top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

湿疹のデトックス

3年前。


医療用グローブにかぶれ、手の皮膚が何度もめくれるほどの、激しい湿疹を起こしてしまった、歯医者さん。


一時は、歯科医をやめなきゃいけないかもと、おっしゃっていたのですが、漢方薬などで、なんとか湿疹は治まりました。


でも、湿疹は「おさまった」であって、「完治」ではなかったのです。



当院来院時には、すっかり治って、きれいな、白い手になっていたのですが、当院がインスタなどに載せていた、アトピーの患者さんの記事をお読みになって、興味を持たれたとかで、いらっしゃいました。


治っているのに、何のために鍼をするのか分からなかったので、最初、私は治療に反対しました。


歯医者さんですし、鍼をするのは、無駄なリスクだと感じたからです。




しかし、実際に鍼をしてみると、↓↓↓


私がまちがっていました。


身体の中には、毒素が残っていたのです。


手の甲に、こんな風にパンダ状に真っ黒いシミが浮き上がるとは、驚きでした。


もう一枚。



「この黒いシミ、治療しても消えなかったらどうしよう…」というのも不安だったのですが、施術を重ねていくと、だんだん黒いシミが小さく、白い面が広がってきました。


黒い点状の痕は、鍼です。



さらに施術を重ねて、現在(2022年12月現在)は、こんな状態です。

握りこぶしにした方が、黒いシミと白くなった部分とが、区別しやすかったので、握りこぶしにしています。


これまでは、黒いシミを狙って、手の甲に鍼をしてたんですが、先月から、ちょっとずつ違うことをするようになりました。

最近、追加で、手のひら側に、ぬるめのお灸(台座灸)をしてみると、手のひらから出てくる汗(汗が黄色くなる)での排出、脇からの排出(脇がかぶれる)が盛んになりました。


今後も、手のひらのお灸は続けていこうと考えています。




手のひら側は、汗をよくかくので、汗で抜けやすいのでしょう。

お灸、実は、エライ。


ただ、お灸は匂いがつくので、自宅でのセルフケアは思案どころです。


たくさんした方が良さそうではあるのですが。




両手で、手を開いた状態だとこういう感じです。↓↓↓


写真のように、皮膚のパンダ状の黒いシミは、最近(2022年12月に入って)ようやく目立たなくなってきました。



手の末端には、毒素が、外に出るための出口がなく、体内の毒素が滞留してたんでしょう。

毒素が身体に入ると、一番近場の出口・・・たとえば口、たとえば肛門から出るのですが、出口がないところに溜まってしまうと、皮膚から排出するしかなかったりします。


口や肛門と違って、皮膚からの排出は、身体にとっても容易なことじゃないようです。


排出しきれず、残存してしまう。





自然治癒力は偉大ですが、自然治癒力だけでは、いかんともしがたい場合もあることを、この手湿疹の例が教えてくれています。


鍼灸が自然治癒力の引きがねになって、自然治癒力が活性化し、手のひら(汗)や脇から排出が促されるようになったみたいです。

ほんのちょっと、鍼灸で応援してあげたら、自然治癒力が活発に働きはじめて、3年間も身体から出ていかなかった毒も、追い出せるようになるんですね。すごいことです。



同様に、あなたが抱えている、なんらかの「治りにくさ」も、鍼灸で応援してあげたら治るのかもしれませんよ?


たとえば、同じ場所にいつもできるニキビ。 いつも、いつも、喉からくる風邪。


そういったものは、鍼灸で「疎通」を回復してあげるだけで、治ることもあります。


自家薬籠中に、鍼灸を。


自然治癒力を活性化して、病気を治す方法です。




【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 



当院の公式LINEで一年中、栄養療法の話をしています。


まずは公式LINEにご登録ください。







 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com


Kommentarer


bottom of page