


頭の血行不良は、むくみという形で現れがちです。




頭が悪い人のことを、「あいつは血の巡りが悪いからな」といいますが、酸素は血流にのって運ばれます。酸欠で頭が動いていないという意味です。




運動不足

血行不良

むくみができる

むくみが血行不良を加速させる




身体は、こういうシステムになっています。




皆さん「むくみ」がどういうものか、言葉と状態は知っていますが、実体を伴ったイメージは持ってないでしょう?


スポンジが水を含んでいるということです。


脂肪なのかわかりませんが、スポンジみたいな層があります。


頭のことですから、もともとは薄い層です。それが水を含んでブクブクしてくる…すると、指で強くつまめば、つまめるようになります。


頭皮をつまめる人は、すでにむくんでいます。



お前はもう、むくんでいる!



です。



鍼でなにをやるかというと、そのスポンジを刺していじめることをします。


ざくざくとね。


ある程度回数を重ねると、ゼラチン状になっていた水気が、ちょっとずつ動くようになりますので、ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅーっとマッサージして、水気を追い出すのです。


単純でしょう?


鍼灸がやってることなんて、いつも単純なんですよ。





結果が「出始める」のは、早ければ一ヶ月くらい。


ボヤボヤっと短い黒い毛が生え始めます。


それから、一度、抜け毛が悪化し(代謝が良くなるから)




でも、頭に溜まったゼラチン(むくみ)を追い出し切るのは、結構大変。


治療と並行して、美容院で、ヘッドスパなんかもしてもらうようにして、数か月から半年くらいはかかると思います。






※ 治療についてのご質問はLINEが便利です。


PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


「元気があればなんでもできる」と言いますがひっくり返せば「やりたいと思うことができないのは元気がないから」


子どもの頃、働く母親の背中を見て育つ中、忙しくても続けられる治療院があったらな…と思ったことがきっかけで、気付けば自分が治療家になっていました。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>





RECOMMEND

こちらの記事も人気です。


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

--------------------------------------------------

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

-------------------------------------------------- 発行者 はりきゅう和 やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com



​お問い合わせはこちらから。

© 2020 はりきゅう和-nagomi-  当院のプライバシーポリシーはこちら