「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

瘀血体質を改善するには

アトピーの患者さんが、当院にはおられます。


もう二年目なのですが、現状、アトピー性皮膚炎の症状は軽くなってきています。


つまり、鍼灸治療により、アトピー性皮膚炎の肌が、見た目にきれいになってきています。


それは、「身体の深部に、コリとして溜まっている、かゆみ物質」(かゆみを引き起こしている物質)を、鍼で追い出すことに成功しているからです。


しかし、問題があります。


かゆみ物質が、どこから生まれているか突き止められていないことです。


根本原因は、かゆみ物質ができてしまうことですから、元栓を閉めない限り、死ぬまで鍼治療を続けなくてはなりません。


そうなることを、私は避けたい。かゆみの原因を、元栓を閉めたいのです。



東洋医学では、アトピーは、「瘀血」が原因とされます。


瘀血とは、血の汚れという意味です。




漢方薬に、駆瘀血(おけつを取り除く)ものがあります。




ある治療院では、そういった駆瘀血の漢方薬(どの漢方薬を使うかは、患者さんの体質など、複雑な要素で決まります)を処方すると同時に、厳しい食養生を、患者さんに課します。




それが、砂糖を完全に抜くことです。


最短でも、2カ月。まず、身体に溜まってる砂糖を抜くのにそれだけかかり、本格的な治療は、その期間が過ぎてからです。


2カ月抜いたら、砂糖を摂り始めていいのではなく、準備期間が2カ月という意味で、治療している間はずっと、砂糖を抜く厳しい食養生が義務です。




そういう考え方もある、ということですが、当院では、砂糖を抜くことを、駆瘀血、瘀血治療の条件にはしていません。


ただ、駆瘀血の考え方は、血液の問題が強く出ている患者さんの場合、積極的に取り入れていこうと思います。


瘀血に係る病気は、アトピーの他、


ガン

PMS、子宮筋腫など、婦人科系の病気

便秘(とくに、うさぎの糞のような、コロコロ便の場合)

肩こり

心臓のトラブル


があります。



見た目には、


冷え性

サメ肌など、肌荒れ

歯槽膿漏など、歯茎のトラブル。歯茎の色が悪い。

艶のない肌でシミが多い

そして、先ほども書いた、うさぎウンコで判断します。




肝臓や腎臓で、血液を浄化しているのですが、


その肝臓とか、腎臓がオーバーワークになるほど、身体によくないものを摂っていることが原因で起こります。


また、運動不足で、血液の動きが鈍化する、冷え性なのにお風呂に入らないので、やはり血液の動きが鈍って、そうなっていることも。


汗をかかないことで、余った水分を排泄する負担が、腎臓にばかりかかる…というのも、瘀血の原因です。


逆に言えば、汗をかくのは、瘀血改善に良いです。




他にも、駆瘀血には、カッサがいいです。


そもそも、カッサとは「瘀血を削る」という意味です。


とくに、皮膚と骨の距離が近い部位…のアトピーは、カッサがよく効いてくれます。


当院では、自宅でのケアに、カッサを使ってもらってます。



食事から、完全に砂糖を抜くには、患者さんの負担が大きく、覚悟を求められます。


アトピーの患者さんは、意識が高い方が多いので、私がやってくださいと言えば、真剣に取り組んでくださると思います。


ですが、同時に即効性も必要だと思うのです。


栄養療法だと、効果が出るまで時間がかかります(少なくとも準備期間の2カ月があります)


即効性があるのは、鍼です。


鍼灸治療をし、自宅ではカッサをしながら、食事療法に取り組むのが、アトピーのためには、良いと思います。



 

★ご予約、お問い合わせはこちら★


RECOMMEND


 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

 

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

 

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com