「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

先延ばし先送りの話

「時と場合によっては 先延ばしをした時に うまくいくということが ありますので、 それで味をしめ、 ああ、先延ばししていれば 何とかなるんだと言ったような 間違った学習をしてしまいます」 評論家 勝間和代



株式投資の話で、

「塩漬け株」という言葉があります。

売り時を逃して、

でも、「損切り」する覚悟を決められず

とりあえず見て見ぬふりすることです。

これは株式初心者にありがちなことで、

一日も早く「損切りしなさい!」

なぜなら「機会損失」こそ恐れるべきだから。

と言われています。

いくらか損をしたとしても、

株を売って、現金化して、

次の投資に回す!

回さないと、次の投資機会を失うことになる。

つまり、「機会損失」になる。

だから、損が出たら、取り返そうとするんじゃなく、

失敗は失敗として認めて

サッと損切りすることが大事、と言われます。


ところが、

たまたま塩漬けにしていた 株が上がって、

「塩漬けにしてよかった」

ということも、あります。

でも、たった一回のまぐれで、

「先送りしていいんだ」

「塩漬けにしていいんだ」なんて学習してしまうと、

長期で見た時、株式投資では確実に

損を重ねることになる。

この先送りとか、塩漬けは、

こと株式投資の時ばかりの問題ではなく、

私たち、誰にとっても


あなただけでなく、

あなたのお父さんお母さんも

お兄さん、お姉さん

友達、先生

誰にでも共通する弱点です。


甲斐谷忍の野球漫画『ONE OUTS』

1巻にこういうセリフが出てきます。

日本で最高のバッター

不運な天才と言われる

天才バッターが、

いろんな賞に輝きながら、

(本塁打賞とか?)

チーム優勝に見放されていた。

なぜ勝てないのか?

彼には、ただ運が悪いとは、どうしても思えない。


#勝ちに不思議の勝ちあれど

#負けに不思議の負けなし


何か原因があるはず。

それを突き止めたいと、

彼は休暇中も、トレーニングを続ける。

その天才バッターが、

米軍基地で

アメリカ人相手に

賭け試合をしている

日本人ピッチャーに出会い、

徴発されて、まんまと 勝負することに。

ボールがただバットに当たって、

前に飛びさえすれば勝ちという

バッターに有利な勝負で、

なんと、プロの彼が三振を奪われてしまう。

その勝負、最初のストライクの直後

(ピッチャーと一緒に賭けを仕向けた)

女性のセリフ。


「そんなんじゃない。

今のは明らかに”逃げ”

日本人(ジャップ)特有の悪い癖だね」

「深刻な局面に立たされた時

重大な決断を迫られた時

決まって日本人がとる手段・・・

待つ

引き延ばす

さんざんサボって

宿題をためるガキ

目的も持たず

ただ高校・大学へ進む若僧

この不景気に

何の政策も打ち出せない

政治家

みな問題から目をそらし

先送りだけを

繰り返して来た

愚か者だ」

様子見、先送り

そういったことが良いことだと

私たちは、誰かにそういわれたわけではない。


けれど、自分の行動を振り返れば

困難に出会ったとき、

先送りするように、自己教育してないと言えるでしょうか?



そもそもなぜ決断を避け続けてきたのでしょうか?

避け続けているのでしょうか?


間違ったとしても

決断したことが尊いと

何故思えないのでしょうか?

決断とは、決めて断つこと。

他の可能性を捨てて、

一つの可能性にすべてを賭けること。

時には間違うこともあるのが決断です。


しかし、失敗をことさら低く評価する

日本の風土には、

決断→失敗を

ことさら忌避する傾向があります。



昔の野球選手が言った言葉。

「人生というバッターボックスに立ったなら

見送りの三振だけはするな」

私たちは、人生というバッターボックスから

死ぬまで下りられません。

そのバッターボックスで

むざむざ見送り三振する人生を

あなたは送ってないと言えますか?

先送りをやめるだけで

人生は変わります。

一人の人生が変われば

その周囲の人生も変わるし、

ひいては国の命運すら変える力があります。

決めるということには、それくらいのパワーがあるからです。




決断を応援する風潮を作れなかったら、

日本の失われた30年は、40年、いや50年

つまり、残されたあなたの人生の長さくらい

続くことになるでしょう。





【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 



当院の公式LINEで一年中、栄養療法の話をしています。


まずは公式LINEにご登録ください。






#大阪 #鍼灸院 #玉造 #大阪メトロ玉造駅徒歩2分 #鍼灸師 #鍼灸 #はりきゅう和 #ルート治療 #みやこ式標準治療 #枯孔症 #シビレ #神経痛  #栄養療法 #メガビタミン療法 #頭痛 #慢性痛 #首肩コリ #コロナ対策


 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com