「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

顔に鍼をして、シミが増える?

美容鍼、流行っていますよね。

当院のメニューにはありませんが、治療を目的に、お顔に鍼を刺すことは少なくありません。


疲れ目の治療

顎関節症

鼻炎

顔面神経麻痺


などなど。

意外に鍼灸で、顔に鍼をすることはよくあります。


そういった治療のとき、お顔に鍼をして、シミができるんじゃないか?なんて考えたら、不安になります。


さて、どうなのでしょうか。




皮膚は、一番外側にある「表皮」という部分と、その下にある「真皮」という部分の、二層構造になっています。


さらに、表皮にも底があって、「基底層」といいます。


皮膚の細胞は、基底層で細胞が分裂して、作られます。

それとは逆に、一番外側は、垢として剥がれていきます。

一番外側、一番表面が剥がれていくので、皮膚は「せり上がり」方式です。




そして、シミというのは、皮膚層の中にできた「汚れ」「おこげ」みたいなもので、皮膚の深部から、表面にむかって、浮かび上がってきます。


ですから、鍼で、シミが増えるということはありません。




ただ、「そう見える」ことはあります。


  • 全体的に血行がよくなったことで、くすみがとれ、逆にシミが目立つようになった場合。

  • 小さな内出血ができて、それをシミと誤解した場合。



内出血は、それができた瞬間にしっかり押さえて圧迫するのが一番。


できてしばらくたった内出血も、早い方が対処は簡単です。


内出血しているところに、ごく細い美容用の鍼を刺して置鍼すると、血球成分が来て、食べてくれます。




シミの改善は、美容鍼の専門家も、「定期的な治療を3か月~」と言っています。


皮膚のターンオーバーは、二十代でも28日周期。三十代、四十代だと、その周期は伸びますから、「多少の効果を感じられるようになるまで3か月」


思いのほか時間がかかるのは事実だというのが、いろいろ試して(←とはいっても、自分の顔には面倒くさくてやってない。やれ)






★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com