top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

治療中にお腹が鳴ること万々歳!


うちの治療院に実際に来たことがある方は、一回くらいは経験されたかもしれません。


治療中にお腹がすごく鳴りまくることがあります。


私は鍼灸のいろんな勉強会にも参加しますし、自分自身も治療を受けに行くことも多いですが、他所で自分の院ほど、患者さんのお腹が鳴るのを聞いたことはありません。


病院に行っても、患者さんのお腹がグーグー鳴るのを聞いたことはないです。


(整骨院はあんまり行ったことがないのでよく知りません。半年ほどバイトしてたことはあるんですが、その時も鳴っているのを聞いたことはない気がします)




「寝転んだら鳴る」「仰向けになったから鳴る」

といわれることもあるんですが、だとしたら、歯医者に行っても、病院に行っても鳴らなきゃおかしいです。


毎晩寝てるはずですから、寝るときも一回くらい鳴るはずです。




そういうのと、比較にならないほど、当院では患者さんのお腹が鳴るんです。




もちろん、お腹が鳴ることには生理学的な解釈ができます。


知ってる人は知っている通り、副交感神経がオンになったら、消化が進み、胃腸が動き、それでお腹が鳴るわけです。




私は薬の勉強をちょっとだけしてたことがあるんですが、その時、講師の人からこう習いました。


「薬にはすべて、交感神経をオンにする作用があります」




これは、非常に奇妙な話で、



(誰でも知ってることですが)


副交感神経は、寝るとき、食べ物を消化するとき、休息するとき、身体を治す時のモード。


交感神経は、ファイティング…戦うとき又は、命からがら逃げるようなとき。緊張、仕事中のモード。





ですから、交感神経がオンになれば、治るものも治らなくなるはずなんです。


なのに、薬はどれもすべて、交感神経をオンにする。


だとしたら、薬を飲んだら、治るはずのものが治らなくなるじゃないか!



だから、聞いたとき、随分変な話だと思いました。


納得できない気持ちでもありました。


ただ、例外の薬が一個だけあって、それが、葛根湯なのだそうです。これだけは、副交感神経をオンにする薬だそうです。




皆さん、自律神経失調症という病気で死んだ人はいないということを知っているので、副交感神経とか交感神経を少し軽く見ているところがある気がします。


交感神経がオンになりっぱなし、オフ(=副交感神経がオンということ)になりっぱなしというのは、本人にとって大変シンドイであろうことは分かるけど、「まぁ、死ぬような病気じゃない」と考えるのは分かります。


でも、実際倒れて病院に入ることもままある不調でもあります。




これは私の友人のY先生から聞いた話ですが、Y先生の友人で、細くてきれいな女性なのにでっかいお弁当を毎食2つも食べる人がいたそうです。


食べても食べても太らない。


忙しく、仕事も充実している、と。


でもある日病院に救急搬送された。


栄養失調で。


あれだけ食べてた弁当が、まったく吸収されてなかったのです。




消化は?副交感神経がオンのときだけ進むんです。


ということは、その女性、常に交感神経がオンだったわけです。


仕事仕事でずっと気が立っていたはずです。夜も十分寝れていなかったかもしれません。寝たつもりで眠れてなかった可能性もあります。異様に短時間睡眠だったかもしれません。


でも気力があるから、頑張れてしまってた。


食べ物を食べても消化できないって、大変なことですよ?




副交感神経がオンにならないってことは、怖いことです(オンになりっぱなしも怖いですが)


身体の中には毎日スス(老廃物)がたまります。生きてれば必ず。


副交感神経がオンにならないってのは、その老廃物が溜まる一方で排出されないってことでもあります。


また、細胞は日々傷つき老化しています。副交感神経がオンにならないってことは、老化した細胞も代謝されないわけです。




逆に、鍼の施術中、その副交感神経がオンになるってことが、どれだけすごいことか。


当院の鍼、ふつーに痛いわけです。


鍼だから、患者さん、身構えて、緊張しもします。


にもかかわらず、副交感神経がオンになる。


これが凄いことなんだと、ちょっとだけ分かっていただけると嬉しいです。





当院の鍼灸と栄養療法(メガビタミン療法)は、きっとあなたにとって、健康づくりの一番の味方になれると思います。


大阪市中央区玉造の鍼灸院、はりきゅう和-nagomi-、土日も鍼療、木金は夜八時まで開けて、皆様の健康づくりのお役に立とうと準備しております。


ぜひ、ご活用ください。







【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com


Comments


bottom of page