「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

院の前で、患者さんに縄跳びさせる鍼灸院

身体を建物に例えたら、外から見える、触れるところって、「外壁塗装」です。


家にとって大事なのは、壁を何色で塗るかじゃなく、基礎、土台。


建物が建った後は、外から見えなくなる部分。


家でも、健康でも、そういう目に見えない部分が大事なんです。


中でも、わたしたち、医療者側から見えにくいのが、治療院の外での患者さんの生活。


治療しても、治療しても、効果がない…「なんでだろう?」と思ったら、患者さんの食生活に問題があった!


って話は多いもんなんですよ。



院の前で、患者さんに縄跳びさせる鍼灸院
院の前で、患者さんに縄跳びさせる鍼灸院

当院のメインの商品は、「体質改善」


そう定めたのはまだまだ最近で、


「わたしの母のような働く女性が、健康で、キャリアを全うできるように」健康維持のための鍼灸院をしたい、というのは元から頭にあったんですが、これまでなかなか一つの言葉に結晶しなかった。


それがやっと最近、「体質改善」ってことなんだろーなーと。




このブログをお読みの方は、耳タコだと思いますが、


治療は、治療だけじゃ、完璧じゃないんですよ。


治療の前に、ベースがいる。


そのベース(土台)ってのは、運動、睡眠、栄養。ベースによってつくられる、身体の基礎。




ベースがあるからこそ、治療ってのが成立するんです。


ベースがなかったら、たとえば、抗がん剤治療でも、白血球数が少なすぎたら、治療中止です。




今、栄養療法を学んで思うことは、家の手料理のことです。


母は、素材なんかは、ちゃんとしたものにこだわる人でした。


醤油は祖母の代から、決まったところにお願いしていましたし、そもそも父方は農村、母方は漁師町で、食材は良いものを食べていたはずなのです。


それでも知らず知らずのうちに、家族の健康は蝕まれていました。




睡眠は、皆良く寝る方だから問題なし、として。


おそらく、運動なんです。


「田舎あるある」で、自動車がないと生活できない場所だから、とくに母は、ほとんど歩かなかったので。




ベースである運動、睡眠、栄養。


治療が、これら土台の代わりにならないように、睡眠は栄養の代わりにならないし、栄養は運動の代わりにはなりません。


どれも、「替えが効かない」




私は運動音痴なので、患者さんに運動指導する資格もないですし、教えられもしません。


そんな中でも、患者さんに健康になっていただくためには、運動をお勧めしなくてはならないと思っています。


ただ、人からうるさく言われて、運動する気になったとしても、それって一時のことだと思うんです。




当院に来られたばかりの患者さんには、運動させたりしません。勧めもしません。


まずは身体をある程度立て直さないと、運動しようという気持ちに、なれないからです。


治療が進み、身体が治って、患者さんが、「そろそろ運動でもしよっかな~」と思うようになってきた頃、


「なわとびしてみませんか?」


とお声をおかけすることにしています。




そして、実際になわとびしてみることで、私が口を酸っぱくして何か言うより、多くのことを患者さん自ら発見して、「運動しよう」という静かな決意に繋がります。


人には、治ろうとする本能、良くありたいと思う本能があります。


なわとびは、きっかけです。




 

★ご予約、お問い合わせはこちら★


RECOMMEND


 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

【無料メルマガのお申込み】

●希望される方は、ホームページのトップページまたは、メールからお申し込みください。

●解除を希望される方は、解除希望のメールアドレスをお知らせください。

●メルマガには、ほかには書かない記事を載せています。

 

記事がお気に召したら、お友達にシェアお願いします♪

https://www.89nagomi.jp Twitter Facebook

LINE


玉造近辺のグルメ情報はこちら

Instagram

 

発行者 はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com