「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

肩や腰が痛い人。マグネシウムとにがりを。

藤川徳美先生のFacebook記事(私は藤川先生の著書を栄養療法の教科書として使っています)に、石灰沈着性腱板炎の「栄養療法」的な治療法は、


1)カルシウム過多の牛乳を飲むのを止める。

2)マグネシウム単剤のサプリメントを摂る。

3)塩化マグネシウム入浴+にがり塗布


ということで、ご紹介します。



石灰沈着性腱板炎の話なので、この病気だけ、肩痛だけ、マグネシウムを摂ればいいと誤解される方がいるかもしれません。


でもそうではありません。


石灰が沈着するのは、肩に限った話ではありません。


私は鍼灸師として日々、腰痛の患者さんを治療していますが、


  • 脊柱管狭窄症

  • 腰椎すべり症

  • 腰椎ヘルニア


など、腰の痛みを訴える患者さんの腰に、びっちりと石灰(らしきもの)が沈着していて、それを目で見ることはできませんが、鍼先で確認しています。


もっというと、


  • 首肩コリ

  • 繰り返す寝違い

  • 手足のしびれ


などなど、鍼灸で出会う様々な疾患、しびれや痛みの症状を起こしている患部、もっと狭めて言うと、「骨」の表面に、石灰らしきものが沈着しています。


難治性のシビレは、とくにその傾向がハッキリしています。




当院にご来院の患者さんには、治療させていただくことができますが、遠方の方はなかなか来院が難しいと思います。



1)カルシウム過多の牛乳を飲むのを止める。

2)マグネシウム単剤のサプリメントを摂る。

3)塩化マグネシウム入浴+にがり塗布


であれば、自宅でもできることです。


ぜひ、やってみてください。



私もまだ、マグネシウムは摂ってないので・・・早速試してみます。


患者さんにもおすすめせねば、です。



 

★ご予約、お問い合わせはこちら★


RECOMMEND


 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

 

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

 

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com