「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

体質改善は栄養から始める

冷え性が何とかなりませんか?とよく聞かれます(とくに今くらいの季節ですね)


「鍼灸で何とかなりませんか?」

関心を持っていただいて嬉しいのですが、私は、ツボを使う鍼灸治療で冷え性治療をはじめたとして、


「一体いつ頃、体質って変わりますか?」

と聞かれても、「そのうち」としか答えようがない。


そもそも効くか、効かないかすらハッキリしないんですよね。


それが、当院ではツボを使った経絡治療をしない理由です。



一方、栄養療法は、とても効果がハッキリしています。


なぜ効果が出るのか、理論も明確。




当院の患者さんで、夏でも腹巻をしていた方がおられました。


「今年の夏は、腹巻をするのを忘れていました」


今、すでに季節は冬ですが、先週も、「まだ腹巻してません」と言っています。


かなり重度のタンパク質不足だった方です。




身体の材料は、タンパク質です。


三大栄養素と言って、


  • 炭水化物

  • タンパク質

  • 脂質


と習ったと思います。


そして、私たちが「主食」として、これまで大事にしてきたのは、炭水化物です。




でも、考えてみてください。


タンパク質は、身体に入ったら、筋肉や内臓なんかになることが分かっています。脂質も、脂肪として蓄えられると思っている。


じゃあ、炭水化物はどこに行くんです?


ご存じですか?




健康診断の結果の表が手元にあれば、ご覧いただきたいのですが、そのうち、「中性脂肪」という欄があります。


摂り過ぎた炭水化物は、この中性脂肪になるのです。


もちろん、消費できる分はエネルギーになります。


炭水化物は、身体の中でも、最有力のエネルギー源です。


でも、私たちは、江戸時代の人のように、身体を使って、エネルギーを燃やす必要がありません。炭水化物の行き先は、単なる脂身なのです。




現代人の、冷え性という体質の問題は、カロリー(熱量)不足で起こっているわけではありません


むしろぽっちゃり型の方が冷えていたりします。


現代人の冷え性は、


  • 食べたものから効率の良いエネルギーが作れない

  • エネルギーをつくれても、身体の中を上手に回せない

  • 運動不足


この3つのどれか、というか、3つ「全部」が原因となって起こっている冷え性です。



運動不足を別にすると、あと二つは食の問題です。


冷え性の背景には、ツボや経絡以前に、食べ物の問題が隠れているのです。





 

★ご予約、お問い合わせはこちら★


RECOMMEND


 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

 

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

 

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com