「そこ!」というコリを狙える 大阪の鍼灸院 

腕や手のトラブル

【目次】

何が体の酷使に当たるのか?

五労を知っておく

不自然な姿勢のキープが一番身体に悪い理由

手に特有な問題

筋肉の中を走る筋肉と血管

傷ついた神経や血管は大丈夫なの?

骨のキワの話

最後は血行


腕や手のトラブル
腕や手のトラブル


何が体の酷使に当たるのか?


腕は、とても立体的な形をしています。

背中側は肩甲骨、胸側は鎖骨まで含めて「腕」です。


バネ指や手の腱鞘炎など、手の疾患に苦しむ方が、どんどん増えています。


昔は「キーパンチャー病」なんていって、キーボードを打つ「専門職特有の病気」扱いでしたが、今どき仕事でパソコン作業をする人の方が多く、腱鞘炎、五十肩、バネ指などの手の疾患は国民病です。


またスマホも、同じく首肩から手を酷使します。スマホ首なんていう病名も出てきました。スマホ首については、こちらの記事をお読みください。



なぜパソコンや、スマホは、腕や手を傷めるのでしょう?


腕を傷めると言うと、酷使して傷めるというイメージがあると思いますが、酷使とは何でしょう?どういうことを酷使というのでしょうか?


#キーパンチャー病

#身体を酷使するとはどういうことか

#酷使すると何が起こるのか





五労を知っておく


運動で体を痛めるのと同じくらいかそれ以上に、同じ姿勢を長時間続けることが、身体を痛めつけます。


最近のスマートウォッチには、「長座注意」という機能があります。アップルウォッチのテレビコマーシャルでもやってましたね。髪の長い女性がオフィスで働いていて、突然椅子から立ち上がり、おいっちに、おいっちにとラジオ体操みたいな運動をする…という。


スマートウォッチのバイブレーション機能で、長座注意というアラームが出ます。あのCMでは「一時間座っていたので、10分運動しなさい」と、スマートウォッチから指示されたからなのです。




座り過ぎは身体にとても悪いのですが、東洋医学では、ずっとずっと昔から、そのことを指摘していました。


それが五労というものです。


久行(きゅうこう)・久視(きゅうし)・久坐(きゅうざ)・久臥(きゅうが)・久立(きゅうりつ)


と五つあります。




歩きすぎ、本の読みすぎ、座りすぎ、寝すぎ、立ちっぱなし


「五労」…東洋医学では、これらを避けなさいと言っています。




パソコン(スマホも)を使うとき、手をキーボードから微妙に浮かして、不自然な姿勢になります。また椅子の高さや硬さと、机の高さが合っていないと、これまた不自然な姿勢になります。


在宅ワークで、キッチンテーブルや、今のソファでパソコンを使っていた人は、何らかの不調で苦しんでいることが多いです。これまで腰痛を感じていなかった人が、急にギックリ腰を起こしたり。




いずれにしても同じ姿勢で長時間は、良い机・椅子を使っていたとしても、多少は無理になります。


スタンディングデスク(立った状態で使う机)と椅子を交互に利用するのもいいですし、居間とダイニングを行ったり来たりするのもいいですが、それすら、「同じ姿勢の継続」はNG。腰は傷めなくても、別のところを痛めます。


五労は、避けた方がいいのです。


あとやっぱりなるべく椅子机には、ちょっとばかり投資してくださいね。体に合ったものを使うだけで負担激減ですから。


#五労

#久行久視久坐久臥久立

#長座注意




不自然な姿勢のキープが一番身体に悪い理由


「何が身体を酷使することに当たるか」という話に戻りましょう。


それは、「癒着が進む」から良くないのです。




ゴムをイメージしてください。ゴム風船。緑とピンクの。

これを太陽光線が良く当たるところに放置したら、どうなりますかね?


数日後、見てみたら、緑とピンクのゴムが癒着して、剥がせなくなっていませんか?


癒着、溶けてくっつくことです。




これが私たちの身体の中で起こるのです。


私たちの身体の素材は、タンパク質です。


筋肉も、筋肉を包む膜も、血管や神経なんかの素材も、だいたいタンパク質。


そのタンパク質の特徴の一つが「熱変性」です。


同じ姿勢を続けている間にも、筋肉は仕事をしています。


楽々とできる姿勢は、力がそんなに入ってないように見えても、その実、筋肉は働いているのです。





たとえば「小さく前にならえ」の姿勢。


肩から腕をピンと伸ばす、「前にならえ」の姿勢より、ずっと楽で、頑張ってる意識はないですが、それは労働の多寡の差でしかありません。


歩くときは、ある筋肉は一瞬働いて、次の別の筋肉に仕事をバトンタッチして、一瞬ゆるみ、また働いて、休み、ということを繰り返しますが、


「前にならえ」でキープしている腕は、連続して小さな神経信号が、ピッピッピッピッと送られてきて、そのピッのたびに筋肉が収縮することで、同じ姿勢のキープが実現しています。


つまり、「歩く」というような「運動」以上に、動きのキープは、よっぽどしんどい運動なのです。




そして、筋肉が仕事をすれば、熱が生じます。


それが「癒着」を生む「熱源」なのです。


風船を太陽の熱が溶かしたように、筋肉は自分が生み出した熱で、溶かされ、癒着を生じている。


日々、そんな悪化(癒着)と治癒が、体に生じているのです。



#タンパク質の熱変性

#癒着の原因は筋肉が仕事をしているから

#不自然な姿勢のキープが一番身体に悪い




手に特有の問題


手は複雑な構造をしています。


一番表面が皮膚。その下に脂肪。異なる働きをする薄い筋肉がいく層も折り重なり、一番深部には骨があります。


それは手も、腕も同じですし、もちろん足も脚もそうなっています。


大体体のどこの部分を切り取っても、ケバブ肉のように、皮膚や、脂肪や、筋肉どうしが折り重なった構造は共通していますが、手は中でも細い筋肉が多く、複雑な機構です。




さらに、手は痛みに過敏です。なにより、「筋肉が薄い」それがウエハースとかミルフィーユのように折り重なっている…と言うのが問題なのです。


筋肉の薄さが問題で、薄いから、2枚上に重なっているゴム膜から熱で溶けたゴムが2枚下のゴム膜まで巻き込んで癒着する…と言うことが起こるのが腕や手なのです。


#筋肉の薄さが問題なのです

#溶けたゴムが周囲に影響





筋肉の中を走る神経と血管


薄い筋肉のミルフィーユ上の断層には、イチゴやブルーベリー…ではなく、血管や神経が通っています。


筋肉の癒着は、血管と神経も巻き込みます。


#ミルフィーユの中の血管や神経




中でも深部の骨に近いところにある筋肉。


皆さんに、痛い場所をお聞きするとき、「大体この辺が痛いんですが、ここ!と指でさすことができないんです。なんとなくこの辺一帯かな…というボヤっとした感じで…」


そういうお返事があったとき、


表面ではなく、深部の筋肉にトラブルが起こっていることを示しています。★★★★


#病変部の深さによって痛みの感じ方が違う




「ココが痛い」と言える場合は「浅く」、「この辺全体に…」と言う場合は、「患部が深い」…つまり「こじれている」ということです。




実のところ、根っこが同じ問題であっても、初期は表皮近いところが痛く、こじれてくると、ぼわっと重痛く、そして痛みは深部に達します。


別に表面近いところは治ったわけではないので、そっちはそっちで悪いのですが、深部の方が悪化してくるので、意識がそっちに向かいます。


痛みはだいたい、同時に二か所感じることはなく、とくに表面と奥という場合は、奥の方の鈍い重だるさの方が辛く感じられることが多いです。




参考までにこういう場所を刺したときの感覚を、あらかじめお伝えしておきます。


まず切皮(鍼が最初に皮膚を破った瞬間)時点で、「痛ってぇええ!!」となります。


この痛さは、「ちっぽけな鍼で傷ついたとは思えないほど、極端に痛い」です。


鍼はまだ、皮膚を貫いただけで、患部である奥の筋肉にはまったく届いていません。


#鍼が極端に痛いとき




深部が痛い(悪い)ときも、皮膚に近い浅い部分の病変が病変の起点であった過去は変わりません。皮膚と皮膚に近い、浅い筋肉との間にも癒着があります。その癒着に刺さったときが、その異様な痛さが生じる場所です。


申し訳ありませんが、そこで痛いからと、鍼を止めても深部の病変には届いていません。




こういったときは、休憩をはさみながら治療をつづける場合もありますし、抜いて少し位置を変えて深部を狙うこともあります。目標は皮膚ではなく深部の筋肉です。ですが、一度にスパン!と鍼を刺して、深部に到達させた方がマシなことが多いです。


中に刺入していくと、しばらくは無痛で、患部に近づくほどに鈍痛、重い感じ、「響く」感じなどが出てきます。このとき、重く響く感覚が出るのはOKです。これはヒビキと呼ばれる特別な感覚で、指圧されたときに「ああ、そこそこ!」と痛気持ちいい感覚の増幅版です。


増幅版の場合、心地よさより、辛さを感じることもあります…


あと、「ザクザク」した強い痛さを感じる場合は、血管を傷つけているときです。血管も神経もなるべく刺さないように避けますが、残念ながら、全部は避けられません。