「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

怖い腰痛~腎ガン~

65歳のAさん(男性):「半年前から腰痛なんです。なんとかしたくて、こちらに入会したんですけど、治りますかねぇ…。じっとしても痛みがあるし、いつも同じ場所が痛くて。ああ、でも、この動きをしたら痛いとかではないんですよ」


腰痛、原因は不明…ということもありますが、原因不明の腰痛より、問題は怖い腰痛ですよね。


クライアントが腎ガンだったという、元パーソナルトレーナーTさんのエピソードをご紹介しましょう。




スポーツクラブに入会しに来たAさんから、動機を聞き出したトレーナーのTさん。


「ああ、それは筋・筋膜性腰痛といいましてね…」と説明しました。


「筋膜の癒着で、筋膜って知ってます?筋肉の繊維を包んでいる薄い膜で、その膜が癒着することで痛みを感じることを、筋・筋膜性腰痛と申しまして…」




Tさんは、何を間違ったのでしょうか。


Aさんは、特定の動きで痛みが出ることはない。ずっと痛い。同じ場所が痛い。という、ご自身の腰痛の特長を話してくれていますが、それと筋・筋膜性腰痛は、一致しないんですね。




何もしていなくても痛いことを、「安静時痛」といいます。


#安静時痛



これは危険なサインで、


  • 骨折の場合

  • 脊椎神経の問題

  • 内臓に原因がある場合


と、どれもこれも、怖いものばかりです。




内臓の痛みだからと言って、危険なものとは限らないので、いきなりノイローゼにはならないでいただきたいのですが、腰…お尻ではなく、腰の痛みは、腎臓の可能性があります。




腎臓に原因があるとして、


  • 腎不全

  • 尿管結石

  • 腎盂腎炎


なんてものがありますが、


  • 腎不全…尿が出ないという問題


  • 尿管結石…「救急車っっ!!」というくらいの激痛で、居ても立っても居られない


  • 腎盂陣営…尿路に菌の感染が起こっているってことですが、腎臓の手前には膀胱があります。膀胱に先に症状が出るかも。いきなり腎炎は珍しい… #尿路感染症


膀胱炎になった場合、排尿時痛が出たり、残尿感があったりします。




ガンは早期発見が大事です。


スポーツするより、一日も早く病院で検査を受けることが必要。


もし違ったら、それはラッキーと思うことにして、腰痛で不安を感じたら病院で検査です。


腎臓の問題ではないことがハッキリしてから、スポーツで筋力を鍛えても遅くはありません。


そして、当然ですが、ジムは、治療するための場所じゃありません。


筋・筋膜性腰痛だとしたら、行くべきは、鍼灸院…ですよ!




筋肉に癒着があれば、運動しても効率が悪いです。


先に治療してから、スポーツはその次です。





★ご予約、お問い合わせはこちら★



RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com