top of page

「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

栄養について正しい努力の量×質

結果というのは、努力の「質×量」


世にコンサルという仕事が成立するのは、努力の量と質の、正しい、正しくないというのが、判断できるかどうかという、その一点に、強烈なニーズがあるから、ではないでしょうか?


知りたいですよね。自分が的外れな努力してないかどうか。

健康という分野では、自分が正しい努力をしているかどうかという、

たった一点について、


質の点でも、量の点でも、判断する材料を、誰もが持っているわけでは

ないということ、




大抵の人が、自己判断で、「私は仕事で立っている時間が長いから、運動は十分だ」とか、「私はお酒を飲まないので、カロリーオーバーはそんなに気にしなくてよい」と、実に大雑把に考えています。



誰も、病気になろうとしてなる人はいません。

誰もが「それなりに」健康には気を使っているつもりです。


生兵法はケガの元というのは、健康の分野でも同じなのです。




たとえば、私の患者さんのほとんどは、当院にいらっしゃるまで、プロテインを飲んでいる人はほとんどいません。


プロテインを飲んでいたとしても、それほどシリアスじゃないので、「プロテインでどれくらいのタンパク質を摂っていますか?」と量について尋ねると、とてもあやふやな答えが返ってきます。


「ビタミン摂ってます」という方も、よく聞いてみると、「マルチビタミン・ミネラルというサプリで、何が入っているか、量はどれくらいかというのは分からない」という方が「普通」です。





「一日にどれくらいのタンパク質が必要か、ご存じですか?」と伺っても、知らない方が多いです。


栄養素はたくさんあるのに、タンパク質一つとっても、十分に知っていることは稀です。




私も、同じでした。

栄養学は、鍼灸学校のカリキュラムにありましたが、一日にタンパク質がどれくらい必要か、鍼灸師の国家試験を受験した段階で、私は知りませんでした。


プロでもそんなものなのです。




実はお医者さんも、医学部のカリキュラムに、栄養学がなかったり、必須単位ではなかったりするそうです。


体調が思わしくなかったら、まずはちゃんと栄養が摂れているか調べることは、お医者さんの仕事では「ない」ことになっているのです。


人間ドッグに行っても、ちゃんと一日の必要量の栄養が摂れているか、確認されたことはないのでは?


病気の原因が、ただの栄養不足だったとしても、誰も気づかないのです。




昔、脚気やペラグラなど、栄養不足によって、何十万人もの死者が出ていたのに、そのことに対する反省は活かされているとは言えません。


欧米では、小麦にナイアシンと鉄は「添加物」として入っているのが「当然」だそうです。

あなたは、鉄分、ナイアシン、摂れていますか?


ナイアシンは、不足するとペラグラという病気を引き起こし、トウモロコシを主食とする地域では、ペラグラのために数十万もの人が亡くなりました。


鉄は、鉄不足が、最初アメリカで社会問題化し、それから小麦に添加するするようになったそうです。ヨーロッパも追随しました。


ご存じでしたか?




厚労省は、日本人の大多数がタンパク質不足だと言っていますが、あなたはタンパク質をしっかり摂れていますか?


あなたのちょっとした不調。

冷え性とか、足がつるとかが、栄養不足だということをご存じでしたか?


栄養について、今からでも学んでみませんか?


当院の公式LINEでは、一年中、栄養の話をしています。


まずは公式LINEにご登録ください。







【大阪市玉造】で肩こりや酷い痛みにお悩みの方にオススメなのが鍼灸院はりきゅう和-nagomi-。他の鍼灸院とは異なりツボを使わない治療を行います。女性鍼灸師ですから、初めて鍼灸院を利用される方でも安心です。



 




 

★ ご予約、お問い合わせはこちら ★

栄養療法について、毎日記事を書いています。通知が多すぎるかもしれませんので、調整してください。ご予約や、質問、記事への感想も当院公式LINEにて承らせていただきます。


お目をとめていただき、ありがとうございました。

 

PROFILE

山崎 美穂 やまさきみほ

鍼灸師(国家資格 はり師+きゅう師)


大阪の女性鍼灸師


子どもの頃、仕事と主婦業で忙しい母親を見て、「忙しくても通い続けられる治療院があったらな」と思ったのが、開院の動機です。


詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご予約はこちら>


 

はりきゅう和-nagomi- やまさき みほ 〒540-0004 大阪市中央区玉造2-16-18

メール 89nagomi@gmail.com


Comments


bottom of page