「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

アンチエイジングは肉を食べる


身体の材料って、たった2つしかないんです。



3代栄養素が、


  • 糖質

  • 脂質

  • タンパク質


だということは、皆さんご存じでしょう。




この3つが、身体を作る材料かというと、そうじゃありません




身体を作る材料として、必須なのは脂質タンパク質の2つだけです。




じゃあ、糖質は、いらないのか?


いります。


じゃあ、糖質は、身体につかないのか?


つきます。




糖質が、身体につくときは、皮下脂肪や、内臓脂肪という、「いらない」脂肪になってつきます。



糖質が変化した姿の脂肪を


脂肪(糖)


仮に、こう呼びますが、


これは、純粋な脂肪、身体の材料として必要な脂肪とは、名前こそ同じ脂肪ですが、別ものです。




身体を構成する脂質は、細胞膜になります。(全身何兆個かある細胞のコーティング剤)


いくら脂肪(糖)があっても、これを使って、細胞膜を作ることはできない。


糖質では、細胞膜を作れない。


(細胞膜がなければ)細胞が、作れない。もしくは、細胞膜の薄い、ちゃちな細胞ができてしまう。




だから、頭の中で、脂肪(糖)と、脂質を、区別するようにしてください。


  • 糖由来の、脂肪(糖)

  • 脂質


こう区別すれば、紛らわしい二つを区別する習慣ができます。





アンチエイジングで、肉を食べてというのは、


身体を作る材料が、


タンパク質と脂質だから。


その両方を効率よく摂れるのが、お肉だからです。





糖質は、現在では、たくさん摂る必要はありません。


意識して摂らなくても、調味料などに十分含まれているので、糖質は、避けていても集まってくるくらいです。





よく、コレステロールを敵だと言いますが、細胞膜が剥げている細胞に、まとわりついて、細胞を保護するのがコレステロールです。


コレステロールを避けるために、脂質を避けるのは、本末転倒です。


脂質が足りないから、細胞膜の材料が不十分で、コレステロールが出張ってるだけです。


脂質が足りていないのです。





脂肪(糖)ばっかり摂ってるから。





アンチエイジングを、本気で考えるなら、脂質とタンパク質…それがセットになったお肉、お肉をしっかり食べて下さい。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com