「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

paypay手数料、さてどうしよか?

自営業者になって、5年を過ぎ、

公務員としての「勤め人」人生と、一番大きく変わった点。


「色んなこと、これまでは、"なんとなく”でやってきたけど、ひとつひとつのこと、しっかり考えよう」と思うようになったこと。


paypay手数料
paypay手数料

どんなことにも、「理由」がいる。


いる、というか、考えなあかん。気分で行動したらあかん。


何かやって、その良しあしを判断するのが、全部自分


だからこそ、根拠がいる。


じゃないと、すぐ迷いが出てフラフラするから。


一貫性も大事だし、間違ってたら、サッと変えることも同じくらい大事。




はじめてやることは、「事前に」それが正しいか、間違ってるのかなんて、分からないことが多いから、だから、しっかり考えて、考えたことは、忘れないように記録を残すことも大事。


失敗した時、自分で、自分にその理由を説明しなきゃいけない。


(誰も責めたり、叱ったりしてくれる人はいないから)


何より、間違ったとき、「どう修正するか?」


これ、一番、一番、大事。


人は間違うことは避けられない。




たとえば、迷路をイメージして。


迷路には、何度も分岐点があるけど、1つ前の分岐点で間違ったのか?それとも2つ前なのか?それってめちゃくちゃ大きな違い。


2つ前で間違ってるのに、1つ前だと決めつけたら、どれだけ複雑になるやら!


だから、どんな選択肢がでてきても、「てきとー」にはしない。


てきとーに、判断したときは、「てきとー」だというマー、、


「これは仮の判断」と、「仮」マークをつけておく。



昔のメガテンの分岐点ってこんなだよね
昔のメガテンの分岐点ってこんなだよね


そんなこんなで、今悩んでいるのが、paypayです。


というか、キャッシュレス決済というものを、私はどう考えるのか?です。


正直、最初は、患者さんにとっても、自分にとっても、使い勝手の点で、paypay、d払い、などのキャッシュレス決済、良いもんだと思ってました。


使い勝手の点では、今も、これから先々も、悪くなることはないだろうとも思います。




ただ、私は、世の中のキャッシュレス化という流れを、どう捉えるべきなのか、判断を棚上げしてたんです。


ようは、「仮」マークをつけていた。




ちょっと違う話になるんですが、私、ここ一週間ほどで、色々登録していたポータルサイトを、全廃しようとしているんですね。


エキテン、しんきゅうコンパス、健康にハリ…と3つほど、自分で登録した奴があったんです。最初に登録したときは、「世間の常識」だから「当たり前だから」と深く考えずに、慣例?に従った。




ところがですね、最近分かったことがありまして、


「はりきゅう和-nagomi-」とググってみると、私が丹精込めて作りこんでいる、このサイトが、出てこないんです。


患者さんに院のこと、鍼灸のこと、知ってほしくて、毎、、記事書いているのに。


代わりにエキテンが出てくる、リゼルバという予約サイトが出てくる…私が一番見てほしいページが探さないと出てこないんです。「はりきゅう和-nagomi-」で検索してんのに!




で、鍼灸の先輩のサイトをググってみました。もちろん院名で。


出るわ出るわ。ポータルサイトが山ほど。


で、その先輩も、ホームページ作ってるのに、そこが出てきたのが、2ページ目です(グーグル検索、パソコンで)




次に、「大阪 鍼灸院」でググってみました。どこが出てくるかな?と。


出てきたのは、「ま●鍼灸院」というところで、ポータルサイトは、求人サイトだけ。


そこは、見る人が見れば、すごく作りこんだサイトだとわかるんです。今のSEOの定石を抑えまくってる無敵のサイト。




そこで考えた。


そりゃね…ポータルサイトがあれば、色んな人に見つけてもらいやすくなるのかもしれません。幅広く見つけてもらうには、ポータルサイトが一番です。


でも、私のように、たくさんの患者さんを集客する必要はない、個人経営の鍼灸院では、本当に必要としている数人に見つけてもらえれば十分なのです。


だから…ポータルは…違うなぁ…




そこに気づけたのは、私が、ホームページってものをしっかり考えるようになってきたからで、それだけ「見る目」が備わってきてるから。じゃなかったら、ポータルが山ほど出てくることに、「ふーん」で終わってたと思います。


つまり、「なんとなく」はダメなんですよ。やばいんです。思考停止なんです。停滞どころか、マイナスなんです。それに本人が気づけてないだけ!(一番大事なこと!)




アメリカの玩具小売りのトイザらスが破綻したらしいのですが(ニュースとしては古いですけど)、その原因が、販売の点でAmazonに依存してしまっていたことだったそうです。そうと知らずに、自分とこのECサイトにお客を集める努力を怠ってしまった。




それで、ここから、paypay手数料の話に戻るんですけど、


自分とこのECサイト(eコマース、ネット商店)で集客、販売できていれば、トイザらスは手数料を、Amazonに払う必要なかったと思います。




小売業は、自分ところで製品作ってるわけじゃありません。手数料で稼ぐビジネスモデルですから、Amazonとメーカーが直接やり取りするようになってしまうと、トイザらスには、存在意義がなくなってしまうんです。


ようは、Amazonとトイザらスの間で、手数料をめぐって利害対立が生じてしまったのです。




私は、そこでギクリとしました。


別に私の仕事は手数料を求める仕事ではありません。


でも世の中は、手数料で稼ぐビジネスモデルが多い。


paypayなんかのキャッシュレス決済も、手数料ビジネスです。


システム化して、利ザヤを抜くというビジネスモデルが、一番「楽して儲かる」のです。




うちは、たとえばコンビニやカフェのように、数百円というではなく、


「高いから」キャッシュレスなので、それならクレジットカードのほうがい…というか、手数料で、QRコード決済と、クレジットカード決済とで大差ないのであれば、クレジットカードだけでいいのかもしれません。




何より、手数料ビジネスを応援したくない。


応援するなら、リアルに汗をかく仕事を応援したい。


私の仕事が、汗をかくリアルな仕事だから。




QR決済をやめるか、続けるか。


もうしばらく思案中。


決定打が打たれるまで。


(仮)マークです。





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com

最新記事

すべて表示