「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

安易に痛みを消さない。安易に痛みを否定しない。

「痛い鍼は嫌です!」


という方に、合わせて、痛くない鍼や刺さない鍼が生まれました。




「鍼治療のとき、麻酔を打ってほしい」


という方もおられます。


当院の治療、痛いですからね。




しかし、お言葉に背きますが、


痛いことが、治療のためには大事なのです。




私はよく古傷の話をします。


頭痛のたびに痛み止めを飲む方がいます。




免疫系(白血球や赤血球など)は、


痛みを目安に、痛い場所に急行して


その場を治療します。


白血球などが、悪いところを食べ、


赤血球が栄養と酸素を送り込むから、


細胞分裂が進み、


傷が修復される。




でも、痛みという目印が消えたら、彼らは


どこに行けばいいか、わからなくなる。




そうでなくとも、身体には、毎日ガン細胞が新たに作られているそうです。


細胞のコピーミスですね。


彼らの仕事は、いつだって山積みなのです。


痛みがあるところを、「緊急」だと思って、優先してくれているのです。




痛みを消したら、それがどうなるか、


火を見るより明らかでしょう?




傷は、そこに残されます。




これが、「古傷」と言われものです。


脳に、大量の古傷があるなんて、想像するだけに怖いでしょう?


これで認知症にならないはずがありません。





痛みは安易に消してはいけないのです。




通常、痛み止めは、家に常備しておくものでは「ありません」


めったに使うものではないから、消費期限が切れるからです。


家に常備しているという人は、ご自身の健康問題を先送り、先送りする人。




「生理だから」「頭痛持ちだから」


違います。


痛み止めを常用したことで、問題が、こじれているのです。




病院が有効な対処法を、提示できていないことも問題ですが、鍼灸院は、こじれた健康上の問題を解決するためにあります。




治療に根気もいります。

治療に痛みもあります。

何より、本人の努力が必要です。


痛み止め以上に、楽でイージーな解決法は、サービスできませんが、痛くても根治する手段を持っているのが、鍼灸です。


痛みを安易に避ける治療ではありませんが、不当な痛みもありません。




本当に恐ろしいのは、「痛みを感じない」部位なのです。


どれだけこじれているのか、わかりません。


不発弾のように、いつか破裂する日が来ます。


大病という形で。




それを軽く、早く出すことも、鍼灸の仕事の一部です。


安易に痛みを否定しないでください。


安易に避けようとしないでください。



(とはいっても、痛すぎる!ってときは、ちゃんと手を止めますよ!小分けにすればいいんですから!)







★ご予約、お問い合わせはこちら★

★この記事がお気に召したら


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com