「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

意外に役に立つカッサ

カッサとか、グアシャと呼ばれる、中国の民間療法があります。

何年か前にも、軽くブームになったのですが、皆さんご存じでしょうか?


カッサとは、水牛の角や、ローズクオーツなどの石を加工してつくる、板状の治療器具で、


カッサの「カッ」は、削るという意味。

カッサの「サ」は、瘀血と言って、汚れた血液のことだそうです。



鍼灸院に来ておられる患者さんの中でも、痛みに弱い方はおられます。


普段は大丈夫でも、体調が悪く、痛みに過敏になってしまっている「時期」もあります。


そういった場合、当院では、カッサをすることもあります。




カッサは民間療法だけに、だれでも手軽に扱える、簡単な治療器具ですが、上手に使えば、治療効果も出ます。


今日いらっしゃった患者さんも、普段は鍼治療をされている方でした。


今日は腰痛でいらっしゃいました。




昔何度かギックリ腰をやったことがそうで、坐骨神経に沿って、ピピっとかビビッとか痛みが走る奴ですね。


今回も、ちょっとそのケが出ていました。




カッサと鍼の違いと共通点について、先に簡単に説明しますと、


カッサも、鍼も、コリを取り除き、血行改善、細胞の新生を計る治療法という点では同じです。


一番の違いは、効果範囲ですね。




人体は3Dですから、


タテ・横・高さがあります。


タテ×横=面積です。


カッサは、面の治療に秀でています。


でも高さ(人体の場合、深さですが)に弱い。




お尻なんかは、お肉も脂肪も分厚いので、コリが浅いところにある場合は、カッサで十分効果が出せますが、これが、坐骨とか、骨に近いところにコリがある場合は、効果は出ません。


しかし、広い皮膚面への影響力は、鍼以上です。




例1)#アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の方など、皮膚の広い面にトラブルがある方には、カッサは超オススメです。


お二人のアトピー患者さんに試していただきましたが、お二人とも、しばらく痒みが治まったといいます。


皮膚をひっかいて、傷つける心配もないので、カッサ、アトピーの方に、とてもいいです。



例2)#ひざ痛

あと、ひざ痛なんかにも、カッサとてもいいです。


なぜなら、ひざは、骨の上に乗っているお肉が薄いからです。


高さ(深さ)に弱いカッサでも、十分効果が出ます。


ひざにヒアルロン酸注射をしている方、ひざの水を抜いている方に、カッサを試していただきたいです。


当院には、ヒアルロン酸注射を、必要なくなってやめた患者さんがおられます。





しかし、カッサが深部へのアプローチ力に欠けるのは争えません。


また、手ごわいコリになると、ちょっと太刀打ちできないところもあります。


無理して、何もかもカッサでやろうとすると、「先生、カッサの方が、鍼より痛いわ!」ということになりかねません。




カッサと鍼は、併用がお勧めです。


ポイントポイントは鍼で抑えて、広い部分はカッサでやると、痛みは最小にできます。


自宅では、カッサでケアして、難しい部分は鍼灸院で治療してもらうというのが、一番のソリューションかもしれませんね。





★ご予約、お問い合わせはこちら★



RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com