「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

炎症を治せばすべて解決

「事件は、会議室じゃなく、現場で起こってるんだ!」


じゃないですけど、


検査数値ばかり見て、身体を診る力がないと、病を見誤ります。


つまり、誤診します。



慢性的に、不調を起こしている人、あなたの周囲にもたくさんいるでしょう?


自分では、炎症のせいだと思ってなくても、アレルギー体質や、貧血体質、なんとなく虚弱で、風邪をひきやすかったり、風邪が治りにくかったりする方。


栄養を摂っても吸収しにくい方。 やせ形だったり、ぽっちゃりしていたり、体形は色々ですが、全体的に「しまりがない」筋肉の付きにくい体質は共通しています。


性別は関係ありません。




さらに、「身体がいつも、どこかだるい」「疲れやすい」


であれば、その人は、慢性的に炎症を起こしています。


炎症がある人は、自動的に、身体は「鉄欠乏状態」です。


その理由について、説明します。




血液検査の数値を見て、「フェリチン値」が高いからといって、「私には貯蔵鉄がたくさんある!」「わたしは十分鉄が摂れているはず」と勘違いしないでください。あなたは、鉄欠乏状態なんです。なぜなら、



身体に炎症があると、フェリチン値が高く出るからです。



ちゃんと理由があります。


身体が炎症を起こす原因のひとつが、細菌感染です。


細菌は栄養豊富な血液が大好き!




身体はほんまに賢い。


細菌に餌をやらないよう、体に炎症が起こったら、「すわ、細菌感染か!?」と推理して、鉄をいったんしまい込みます。




財布に入ってる、すぐ使える鉄=血液の鉄。赤血球の鉄。

タンス預金している鉄=肝臓とかにしまった鉄。フェリチン値。



財布に入れていた鉄を、盗まれないようにタンスにしまい込むわけです。


さらには、食べ物から鉄を摂り入れることにも、身体は慎重になるので(細菌、怖い!イヤ!)


ただでさえ吸収率が低い鉄を、もっと吸収しにくくなるんです。つまり、炎症=鉄欠乏状態は、デフォルトなんです。


だからといって、やるべきことは、「じゃあ、もっと鉄を摂ろう」ではありません。


最初に、炎症を治すべきです。




これが非常に難しい。


鉄は、身体を治すのにも必要だけど、鉄を摂ると、炎症のために、全身には回らず、タンス預金に回されるんですから!(まるで日本経済。信用収縮状態ですね)




トレードオフ…あっちを立てれば、こっちが立たず。


昔『プリンセスメーカー』というゲームがありました。筋力をあげようとすると、体重が増えるし、気品が減るし…という、トレードオフを楽しむシミュレーションゲームでしたが、


健康を立て直すということも、プリメみたいなもの。


炎症があると、ストレスがたまり、ストレスが溜まるからから甘いものがほしいけど、甘いものを摂ると体重が増えるし、炎症も強くなるみたいな。




炎症があるということは、その間、全身的に新陳代謝がめっちゃ落ちてる=慢性的な体調不良


あと、タンス預金の鉄が増えて、血中の鉄(赤血球)は減る状態についても、ちょっと解説しときます。


赤血球の鉄は、通常、VIP扱いされていて、ヘモグロビン値って、すごく安定しているものなんです。


それは全身に栄養と酸素を廻すことができるのが、赤血球、つまり血だけだからです。


生存には日々血液(鉄+タンパク質)が必要!


なのに、鉄を血中にたくさんもってると、細菌が増える!


まさにトレードオフ!


そこで、多くの人は思考停止、ちーん・・・という状態になっています。




慢性的に不調なのに、何もやってない人とか、変な健康法にハマってる人、身の回りにもいっぱいいるでしょう?


「健康プリメ」に疲れて、思考停止に陥ってるんです。




体質が悪い人とは、血が不十分な人


新陳代謝が働かないので、末端の重要度の低い部分に、病気がたまっていってる、ということになります。


皮膚の重要度が低い人は、肌がくすみますし、髪が抜ける人もいる。生理が止まる人もいれば、傷が治りにくくなる人も。


炎症を放置すると、そういう「地味な嫌がらせ」みたいなことが続いて、あなたの健康の足を引っ張り続けるんです。


だから、炎症への対処は早い方がいい!




炎症を治しましょう。


アレルギーがある人は、アレルギーの原因を取り除く。


小麦アレルギーで、腸に慢性的に炎症がある人は多いです。


砂糖はすべての炎症の「燃焼剤」


炎症がある人は、必ず砂糖を絶たねばなりません。




まず、甘いものを控え、炎症の原因を特定し、できる限り避けましょう。


鍼灸治療は、体質改善に強いです。


砂糖を断つだけでは、効果は弱いです。


慢性的な炎症を治したいときは、鍼灸を併用してください。




鍼灸は栄養や薬による治療と相性が良くて、オートファジー(悪い細胞を自死させる)と同様の効果があります。


炎症細胞を破壊し、炎症の原因物質を体外に追い出すのに、役立ちます。


炎症体質を変えるなら、鍼灸はかならず併用した方がいいのです。




栄養療法については、こちらを参考にしました↓↓↓


参考資料:「マンガでわかるココロの不調回復食べてうつぬけ」奥平智之 著



【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 



当院の公式LINEで一年中、栄養療法の話をしています。


まずは公式LINEにご登録ください。






#大阪 #鍼灸院 #玉造 #大阪メトロ玉造駅徒歩2分 #鍼灸師 #鍼灸 #はりきゅう和 #ルート治療 #みやこ式標準治療 #枯孔症 #シビレ #神経痛  #栄養療法 #メガビタミン療法 #頭痛 #慢性痛 #首肩コリ #コロナ対策


 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com