「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

レバー、食べられますか?

今は、ある理由から、献血ができなくなった私ですが、以前は、街歩きに疲れたら献血に行くという人でした。


「献血が趣味です」

と言っていました。


今でも、おそらく、血液の比重が足りなくて、献血できないということはないと思います。


病院の検査で、貧血を指摘されたこともありません。




そんな私ですが、隠れ貧血なんです。


ところでレバー。


貧血の話と、レバーが食べられるかどうか、関係ないじゃん、って思いますよね?




そんなあなたは、レバーを食べることができますか?


レバーは好きですか?




私は、苦手です。




(1)鉄タンパクってなに?

(2)生理の話

(3)レバーが食べられないと貧血なの?


レバー、食べられますか?
レバー、食べられますか?

「15~50歳女性の全員が鉄タンパク不足」


この年齢の女性に共通するのは、生理があるということ。


毎月、大量出血していますから、貧血…と言われたら、「まぁ、多少はあるかもね」「男性に比べたらね」と認めるのはやぶさかではありません。


しかし、かといって「鉄タンパク不足」というのは、いったい何?どういう話?


鉄タンパクって何?


聞きなれない言葉なのでは、ないでしょうか?





(1)鉄タンパクって何?


鉄とタンパク質がドッキング!したものが、鉄タンパク。


単純に、栄養素として、鉄と、タンパク質が、それぞれ不足しているという意味でもありますが、鉄タンパク、鉄とたんぱくがドッキング!です。




鉄とタンパク質、別物のように感じる方が、普通と思います。


でも、身体の中では、鉄とタンパク質って、化合して存在していることが多いです。




具体的には、ヘモグロビン。


ヘム鉄「ヘモ」、タンパク質「グロビン」で、ヘモグロビン。




「ヘモグロビンとは」でググったら、厚生労働省のホームページが出てきました。


ヘモグロビン(Hemoglobin)とは、赤血球に含まれる赤色素たんぱく質のことです。鉄(ヘム)とたんぱく質(グロビン)が結びついたもので、血液が赤い色をしているのはヘムが赤色素を持っているためです。

そういうわけで、体の中で、鉄とタンパク質は結び付いて存在しています。ヘモグロビン、別に健康に詳しくない人でも、聞いたことあるなーくらい有名な言葉です。つまりたくさんあり、ありふれたものです。


鉄タンパク、つまり、たくさんある。うさん臭いものではありません。





それに、鉄とタンパク質が化合したものは、ヘモグロビンだけじゃない。


最近たまに貧血用語で、「フェリチン」って言葉を聞いたことのある人もいますが、これまた、鉄とタンパク質の化合したものです。





「じゃあ、単純に血液不足って言えばいいんじゃないの?」


って、思いますよね…





(2)生理の話


体内での鉄の使い道は、色々ありまして、必ずしも血液にだけ、限定して鉄が必要ってわけでも、ないんですよ。


でも、血液という形でべらぼーに大量に必要なのは間違いないです。


ちなみに、血液って、体重の8%を占めてるんですって。


体重60㎏だったら、4.8㎏の血液。㎏で血液表すのが、なんか気持ち悪いですけど、5㎏分の液体…うーん。お米の3㎏の袋より多いですね。かなりたくさんです。




それが女性は、毎月、50~150mlくらい生理で流出しています。


献血だって200mlです。献血するくらいの量を、毎月ただ、ただ流している。


これ、減った分、補給しないとまずくないですか?




女性は貧血には強い体に作られていますが、無限に無理が聞くわけではありません。


鉄が不足しまくると、人は結構サラッと意識を失ったりします。生理のない男性はあれだけたっぷり、お肉、食べてるんです。なのに、女性は食べなくても平気なんでしょうか?あなたは、そこまでお強いですか?




生理のことを考えるとき、思うのは、赤ちゃんって、すごく贅沢だなってことです。


使ってなくても、赤ちゃん用のベッド(子宮)を毎月、ふかふかの血のお布団で新調するんですよ。


使ってないから清潔なのに!と思うんだけど、卵子一つのために、毎月、新しい布団買う(作る)だなんて、すごい贅沢じゃありませんか?


姫だか王子だかわかりませんが、新品の布団しか受け付けないんです。そんな贅沢しているのは、人間の赤ちゃんだけでしょうね。


血液で作られた、真っ赤なお布団。未使用状態で、毎月、ポイっと捨てられています。


この捨てられた血液の分、私たちは、毎月、貧血です。


貧血が当たり前になってしまっている。






(3)レバーが食べられないと貧血なの?


レバーが食べられないと、貧血か?


間違ってないと思いますが、原因とか、理屈はわかりません。




タンパク質が食べられない、お肉が苦手なお年寄り、たくさんいますよね。


最初から食べられなかったわけではなく、少しずつ食べる量が減って、気が付けば、身体が受け付けなくなってるという状態です。


タンパク質を消化するために必要な消化酵素も、タンパク質だから、タンパク質不足が慢性化した身体は、胃壁も薄くなって、消化酵素を出したら、胃もダメージを受けるから。




私たちの適応能力が凄すぎるのかもしれませんね。


どんな不利な状況でも、それに慣れることができてしまう。




けれど、それが良い状態ではありません。




うちの母が運転する車は、いつも時速50キロ以下で走っていました。そしたら、高速道路なんかに乗って80キロ出そうとすると、苦しそうな音をたてたものです。


でも高速道路を80キロ以下で走るのは、迷惑走行でしかありません。


鉄不足でも、私たちは生きられます。


でも、それは、時速50キロ以下しか出力を出さないと決めて、生きていくようなものです。


パワーを求められる状況になったとき、ひとたまりもありません。


貯金がないと、何かあったとき、大変なのと一緒。




あなたが、鉄不足から、今すぐ、病気になることはないでしょうが、だからこそ、日ごろから意識して鉄を摂るようにしてください。


目安は、レバーが平気で食べられるようになるまでです。


そうなるまで、鉄をしっかり摂り続けてください。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

★この記事がお気に召したら


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com