「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

シンスプリントの鍼治療

スネの骨の、骨膜に起こった炎症。


それがシンスプリントです。


原因は、使い過ぎが多いです。


運動している方、部活をやってる学生さんやアスリートの方。


これ、「根性で治せ!」と言って治るものでは…ありません。


できれば、そうなる前の、「ちょっと使い過ぎてるな」くらいの頃にケアできれば、怪我で運動を休むことなく治すことができるんですが、皆さん、なぜか、なるまで放置して、なってから来るんですよ、治療院に。


病院では「休め」って言われるから、って。


1)なぜ、人は、シンスプリントになるまで、対処できないのか?

2)シンスプリントになったら、どう対処するのか?


個人的には、特に1)が気になる…


事前の対処法、ありますよ?

なってからやるより、ずっと痛くないです。




1)なぜ、人は、シンスプリントになるまで、対処できないのか?


骨と筋肉の関係から話をはじめましょう。


骨と骨をジョイントする、関節というものがあります。


筋肉の役割は、その関節をテコに、骨を引っ張ることです。




一部例外はありますが、筋肉は、かならず、骨にくっついています。


つまり腫れているのは、骨に筋肉がよくくっついているところです。


手足には、そんな場所がスネだけでなく、いっぱいありますが、中でもスネは、骨膜が腫れるほど、運動が盛んな場所なのです。


腫れる…炎症が起こると、まず熱が生じます。その熱が体の素材であるタンパク質を溶かします。そして癒着が生じます。


ズボンのすそをまくって、スネを出してみてください。




スネの骨を触ることはできますか?


スネの骨の外にある、添え木のような骨はどうでしょうか?


スネの骨を脛骨(けいこつ)といいます。


添え木の骨を、腓骨(ひこつ)といいます。


この脛骨と腓骨の間に、指が入らない人が少なくありません。



モデルさんと言えば、脚も細くて美しいものと決まっていますが、ところがよく見てください。



この脚の、脛骨と腓骨の間には、筋肉のラインがほとんどありません。


これが、シンスプリントを起こしやすい脚です。


激しい運動をしなくても、脚はそもそも普段から立つ、歩く、走るで使っています。


ですから、ほとんどの人は、ケアをしていなかったら、多少スネの筋肉に癒着はあるのです。


骨膜が腫れるレベルになるのは、激しい運動をして、熱が生じてからですが、それ以前に、もう土台、シンスプリントになる準備はできている。


あなたは大丈夫でしょうか?


スネの骨にそって、指を押し付けたら、入りますか?


入りにくくなっているなら、それはシンスプリントにならなくても、将来の「ひざ痛」の兆しかもしれません。




人が、シンスプリントになるまで対処できない理由の1つは、自分のスネの状態を把握できていないからです。


もう一つの理由は、スネの筋肉の状態が、万全とは言えない…ちょっとだけ、癒着があるとして、「じゃあ、どうするか?」の答えを知らないからです。


その答えが、鍼灸です。


筋肉よりさらに下の骨膜の話です。


その骨膜レベルに直接タッチできるのは、鍼灸だということが分かっていないと、対処しようがありません。


手段があることを知らないと、対処しようと頑張ることもできないでしょう。




1.すでに結構な癒着があるのかどうか確かめる…鍼灸

2.癒着があったらとる…鍼灸

3.癒着が軽いなら、自分でできるケアをする


このうち3は、自宅で出来ます。


その方法としては、カッサがお勧めです。


マッサージももちろん良いです。





2)シンスプリントになったら、どう対処するのか?


ケア方法を知らず、いつの間にやらシンスプリントになってしまった場合。


その対処法は鍼灸です。




マッサージなど、皮膚の上からのアプローチ法をいくらやっても、深部には届きません。


また、逆に手術という手段もあります。


当然皮膚の下、骨膜まで届きますが、手術のために、スポーツを休まなくてはならなくなります。下手したら、単に安静にする方がマシです。




だからこそ、鍼灸。


簡易手術としての鍼灸の出番なのです。


直接患部の癒着をとり、骨膜にアタックできます。




痛くないとは言いませんが、手術よりはよっぽど軽く、またただ痛みを我慢するより1000倍、我慢の時間は短くなります。


たった1時間我慢すればいいだけです。




あとは、しっかり栄養を補給していただくこと。


一週間程度は、食事を「有意識」で食べてください。


赤身のお肉がいいでしょう。


それから、老廃物を流すために、海藻類も。


そして、その日はいつもより1時間から2時間、早くお布団に入って寝てください。


めっちゃ治るけど、「今から遊びに行ってきます!」はNG。


血行を促すために、術後、ちょっと特別な歩き方をしてもらいますが、それも歩くだけです。家に帰るまでの話です。


シンスプリントそのものの痛みの方が、鍼治療の痛さより、ずっとしつこく、辛い痛さのはずです。


サヨナラしましょう。




大事なことを一つ忘れていました。


シンスプリントは、スネの前側だけでなく、後ろ側、ふくらはぎ側に起こることもあります。治療法は同じです。


病院に行って、「シンスプリントですね~」といわれたら(言われなくてもいいですが)、治療は鍼灸院で。


「痛み止めで我慢する」は、何ら解決にはなりません。


炎症は時間の経過で治まりますが、癒着は勝手には消えません。


年を取ってから、脚が不自由になって困らないように、脚は大事です。


ケアを怠りなきよう。





#シンスプリント

#シンスプリントの鍼灸治療

#略してシンスプ





★ご予約、お問い合わせはこちら★

LINEは、最も頻繁に新着情報が届きます。


RECOMMEND



PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com