© 2016 はりきゅう和 @大阪市中央区 キャンセルポリシー プライバシーポリシー

検索
  • 山崎 美穂

閾値とダイエット

「きつい筋トレしなさい!」という話ではありません。


むしろ、たくさん食べて欲しいのです。


先日、私が、一日一食生活の中で何を食べてるかってことを、ちょっぴりフェイスブックに書いたんですが、私、今プチ断食をしてまして、一日基本的には一食なんです。



下の写真はある日の夕食。

一見、品数ありますよね。



でも、調味料まで含めて考えても、20品目強くらいなんです。


味噌 白菜 人参 ねぎ じゃがいも


塩麹 コメ エノキ

キャベツ ブロッコリー

鷹の爪 酢 里芋 醤油

納豆

辛子


※写真には写っていませんが、ほかに

ひき肉 玉ねぎ トマト(ケチャップ) チーズ

するめ


どんなダイエットにも停滞期というものがあります。


その停滞期の理由も、色々あるとは思うのですが、一つは「燃焼するための栄養が欠けてる」から起こります。


代謝させようにも、栄養素のどれかが足りないと、代謝力が落ちてしまうんですね。


そのため、ちまたのダイエット指導では、サプリメントをクライアントに勧めます。


栄養不足で体重が減らなくなるから。




でも、一つのサプリで、足りない栄養が補えればいいんですが、案外そんなでもないんです。


そういうダイエット指導では、複数の栄養素が含まれたサプリを売るんですが、ようは、どの栄養が足りないかってことは、見ただけじゃわかんない。特定できない。


だから、数うちゃ当たる方式で、色んな栄養が含まれたサプリを、「オリジナルサプリ」などと銘打って売るわけです。






大抵その足りない栄養というのは、当然カロリー(糖質)じゃない。


ビタミンまたはミネラル、つまり「微量栄養素」といって、ほんのちょっと摂ればいい。でもそのほんのちょっとは、ライターで言うなら火打石みたいなもんで、ちっちゃいけど、それがないと、絶対火が付かないという大事なものなのです。


ビタミン、ミネラルは火打石



先日話した閾値。


閾値という意味では、ほんのちょっと摂りさえすれば、目的には事足りるビタミン・ミネラルは、閾値が低いです。


でも、低いけど、摂りにくい。


そして、どれがその時点で不足しているか、分かりにくい。


ビタミンもミネラルも、めっちゃ種類が多いから。




「つまり、マルチミネラルとマルチビタミン飲めばいいんでしょ?」


その通り。



医学という観点からは、ミネラルとビタミンをサプリで補うというのは正解です。


でも、世の中、「サプリに抵抗がある。できるだけ食べ物で補いたい」という人も多い。




間違ってない。


サプリはやっぱ人工的に合成されたものではあるので。


ですから、「今健康だけど、もっと健康に気を付けたい」という方には、一日40品目を目指して食事してほしい。


40品目食べるというのも「数うちゃ当たる」方式ですが、一番お勧めの健康法です。


なんてったって、お腹いっぱい食べて、しかも痩せるんで。


何より、美味しい。


お勧めです。40品目。

17回の閲覧