「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

血糖値の乱高下は、あなたを攻撃的にする。

血糖…血の糖。


血糖は全でも悪でもありません。むしろ身体に必要なものという意味では、全です。


ただ、量が多すぎ、少なすぎが問題で、血糖値が高すぎたり、低すぎたりすると、それはたちまち問題を引き起こします。


何より、血糖値をコントロールするホルモン。


それに恐ろしい副作用があることを、知っておいて欲しいのです。



イライラしすぎる人、いませんか?


攻撃的な自分は、自然な姿でしょうか?


私はもともと口が悪かった?そうでしょうか。


凶暴な赤ちゃんは、ホラー映画の中だけの存在だという気がします。




どんな凶悪殺人犯も、赤ちゃんの時代があって、そのときは、天使のようにスヤスヤ眠り、ミルクを飲んで、にっこり笑う・・・そういう存在だったはずです。


でも、大人になると、なぜかイライラしすぎる人がいます。


何がそんなにその人をイライラさせているのでしょうか?


その人はただ、感情をコントロールできない、未熟な人格なのでしょうか?




そうではないかもしれません。


脳を壊す、ホルモンの過剰分泌が原因かもしれないのです。




アドレナリンとコルチゾール


アドレナリンはよく聞くホルモンの名前です。


興奮した時なんか、「アドレナリンが出てる」といいます。


ビックリさせられたときとか、スリルを感じてヒヤッとしたときなんかに出るホルモンで、攻撃性と関係があることも、イメージしやすいと思います。




かたや、コルチゾールを聞いたことがある人は、結構くわしい人です。


コルチゾールは、「ストレスホルモン」とも呼ばれ、人がストレスを「受けた」とき、分泌されます。


ちなみに、不妊症とも関係がある。


「ストレスによっても分泌が亢進される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす」(ウィキペディアより)



ホルモンと血糖の関係


アドレナリン、コルチゾールは一応分かったとして、これが血糖とどういう関係があるか。


甘いものを食べると、ほわ~っと幸せを感じます。


ところがこのしあわせ感は一瞬。


せいぜい30分から2時間。




なぜか?


甘いものを食べる=高血糖になる。


高血糖になると、インスリンが出て、血糖値を下げようとする。


血糖値が短時間にサッと上がると、サッと下げようとするってこと(血糖値がゆっくり上がる方がいいというのは、下がるときもゆっくりだから)




急に上がり(高血糖)、急に下がる(低血糖)と、身体はいきなり、「ガス欠」状態におちいります。


身体側からすれば、急に下がったんだから、怖くて、反射的に上げたくなるわけです。


血糖値をあげるホルモン(血中の糖を増やせ、という指令を出すホルモン)が、アドレナリンとコルチゾールです。




アドレナリンは、人が危機的状況に陥ったとき、ファイティングスピリットを燃やして、元気(←血糖、糖)を出すためのホルモン。


コルチゾールもまた、人がストレスを受けた時、その場をしのぐために、馬力(血糖)を出すためのホルモン。




なんで、糖を血中に増やすことで、馬力が出るかというと、赤血球の「ごはん」が、糖だからです。


血をか~~っと働かすと、なんか元気が出る感じ、するでしょう?


いきおいよく、血が動き出すと、活発な感じ、するでしょう?


アドレナリンと、コルチゾールは、心臓をぐわわ~~っと動かし、赤血球は糖というご飯を食べて、活発になり、いかにも戦闘準備OK!という状態になるわけです。





とんだ副作用


アドレナリン・コルチゾールが、ぐわ~~っと働いたら、心臓にダメージが来そうな印象があるかもしれません。


人間の心臓が一生に打つ、心拍数には上限がありますから、たしかにそういう側面もあるでしょうね。


でも、ここで気にしてほしいのは脳やメンタルへの影響。


あなたの社会生活に響くってことです。




アドレナリンは、副腎髄質から分泌されるホルモンで、交感神経をオンにします。メラメラ、ファイティングスピリット着火!です。


交感神経がオンになると、攻撃的にもなるし、興奮しやすく、イライラ、怒りっぽくなります。血圧も上がり、実際に心臓がドキドキ激しく打つ人もいます。


アドレナリンが出まくってる人は、かなり怖い人です。




コルチゾールは、副腎皮質ホルモン。ストレスを受けると出る、ストレスホルモンだってことは先に書いた通り。


抗炎症効果があります。


が、長期的に分泌し続けると、碌なことがありません。


不妊と関係があるとも書きましたが、睡眠障害や、筋力の低下にも関わっています。




私が、うつ病になったとき、筋力が異常に低下して、ギックリ腰になりまくってたんですが、コルチゾールが原因だったのかも。


ストレスに耐え続け・・・我慢してりゃいいってもんじゃない・・・大きな副作用がある・・・ということですね。




さらには、コルチゾールは、記憶をつかさどる、脳の海馬を委縮させるともいいます。


将来、認知症が怖い。




血糖値を乱高下させさえしなければ、アドレナリンやコルチゾールが大暴れすることはありません。


血糖値をぐわっとあげちゃうような、甘いものは食べないようにしなくては、ですね。




参考資料:「マンガでわかるココロの不調回復食べてうつぬけ」奥平智之 著



【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 



当院の公式LINEで一年中、栄養療法の話をしています。


まずは公式LINEにご登録ください。






#大阪 #鍼灸院 #玉造 #大阪メトロ玉造駅徒歩2分 #鍼灸師 #鍼灸 #はりきゅう和 #ルート治療 #みやこ式標準治療 #枯孔症 #シビレ #神経痛  #栄養療法 #メガビタミン療法 #頭痛 #慢性痛 #首肩コリ #コロナ対策


 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com