「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

秋の養生法

暦の上で、季節は秋に入りましたね。


今年は台風の影響で、気温が下がるのが早かった気がします。



秋の話をする前に、夏のことを話さなくてはなりません。


東洋医学では、病気は、季節をまたぐことで、こじれると教えているからです。




東洋医学で、夏を「生長の季節」といいます。


夏の3か月は、天地の間にさかんに気が交流すると言います。夏の養生法は、夜遅く寝て、朝早く起きること。怒らないこと。気持ちよく過ごすこと。


夏の満開の鼻のように、適度に気を発散させることが大切。


これに背くと、心気(心臓の気)が病む。


つまり、心臓がダメージを受ける。




「救心」のコマーシャルを思い出しますね。


夏の炎天下、歩道橋を上る人の心臓が「うっ!」となるという、CMです。





心臓は、筋肉のカタマリです。


私たちが死ぬまで休むことなく、働き続ける特殊な筋肉です。


筋肉って、案外目に見えない微細な傷がはいっていることがあります。


アキレスけんの断裂なんかも、断裂する前に、「アキレス腱炎」という段階があります。


急にぶちん!と切れるイメージがありますが、そうではなく、断裂する前に、すでにたくさんの傷が入った状態なのです。


心臓の筋肉、心筋は特殊な筋肉ではありますが、しかし筋肉です。アキレス腱と同じように、無理をさせ続けた心筋にも細かく傷がついていることがあります。


ただ、心臓が無理している、心臓に無理させてるという感覚がどういうものか、若い方、健康な方には、ちょっと想像しにくいかもしれません。


心臓をケアするという意味で、どういったことに気を付ければいいか、これから私も意識して観察し、研究していきたいと思います。





今度は本題の秋について。


秋は夏と打って変わって、「収斂」の季節といいます。


万物が成熟しきって、収穫の時期。


秋の養生法は、鶏と同じように早寝早起きをすること。




心安らかに、外に発散するようなエネルギーを出すことなく、秋の「収斂」(縮む、収縮する、収束する)の気に合わせた過ごし方をする。


これに逆らうと、肺を痛め、冬に下痢がちになる。(←これについては、私自身ピンとくる経験がありません。こちらも要研究です)




今の段階でここに書いてあることは、東洋医学の基礎、東洋医学の本からの孫引きです。


これからデータを集め、私なりに研究していく所存。


しかしながら、すでに天地の気が変わったという感覚はあります。


風の音が変わりました。


またおいおい残暑が戻ってくるかもしれませんが。




生活を夏から秋に。


季節に合わせた過ごし方を、はじめないとですね。


私も、夏だ!とばかりに、気合いを入れて、温冷浴やったり、寝る前に腹筋したりしてたんですが、秋は、収斂の季節ということで、ゆっくりストレッチをするくらいにして、しばらく徐行運転で行きます。


季節の変わり目の中でも、夏から秋は特別です。


皆様も慎重にお過ごしください。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com