「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

脳内ホルモンの材料になる栄養素

私たちのメンタルの状態は、多かれ少なかれ、脳内ホルモンというものに左右されます。


その脳内ホルモンは、「わたしたちが食べたもの」でできています。


つまり、私たちの感情、幸福感、人生への満足度が、食べたものに影響されるということです。



当院の患者さんの、身体の「つまり」、流れの悪さ、コリ、疲労感、痛みやシビレの原因になるものは、私が鍼で取り除きます。


ですが、それだけで十分皆さんを健康にできるわけではありません。


東洋医学にも内科と外科があります。


鍼灸は外科です。


皆さんの身体に不足した栄養を補うことが、東洋医学的な「最高の薬」です。




神経伝達物質


「脳の中では、さまざまな神経伝達物質が脳細胞の間でメッセージを伝えあっています。神経伝達物質がちゃんと働いてくれるからこそ、私たちは考えたり、動いたり、心を落ち着かせたりできるのです」(「マンガでわかる食べてうつぬけ」より)


そんな大事な、脳内ホルモンをつくるための材料。


それは、


「タンパク質」(タンパク質を分解してできるアミノ酸)

「ビタミンB群」

「ビタミンC」

「マグネシウム」



当院の栄養療法の記事には、何度もタンパク質、プロテイン、アミノ酸…と繰り返し出てきますが、それだけ「使いまわされる」大事なものだってことです。



体質改善がなかなかうまくいかないとき、


「そりゃ、すぐ結果が出るものではないと分かってますが…」と苦しくなっているとき、


脳内ホルモンの材料が足りてないかもしれません。




脳は、一番大事にされています。


優先的に、栄養が回されるはずの脳。


あなたがイライラしたり、不安になったりするとしたら、栄養が全然足りてない可能性が高いです。


脳内ホルモンの材料になる栄養素を、優先的に摂るようにしてください。





脳内ホルモンの材料になる栄養素


まずは、「基本素材」であるタンパク質(アミノ酸)は大量に、しっかり摂ってください。


「ハッピーホルモン」セロトニンには、アミノ酸に加えて、ナイアシン・葉酸・鉄・ビタミンB6が必要です。


「おやすみホルモン」メラトニンには、セロトニンに必要な材料に加え、マグネシウムが必要。


つまり、睡眠が今一つの人は、マグネシウムを摂れば良いのです。




ドーパミンを作るには、アミノ酸に加え、ナイアシン・葉酸・鉄・ビタミンB6が必要です。あれ・・・セロトニンと同じですね?


アミノ酸、20種類もありますからね。


「やる気ホルモン」ノルアドレナリンは、ドーパミンにビタミンCが加わったものです。


ビタミンCを摂ると、やる気は出やすくなる、と考えられます。




グルタミン酸を作るには、アミノ酸にナイアシンが加わる必要があります。


記憶力が低下している人は、グルタミン酸は摂った方がいいでしょう。


イライラする人は、GABAでリラックスする必要があります。


GABAは、グルタミン酸に、ビタミンB6が加わったものです。




まとめ


優先的に作られるはずの、脳内ホルモンが乏しくなっているとしたら、あなたにはまずタンパク質が足りていません。


プロテインを摂ってください。


そして、ナイアシン、葉酸、ビタミンB6、鉄、マグネシウム、ビタミンC。


私は一度、向精神薬で、倒れたことがあります。


一瞬「再起不能」かなというような倒れ方をして、倒れたまま吐きました。


そういう経験をしているので、皆さんには、向精神薬をいきなり飲み始める前に、栄養を振り返ってほしいのです。





参考資料:「マンガでわかるココロの不調回復食べてうつぬけ」奥平智之 著



【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 



当院の公式LINEで一年中、栄養療法の話をしています。


まずは公式LINEにご登録ください。






#大阪 #鍼灸院 #玉造 #大阪メトロ玉造駅徒歩2分 #鍼灸師 #鍼灸 #はりきゅう和 #ルート治療 #みやこ式標準治療 #枯孔症 #シビレ #神経痛  #栄養療法 #メガビタミン療法 #頭痛 #慢性痛 #首肩コリ #コロナ対策


 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com