胃腸虚弱

雨の多い季節は、胃腸の弱っている方が少なくありません。胃腸を整えるのに、胃薬を飲んでいませんか? 荒れた胃壁を修復すると謳っている薬もありますが、それで効果がなかったときは鍼灸治療はいかがでしょうか。


神経には、感覚神経、運動神経、自律神経の三つがあります。


そのうち自律神経が内臓を支配する神経です。


胃を整えるなら、自律神経のうち、副交感神経がONにならなくてはなりません。


交感神経は、逃走と闘争のための神経。


消化・吸収そして体の回復には副交感神経の働きが必要です。




ところが一般の薬は、ほとんどが交感神経をONにするものしかありません。


副交感神経をONにしないと、身体は回復しないのに、交感神経を活性化する薬では、本質的な治癒は望めないのです。


その際に役立つのが、薬ではなく、物理療法。


中でも鍼灸は副交感神経を活性化させる作用が強い治療法です。




当院の治療中、患者さんのほとんどが


・お腹がグーグー鳴る

・涙が増え、目が潤む


といった経験をします。




胃腸は、東洋医学的において最も重視される器官です。


消化能力は、その人の「回復力」だと考えられています。


からだで最も重要な胃を整えることは、他の疾患からの回復の基礎でもあります。






​ご予約・お問い合わせはこちら。

© 2020 はりきゅう和-nagomi-  当院のプライバシーポリシーはこちら