「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

鍼灸は、健康を積み上げ式で考える医療

皆さんが思うより、案外「治療法がない」という疾患はありふれているのですが、それが必ずしも、命にかかわるような、重篤な病気という意味ではありません。


「治す」方法はなく、「維持する」「悪化させない」という消極的な方法しかない、そんな病気、ちょっと考えてみてください。いくつ考えられますか?


ひざ痛…軟骨がすり減ってるタイプ

五十肩…治すというより、時間の経過で治まるまで待つ

腰痛…原因不明なことも多く、対処療法

緑内障…眼圧が上がらないよう、眼圧を抑える目薬でキープ


ほかにも、高血圧や糖尿病…などなど。


鍼灸院には、そんな現代医学では「治療法がない」病気の方がいらっしゃいます。



鍼灸は、健康を積み上げ式で考える医療
鍼灸は、健康を積み上げ式で考える医療

さて、「現代医学では有効な治療法がない」とされるとしても、東洋医学でなら治る?


そういうものではありません。


東洋医学で治るなら、現代医学でも治せます。




治せるというのは、理屈がハッキリしているということですから、東洋医学でやれる方法を、現代医学でやってはならないことはありません。


「治す機序がハッキリしない」病気は、東洋医学でも、現代医学でも、「治せる病気」とは言わないのです。




ただ、東洋医学、とくに私たち鍼灸師は、アプローチ法が、現代医学とは違うかもしれませんね。




大抵の場合、一つの病気に、色んな症状が付随します。


たとえば、最近、緑内障の方を治療しています。


緑内障を、鍼灸で治せるとはいえませんが、眼球周辺のコンディションを整えることはできるんです。


目の周りには、びっしり目に関連した血管、神経、筋肉があります。


目は、単体で存在しているわけではなく(ドラクエのモンスターじゃないんだから)、目に栄養を与える血管もあれば、目を動かす神経もあるし、目の表面を潤す涙を供給する機関もあります。


そのあたりを整えるとどうなると思います?


毎朝出ていた、目ヤニが減るんです。




私の祖母は、黄斑変性症という、緑内障ではないですけど、目の病気を患っていました。いつも目やにがすごかったので、本人結構しんどかったんです。


目ヤニが多いというのは、目の状態がとても悪いということです。


鍼灸で緑内障は治せませんが、目の状態を改善することはできます。




私が、いきなり緑内障に取り組んでも、壁に跳ね返されます。


東洋医学は、いきなり「完璧」や「正解」を目指しません。


できることから積み上げて、できることを増やしていく、そういう積み上げの医療なんです。


結果として治ったら素晴らしいけど、治せないまでも、悪化させないことができます。


これって、緑内障の眼圧を下げる目薬に、劣らない素敵な成果ではないでしょうか?




あなたのお悩みが、現代医療では解決できないと言われても、簡単にあきらめないでください。


鍼灸にできることが、まだあります。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com