「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

酵素がたりなくなると?

「酵素」誰もが聞いたことがある単語。でもイメージがぼんやりした言葉です。


酵素は、人間が生きていくうえで、ないと困るものです。


あ、違いますよ!ビール酵母の話じゃありません!!


私たちの体の中にある酵素の話!



酵素がたりなくなると?
酵素がたりなくなると?


私たちの体の中で、酵素がどういう仕事をしているかというと、それが多岐にわたっていて、働く場も色々。


最初に発見された酵素は「アミラーゼ」


発酵は、通常、酵母菌などの菌がいて、はじめて起こることだと考えられていたのに、菌がいないところでも発酵のプロセスが一部進んだことから(19世紀には、パスツールによって、生命は自然に、勝手に生まれることはなく、生命がないと発酵とか腐敗はおこらないと考えられていた)


ただし、酵素の実態は長いこと不明で、20世紀になってから、酵素を結晶として分離することに成功して、その実態がタンパク質だということが分かった。


なんかプリオン(狂牛病)を思い出す話。


#酵素はタンパク質





酵素については、カギと鍵穴という話があって、


酵素がきちっと仕事をするには、色々条件が整っていないとダメで、条件が不一致だと仕事しないって意味で、ある特定の条件下でだけ仕事をする、酵素はカギみたいなものだと言われている。


#酵素はわがままな仕事人

#カギと鍵穴説



私たちの身体の話で言うと、体内温度が37度ちょいくらいで、酵素はよく働くけど、低体温になると、ちっとも働かない。私たちの身体が病気になる原因は、低体温が関係している!って話。




酵素がちゃんと働いてくれないと、どんなことで困るかというと、


  • 消化力が落ちる

  • 筋肉がつきにくくなる

  • たるむ

  • 老廃物をさばけないから、老ける

  • 顔色が悪くなる

  • 代謝がうまくいかないことから、痩せにくくなる

  • 疲労感が抜けにくい


私たちが、地味に嫌がること全部と、酵素は関係ある。




酵素がちゃんと働かない原因はいくつか考えられて、さっき言った低体温もだけど、


運動不足

タンパク質不足(肉、魚、卵、とってる?)

ビタミン・ミネラル不足

身体を冷やす生活習慣がある


というところが考えられる。




さて、ちょっと気温さがってきてます。


夏の肌ダメージ、内臓ダメージが、じわじわ出てませんか?


放置していても、すぐ死にはしませんが、ダメージを放置する癖が、確実に老化を進行させます。


子どもができるような動き、真似できなくなってきてませんか?


逆立ちしたり、ケンケンパ!とか、風船を膨らませること、とか。


タンパク質不足+運動不足


つまり、身体を怠けさせちゃってます。




消化力が弱いのを、放置しないでください。


酵素はタンパク質。


消化酵素もタンパク質。


肉を食べない⇒タンパク質不足⇒酵素が作れない⇒消化力が落ちる⇒肉が食べられない




「肉を食べない」が、最後は「肉が食べられない」になっちゃってますよ!


気をつけて。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。



RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com