「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

冬場の痛みは、夏に比べて「鋭い」

冬場の痛みの方が、夏にくらべて「鋭い」痛さがあります。


鍼の話というだけでなく、たとえば、あなたが慢性の生理痛持ち、頭痛持ちだとしたら、その痛みが、夏より冬の方が辛いはずです。


東洋医学では、そう言った痛みの原因を、「瘀血」としています。



瘀血というのは、血が汚れているという意味です。


もちろん、血は、老廃物や二酸化炭素を運びます。


当然ながら、夏にくらべれば、冬は血の循環もとどこおりがち。


その証拠に、凍傷という病気もありますし、凍傷の軽い版「しもやけ」も多いです。




様々な病気が悪化するのも、冬の間。


冬の間、受け身で、ただ「我慢する」ことばかりで、治療しないでいると、春にぽこんとお亡くなりになったり、重症化したりします。


全ての病気の原因は、血行不良。


血行不良を起こした血液が、瘀血なのです。


この瘀血は、血が少なくなる(血の質が悪くなる、血が薄くなる)虚血とは痛み方が異なります。




虚血が重だるさを伴う痛さだとしたら、瘀血の痛みは鋭く、刺すような痛さ、刺痛(しつう)といいます。


瘀血の痛みは、耐えて良いこと等一つもありません。


こじれるだけだからです。




瘀血を直接追い出せる治療法は、外科手術以外では、鍼灸だけです。


漢方薬にも、駆瘀血の薬はありますが、劇薬とされるものばかりで、副作用がきついのです。


私は、桃核承気湯で、足がパンパンにむくんだことがあります。




最初、何故むくんでいるのかわからなくて、途方にくれました。鍼灸学校在学中の話。




薬を使わない鍼灸、最大のメリットは、「副作用がないこと」です。


辛い痛みは放置せず、鍼灸専門の治療院へ。



#冬の痛み

#春の大病

#季節をまたぐとこじれる

#冬の痛みは鋭くなりがち

#瘀血

#血行不良

#桃核承気湯の副作用





【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 



当院の公式LINEで一年中、栄養療法の話をしています。


まずは公式LINEにご登録ください。






#大阪 #鍼灸院 #玉造 #大阪メトロ玉造駅徒歩2分 #鍼灸師 #鍼灸 #はりきゅう和 #ルート治療 #みやこ式標準治療 #枯孔症 #シビレ #神経痛  #栄養療法 #メガビタミン療法 #頭痛 #慢性痛 #首肩コリ #コロナ対策


 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com