「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

母がプロテインを飲むようになってくれました。

今回帰省する前、母のところに、Amaz●nでプロテインを買って送っておいたのですが、実家で飲み方をレクチャーしたところ、「素直さをばあちゃんの腹の中に忘れてきたのかな?」というくらい、娘の言うことを聞かなかった母が、プロテインを飲むようになってくれました。


以下そのLINE。


昨日、あんまり栄養を摂り過ぎたのか、夜下痢をした。鉄茶は、あっという間に真っ黒になつて(まま)いたけど、それも飲んだ。プロテインがこたえたのか、鉄分が多すぎたのかわからないけど。今日も続けることにする。そうそう、しつこ(まま)をすると膀胱のあたりが痛かったのが今日は良くなっている。

娘、感涙です。



母がプロテインを飲むようになってくれました。
母がプロテインを飲むようになってくれました。
予言者、故郷に入れられず

という言葉があります。


イエス・キリストのような人だって、故郷には、イエスが鼻水垂れてる頃から知ってる人がゴロゴロいて、立派な大人になってから、正しいことを言ったとしても、


「なんだ、あの寝しょんべんたれが、いっちょ前のことを」


という態度で、言うことを聴いてもらえないのです。





医者あるある

これは、私たち、医療者にも言えることで、まぁ、身内ほど言うことなんか聞いてくれません。


医者として、どれだけ表でマトモなことを言っても、家では、運動もせず、寝転んでゴロゴロしてポテチ、むしゃあ。。。とやってることの現れです。


イエス・キリストは違うと思いますが←


私たちは、おおむね普通の人ですんで。




考え方を変えれば、身内がこっちの話を聞いてくれるようになったら、私も本当にいっちょ前になったと言えるでしょう。




今回、母が私の言うことを聞いて、プロテインを飲む気になってくれたのは、私が正月休み、三泊四日、実家で奴隷のよ…げふんげふん…一生懸命働いたからでしょう。


治療をし、

料理を作り

料理を作り

治療をして

治療をして、

治療をして、

7人前の手巻き寿司とハンバーグを作り

治療をして、治療をした。


その結果、母の信頼を得たのだと思います(えへん)


合間に茶碗洗いと買い出しが入ります。


マジえらいな、自分。





本気はさておき←


信用を得た理由はもう一つあると思います。


私が虚弱体質だったってことです。




もう笑っちゃうほど貧弱で、体力がなく、すぐ風邪をひく、しかも大食いでデブ。運動して身体を鍛えようにも、膝が腰がで運動できなかった私が、「実家で四日間動き続けてまだ、ピンピンしている!」


これが、母にとって何よりの証明だったと思うのです。


以前だったら、帰省の新幹線で疲れて、実家に到着した途端寝込んで、寝正月突入でしたから。




この「以前」って、ほんの3、4年前までの話です。


ついでに母ですが、先日買い物で13,000歩も歩いたそうですが、夜こそしんどかったものの、次の日普通に大丈夫だったそうです。(散歩に出て5m最初の角を曲がるところで、家に走って「うんこ」しに帰らなきゃいけないほど、運動不足の母です)


「これも栄養のおかげじゃないか」というんですが、いくらなんでもそれはない。プラシーボか。





74歳からでも始められる、栄養療法。


3、4年後の母が、健康になってくれたらいいなと思います。


#栄養療法

#70代から始める栄養

#3年後の健康のために

#プロテイン

#鉄茶

 

★ご予約、お問い合わせはこちら★


RECOMMEND


 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

 

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

 

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com