「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

当院で使っている鍼

当院では、鍼を「東洋医学の外科部門」と位置付けています。


鍼治療は、外科でやるものに比べれば、簡易なものではありますが、あくまで「手術」と考えます。


鍼は「メス」です。


手術用メスが、針の形をしているもの。それが「鍼」です。


その鍼について、ご紹介します。




■ 鍼の素材


使用鍼…鍼には「太さ」と「長さ」があります。


鍼灸治療は、世界中で行われていますが、「 寸3-1 」 と呼ばれる番手が、国内で「基準」になっている鍼です。


海外では、センチメートル表記で利用されていますが、日本では「寸」という、昔の単位を使うことが多いです。




ちなみにですが、世界で初めて「使い捨て」の鍼を開発したのは、日本企業の株式会社セイリンです。


鍼灸が、伝統の枠にこもらず、医療の一翼を担う存在になるためには、その水準を、現代医学にそん色ないレベルに高めなくてはなりません。


鍼はステンレス製で、品質も良いですが、当院も、そういった意識で、鍼を使い捨てにしております。





■ 鍼の番手


● 鍼の長さ ●

寸3というのは、鍼の長さで、持ち手を除いた長さです。寸3は4センチに当たります。鍼の本体の長さが4センチという意味です。


このすべてを、人体に刺しこむという意味ではありません。


あまり短いと、取り回しに苦労するので、人の手で扱いやすい長さが、この長さなのです。


これより短い鍼は、1寸の鍼のほか、美容鍼という特殊鍼があります。


これより長い鍼は多く、寸6、2寸、3寸…など。


当院では、寸3、寸6の使用が多いです。


2寸以上は、お尻や太ももなど、脂肪層が分厚すぎて、寸3や寸6では、鍼が筋肉層に届かない場合に、使うことがあります。




● 鍼の太さ ●

当院では、寸3-2という鍼を多用しています。太さは、「ー2」の部分です。


「2番の鍼」とも言います。


1番というのが、基準で、それよりは太いという意味です。


細かく言うと、


1番…0.16㎜

2番…0.18㎜

3番…0.20㎜


と、0.02㎜刻みで太く…「鍼の番手が上がって」いきます。


★ 日本女性の髪の毛の太さの平均が、0.08㎜だそうです。その倍の太さが鍼の1番の太さです。






■ 当院で使用している鍼


寸3-2 …太さ0.18㎜ 、 長さ4センチ

寸6ー5 …太さ 0.25㎜ 、 長さ5センチ

寸6-10 …太さ 0.34㎜ 、 長さ5センチ

寸6-15 …太さ 0.40㎜ 、 長さ5センチ


この4種類です。


このうち、10番、15番の鍼は、特注品です。





いずれも、株式会社ユニコというメーカーの鍼ですが、これを使っている理由は、鍼を使う管にあります。


鍼は、プラスチックの鍼管というものに入れて使います。


これは、管鍼法といって、江戸時代の鍼灸師の工夫(発明)で生まれました。


その管鍼法に使う管も、当院では使い捨てにしています。


この管が、ユニコ社のものは、六角形をしていて、手なじみが良いのです。





私の鍼の使い方は、とくに、「みやこ式標準鍼」と「ルート治療」で顕著ですが、鍼を非常にすばやく、取り回す必要があります。


そのために操作性の良さにはこだわります。


鍼を入れる鍼管も、使い捨てにしているので、ユニコ社の鍼を使っている理由は、主に鍼管のためです。




■ 鍼の衛生管理


使った鍼は、医療廃棄物として、特殊な廃棄業者(医療廃棄物取り扱い資格を持つ)に廃棄を依頼しています。


購入時、未使用の鍼は、4本ずつパックされ、滅菌パックに入っています。


4本ずつなので、余ることもありますし、使いきれず、残る鍼が出ます。


そういった場合は、清潔なステンレス容器に保存しています。




鍼を使うときに、パレットという、白い使い捨て容器に入れて使います。


そのパレットに移した鍼は、使いきれなかったら捨てます。


パレットはちょっと材質が弱く、サイズも小さいので、そのパレットを、ステンレスのバットに入れて運ぶことが多いです。





作業台は、こんな感じです。↓↓


青…お灸

赤…鍼の道具


このたび、小規模事業者の持続化補助金の審査に通りましたので、さらに滅菌器などを充実させて、これまで以上に衛生環境の保全に努めてまいります。






★ご予約、お問い合わせはこちら★

★この記事がお気に召したら


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com