「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

人生のコツはバランスをとること

昔、三高ってありましたね。


40代以上の方はご存じでしょう。


身長が高い

学歴が高い

収入が高い


で、三高。


バブル世代の女性がよく言った、理想の男性像です。


ところが、最近私が読む本では、どれも、そういった「最高品質」をほめないんです。





たとえば経営の本で、


過去の経営では、「最高の品質で、最安の値段」こそ、消費者に求められているもので、それを目指すのが競争なのだと考えられていましたが、これを否定する本が出ているんですね。




CMで、いつも、自社の商品のどこが新しくて、どの点で競合品より優れているということしか話さない企業。


消費者が求めているのは、品質として最高のものでもなければ、値段が安いことや、割引クーポンでも、付帯サービスでもない。


そのすべてを、完璧にしさえすれば、消費者が喜んで買ってくれると考えている、経営者は分かっていない…本当に消費者が求めていることは、消費者が、一人の人間として尊重されることなのだ…


そういうことが書かれているんです。


(参考:『競争優位を実現するファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略』フレッド・クロフォード、ライアン・マシューズ著)




すべてにおいて完璧であれば、認めてもらえる、欲してもらえる、承認される…そういう思い込みって、私たちにもありませんか?


頭が良くて~~

美人で~~

優しくて~~

家庭的で~~


…そんな人がいたところで、それは「私」じゃない。(たぶん『ときメモ』の藤崎詩織


そんなことはとうに分かっているのに、まだ頭の片隅に、完璧「じゃない」自分を否定する気持ちが残っていたりするわけです。




他人軸で物事を考えてしまうと、「いい人」にはなれますが、それは「誰かにとって都合がいい人」


ユダヤのことわざで、「自分が自分のために自分の人生を生きていないのであれば、いったい誰が自分のために生きてくれるだろうか」という言葉があります。


私は、人のために、他人基準で生きすぎた人が、自分の子どもを、自分の犠牲にしようとする姿を何度も見てきました。なので、この言葉が真実だということが、よくわかるのです。


他人を通して、自己実現する醜さは、ステージママを観れば理解できます。


わが子に対して、決してしてはならないことを、自分に強いてはいけませんね。




私が、自分の治療院で実現しようとしていることの一つは、「バランスのいい場所」を作ることです。


ワークライフバランスの在り方や、

和と洋のバランス

テクノロジーとライフスタイルのバランス

個性と全体性

静寂と喧騒

社会とプライベート



バランスを取らなくてはならない要素が、私たちの実生活の中には色々あります。


私もまだまだバランスのとれた人間とは言えません。


そりゃもう、体型をご覧いただいた通りです。


でも試行錯誤しながら、自分なりにバランスを取ろうとしています。


その努力を見てほしい。


私の試行錯誤の中に、あなたにとってのヒントが隠されているかもしれないから。




★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com