「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

ダイバージェンスって言葉を知った

ダイバージェンスという単語をおしえてもらいました。


自分がこれまで、もやもやーっとしていたことは、


これだぁぁっっ!

と思いました。


その話をします。



ダイバージェンスって言葉を知った
ダイバージェンスって言葉を知った

ダイバージェンスをググると、FX用語としてでてきますが、FX(外国為替証拠金取引)なんてやってないなら、定義を覚える必要はありません。


ダイバージェンスというのは、そのものの本質的な価値と、市場価値の間にズレがあるよってことです。


たとえば、ダイソーで売ってる電動ブレンダー。300円かそこらで買ってきたんですが、それが実用に耐えることったら。


毎朝プロテインを飲んでいるのですが、私の場合、プロテインはヨーグルトに溶かして、食べることが多いです。でもヨーグルトをたまに切らしてしまうときがあって、そのときだけ牛乳やお水に溶かす羽目になる。


プロテインって、ほんっと溶けにくいんですよ。


それが、ブレンダーを使えば、あっという間に溶けてくれます。


だからブレンダー、重宝しているんです。


たまにしか使わないんだから、ダイソーで十分。




うーん…なんとなくだけど、ブレンダーには、500円から1000円くらいの価値は十分あると思うんです。


でも300円。


「これって、売る場所変えて、ネットとかで売り出したら、もうちょっと高く売れるんじゃね?」と考える人もいます。


たとえば田舎の方に住んでる、高齢者とかね。


単体でブレンダーを売ると、送料が高くつくかも…だったら、他のもの、高齢者が必要としそうなものと抱き合わせで売ったら…。




ダイバージェンスというのは、そういう実際の価値と、商品の市販される値段との間に、乖離が多ければ多いほど、商機が生まれます。




他方、マーケティングって言葉があります。


実際には、そこまで価値のないものを、さも価値がある風に装って、高く売るための色んな施策を打つのもマーケティング。


逆に、ダイバージェンスで、低い値段がついているものに、正しい値段をつけて、価値を伝える、これもマーケティングです。




私が、ダイバージェンスという言葉を聞いて驚いた理由は、お察しでしょう。


鍼灸もまさに、ダイバージェンスのある分野だからです。




美容鍼という分野があります。


エステができないことを、美容鍼はできます。


患者さんの皮膚に鍼を刺すというのは、エステでは認められていない技法で、やっちゃうと「業務上過失」とかになります。


ですから、美容分野では、


美容形成>美容皮膚科>美容鍼>エステ>自宅でできるセルフケア


という、提供価値のカースト(←おい)が成立してるわけです。




これは、治療の分野も実は同じで、


できることのレベルで行けば、


病院(不動のトップ)>>>鍼灸・整骨院>>>>>>>>>その他


その他に、カイロプラクティックや「整体」が入るのです。




そして、鍼灸に限っては、病院の理学療法士より、上のことができます。


人に鍼を刺せるというのは、実質的に、麻酔不使用の外科手術ができるってことだからです。


でも、まぁ、両方、理学療法士も鍼灸師も国家資格で、どっちが上とかいうのもおかしな話なのですが、技法としては、ほんまは鍼灸のが上です。


鍼を刺すってのは、それだけ患者さんに、高いリスクを背負わせることだからです。


(鍼灸師の国家資格は、もっと解剖学、生理学、運動学に振り切って、試験のレベルを上げていいと思う。今、正直簡単すぎる。PT(理学療法士)よりかなり簡単)




とまぁ、ダイバージェンスという言葉で、私の胸の内はすごくスッキリした、というだけの話です。


でも、皆さんも周りにも、ダイバージェンスは隠れていませんか?


モノの値段が安すぎるところで固定してしまっている分野、幼稚園や保育園教諭、介護士の給料が安すぎることみたいな、社会問題になってることもあります。




社会問題もありますが、もしかしたら、あなたが感じているダイバージェンスは、正しくマーケティングで価値を伝えれば、いきなり高値で売れるものもあるかもしれませんよ?


身近にダイバージェンスがないか?ってことを考えてみるだけで、


・商機を得る

・社会問題を深く理解する


きっかけになるかもしれません。




身近の「ダイバージェンス」


見つかったら教えてください。




ダイバージェンスとは、FXにおける「逆行現象」を意味する言葉です。 これはオシレーター系のテクニカル指標が、実際の相場とは逆方向に向かって動いている状態のことを指します。 主にチャートの動きとテクニカル指標の動きを比較して、その後のトレンド転換の可能性を考える戦略として使われます。

ご存じの通り、実際に病院が受け取る金額は、窓口が3,000円だったら、1万円です。


1万円の3割が負担額なので。


病院が、額面通り3,000円しか受け取っていないとしたら、とてもじゃないけど、従業員を雇えません。看護師さん、レントゲン技師、受付の人…大概10人くらいはいますからね。


5分診療で1万円貰えてるから、病院の経営は成り立っているのです。


8時間×60分÷5分=一日に96万円の売り上げ




鍼灸師は、一人治療するのに30分から1時間。だいたいの鍼灸院の一日の売上は4万円行けばいい方だと思います。


病院の窓口支払いの単価と、鍼灸院の料金を合わせてたら、鍼灸院は潰れます。



★ご予約、お問い合わせはこちら★


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】