「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

足がつる人

足がつる人は、同時に、まぶたがピクピクしやすい人でもあります。


寝ているとき、繰り返し足がつる人はいませんか?


とくにそうなるのは、夏場では?



マグネシウム不足


夏場多いのではないか?というのは、夏場は汗をかきます。


汗の原料は血液。


血液といえば血・・・鉄と連想されるかもしれませんが、鉄ばかりではなく、複数のミネラルが含まれます。




日本の水は軟水ですが、日本は雨の多い土地。


雨が降ると、大地の表面の土ごと、ミネラルが流出してしまう土地でもあります。


日本の農作物は、もともとミネラル分が乏しく、まぁ、それで水も軟水なのですが、その代わり!


ミネラルは川から海に流れて、海の周辺に育つ、海苔、わかめ、ひじき、昆布といった海藻類に、ミネラルがたっぷり含まれます!



マグネシウム不足は、食の欧米化で、私たちが以前ほど、藻類をとらなくなった結果ともいえます。


昆布などを消化できるのは、日本人をはじめ、少数派だそうです。


ミネラル不足を補うためには、本当は藻類を摂った方がいい。


ただ!


海も結構、工業汚染されてますし・・・


私としては、海藻類を摂ってくださいとは、少々言いにくいのです。




で、結局サプリメントにいきつく。




足がつる人。

マグネシウムのサプリメントを摂るようにしてください。



藤川先生のおすすめが、安価なクエン酸マグネシウムまたは、おなかがゆるくなりにくいグリシン酸マグネシウムです。


マグネシウムは経皮吸収がいいらしく、わたしは、「にがり」を風呂上りに身体に塗っています。


それはそれとして、藤川先生によると、マグネシウムは一日400~800㎎必要だそうです。


お腹がゆるくなる直前まで・・・というのが、男性の場合と女性の場合で少し違うみたい。


自分のお腹と相談しながら、でもなるべくしっかり摂ってほしい栄養素、マグネシウム。






実は、「若さ」や「痛み」とも関係が深く、マグネシウムについては、まだまだ色々お伝えしたいことがあるのですが、今回は「足がつる」ことについてだけ。




(参考)

https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12755481645.html (精神科医こてつ名誉院長のブログより)






当サイトで、栄養の勉強をしてください。


当院公式LINEからも、さまざまな情報をお伝えしています。


LINEを登録してくださいね!




参考資料:「マンガでわかるココロの不調回復食べてうつぬけ」奥平智之 著



【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 



#大阪 #鍼灸院 #玉造 #大阪メトロ玉造駅徒歩2分 #鍼灸師 #鍼灸 #はりきゅう和 #ルート治療 #みやこ式標準治療 #枯孔症 #シビレ #神経痛  #栄養療法 #メガビタミン療法 #頭痛 #慢性痛 #首肩コリ #コロナ対策


 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com